短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

釣って楽しく、食べて美味しい! 本誌のモットーともいえる、釣りの醍醐味を堪能させてくれる代表選手が、アジ、そしてアジングだ。「うちではだいたい一年中出来ますよ。年が明けてもメバルが中心になる3月くらいまでは十分に楽しめます」とは福住武彦船長。


「シーバスを狙ったら一発で食ってきました!」。この後、もう1本追加。こんな相手もいる。

ナイトゲーム、めちゃくちゃいい雰囲気です。

エステルを巻いたジグヘッド用タックルと、PEラインを巻いた「バチコン」、「ダウンショット」リグ対応タックルを用意するのが一般的だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

ショートタイムで気楽に楽しめる、アジング乗合に同乗させてもらった。
取材日はときに10mを超える南西の強風に見舞われた。釣りづらく、ポイントが限定される状況だったが、最初に入った本牧周辺のポイントからポツリ、ポツリとアタリが出始めた。
「大、大!」
と、グッドサイズを意味する釣福丸語!? を連呼して25㎝オーバーを抜き上げたのは、横浜市の石井洋介さん。このファーストフィッシュを皮切りに、「大、大」サイズが次々と登場。
その後はポツリポツリの拾い釣りが中心となったが、揚がり間際には小型ながらも入れ食いタイムあり。短時間でも十分に楽しめる展開となった。
「慣れない人でもダウンショットで底を取ってチョンチョンやっていれば、型は見れますよ」と船長。
繊細で奥深いゲーム性が人気のアジングだが、入口は広い。ポイントも近くて短時間で遊べる。その気楽さからも、真冬の夜遊びにイチオシ、だ。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード


アジング 根岸湾 釣福丸

関連する投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018