MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白い

ホウボウの最大の外見的特徴ともいえる胸鰭。ブルーが本当に綺麗!!

「庄三郎丸」の常連で、ルアーメーカー「サプライズ」代表であり、テクニカルな釣りを得意とする椙尾和義さんもこのホウボウゲームの大ファン。

こちらはジグの上のリーダーに付けたカブラにヒット。

初めてホウボウゲームにチャレンジしたというアングラーも、すっかりこの釣りのおもしろさにハマっていたようだ。

高級魚であるホウボウは食味も最高。刺身はもちろん、鍋やムニエル、さらにはアクアパッツァやアヒージョなど、和食とも洋食とも相性バツグンだ。

ポイントは港を出てスグの平塚沖から大磯の沖にかけてが中心。水深は10〜30mと浅い。

エサ釣りのタックルは、竿は2m程度でアタリが取りやすい7対3または8対2調子のライトゲーム用がオススメ。

群れでいるのか、誰かにアタるとバタバタとヒットする。ダブルも珍しくない。

サイズは30㎝前後が多い。

この釣りはスペシャルゲストが出るのもひとつの魅力。「今期は昨シーズンに比べて数は少ないけれど、出ればデカイよ!」。その正体は、なんとトラフグ。当日も椙尾さんがなんと3kgオーバーのビッグサイズをジグで釣り上げた。

タックルはPE1号程度のライト系でOK。ベイトをメインに、スピニングもあるとよい。

カブラは付けなくてもよいが、これが結構侮れない。リーダーから枝スを出して付ける。

ジグは50〜100g。シルエットの小さいものが効果的だ。

フォールのアタリも多いので、フックはテイルにも装着する。

仕掛けはテンビン吹き流しの2本バリが基本。船宿には2種類用意されている。

エサはサバの切り身。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

「試し釣りを行ったところ、これが結構釣れたんですよ。それで早めに始めました」とは、相模湾のホウボウゲームのパイオニア、平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。つまり今期はそれだけ釣れているということ。実際、連日トップ20〜30匹と絶好調だ。
このホウボウゲームの魅力は、タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白いこと。
釣り方はルアーとエサ。ルアーがテクニカルなのは言うに及ばずだが、エサも実に奥深い。誘いやアワセ方によって、釣果に大きな差、つまりウデの差がハッキリと出てしまうのだ。
「エサは浅場のタチウオのように細かく誘い、底から3〜5mまで探ります。アワセはその中でモタレを取って、強くシャープに。ルアーも同様で小刻みなアクションがよく、アワセもしっかりと。ホウボウは口が硬いので、しっかりとアワセないとバレちゃうんです」
天気がよければ美しい富士山も見られる相模湾。2018年の初釣りは、赤くて食べて美味しく、しかも釣って楽しいホウボウで決まりだ!

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル