釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。


タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白い

ホウボウの最大の外見的特徴ともいえる胸鰭。ブルーが本当に綺麗!!

「庄三郎丸」の常連で、ルアーメーカー「サプライズ」代表であり、テクニカルな釣りを得意とする椙尾和義さんもこのホウボウゲームの大ファン。

こちらはジグの上のリーダーに付けたカブラにヒット。

初めてホウボウゲームにチャレンジしたというアングラーも、すっかりこの釣りのおもしろさにハマっていたようだ。

高級魚であるホウボウは食味も最高。刺身はもちろん、鍋やムニエル、さらにはアクアパッツァやアヒージョなど、和食とも洋食とも相性バツグンだ。

関連するキーワード


ホウボウ 相模湾 庄三郎丸

関連する投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


ついに開幕、待ってたぞ!  マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついにマルイカが姿を現した! 今期の開幕の状況は、“いい年”の例年パターンと同じ。相模湾・亀城根周辺の水深70~100mに群れが広範囲に押し寄せてきたのだ。取材では60杯超の釣果も記録! もうこれは本物と言ってもいいだろう。さあ、昨シーズンの分まで釣りまくるぞ!


釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

生きたイワシをエサにメバルを狙う「イワシメバル」は、早春の相模湾における風物詩的な釣りだ。この釣りは、おもに佐島地区周辺で盛んに行われ、2月から開幕する。シーズンは短く、2、3月の短期限定の釣りだ。


相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

穂先を「ツツッ」と引き込まれアワセを入れると、これまでのゲストとは明らかに違う引き味。ドラグを締めすぎないよう注意しながら巻き上げると、澄んだ冬の海に泡を吹きながらピンク色の魚体が浮いてきた。


アジは絶好調続き! ゲストのマダイも冬場は確率高し【相模湾東部】

アジは絶好調続き! ゲストのマダイも冬場は確率高し【相模湾東部】

冬場の相模湾において、安定して好釣果が望める釣り物はアジだろう。相模湾のアジは広範囲で狙えるが、とくに好調なのが相模湾東部・城ヶ島沖周辺だ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018