MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

釣って楽しく、食べて美味しい! 本誌のモットーともいえる、釣りの醍醐味を堪能させてくれる代表選手が、アジ、そしてアジングだ。「うちではだいたい一年中出来ますよ。年が明けてもメバルが中心になる3月くらいまでは十分に楽しめます」とは福住武彦船長。

perm_media 《画像ギャラリー》短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】の画像をチェック! navigate_next

25㎝オーバーを抜き上げた! このファーストフィッシュを皮切りに、「大、大」サイズが次々と登場

立派な「大、大」サイズを手にするのは横浜市の石井洋介さん。「シェイクしてストップで食ってきました」。

これも立派な「大、大」サイズ。釣り人は東村山市の石森優介さん。「チョンチョンと適当にボトムで誘っていたら来ました」と謙遜する、実は腕達者。

ポツリポツリと拾い釣り。そのときどきのパターンをつかんだ釣り人が釣る、そんなイメージの釣りだった。

アジ専用のメタルジグもあり。活性の高いときは手返し速く、数を伸ばすこともできる。

カサゴもこのくらいのサイズになれば嬉しいゲスト。釣り人は練馬区の安藤哲也さん。

「シーバスを狙ったら一発で食ってきました!」。この後、もう1本追加。こんな相手もいる。

ナイトゲーム、めちゃくちゃいい雰囲気です。

エステルを巻いたジグヘッド用タックルと、PEラインを巻いた「バチコン」、「ダウンショット」リグ対応タックルを用意するのが一般的だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

ショートタイムで気楽に楽しめる、アジング乗合に同乗させてもらった。
取材日はときに10mを超える南西の強風に見舞われた。釣りづらく、ポイントが限定される状況だったが、最初に入った本牧周辺のポイントからポツリ、ポツリとアタリが出始めた。
「大、大!」
と、グッドサイズを意味する釣福丸語!? を連呼して25㎝オーバーを抜き上げたのは、横浜市の石井洋介さん。このファーストフィッシュを皮切りに、「大、大」サイズが次々と登場。
その後はポツリポツリの拾い釣りが中心となったが、揚がり間際には小型ながらも入れ食いタイムあり。短時間でも十分に楽しめる展開となった。
「慣れない人でもダウンショットで底を取ってチョンチョンやっていれば、型は見れますよ」と船長。
繊細で奥深いゲーム性が人気のアジングだが、入口は広い。ポイントも近くて短時間で遊べる。その気楽さからも、真冬の夜遊びにイチオシ、だ。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル