釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。


タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白い

ホウボウの最大の外見的特徴ともいえる胸鰭。ブルーが本当に綺麗!!

「庄三郎丸」の常連で、ルアーメーカー「サプライズ」代表であり、テクニカルな釣りを得意とする椙尾和義さんもこのホウボウゲームの大ファン。

こちらはジグの上のリーダーに付けたカブラにヒット。

初めてホウボウゲームにチャレンジしたというアングラーも、すっかりこの釣りのおもしろさにハマっていたようだ。

高級魚であるホウボウは食味も最高。刺身はもちろん、鍋やムニエル、さらにはアクアパッツァやアヒージョなど、和食とも洋食とも相性バツグンだ。

ポイントは港を出てスグの平塚沖から大磯の沖にかけてが中心。水深は10〜30mと浅い。

エサ釣りのタックルは、竿は2m程度でアタリが取りやすい7対3または8対2調子のライトゲーム用がオススメ。

群れでいるのか、誰かにアタるとバタバタとヒットする。ダブルも珍しくない。

サイズは30㎝前後が多い。

この釣りはスペシャルゲストが出るのもひとつの魅力。「今期は昨シーズンに比べて数は少ないけれど、出ればデカイよ!」。その正体は、なんとトラフグ。当日も椙尾さんがなんと3kgオーバーのビッグサイズをジグで釣り上げた。

タックルはPE1号程度のライト系でOK。ベイトをメインに、スピニングもあるとよい。

カブラは付けなくてもよいが、これが結構侮れない。リーダーから枝スを出して付ける。

ジグは50〜100g。シルエットの小さいものが効果的だ。

フォールのアタリも多いので、フックはテイルにも装着する。

仕掛けはテンビン吹き流しの2本バリが基本。船宿には2種類用意されている。

エサはサバの切り身。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

「試し釣りを行ったところ、これが結構釣れたんですよ。それで早めに始めました」とは、相模湾のホウボウゲームのパイオニア、平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。つまり今期はそれだけ釣れているということ。実際、連日トップ20〜30匹と絶好調だ。
このホウボウゲームの魅力は、タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白いこと。
釣り方はルアーとエサ。ルアーがテクニカルなのは言うに及ばずだが、エサも実に奥深い。誘いやアワセ方によって、釣果に大きな差、つまりウデの差がハッキリと出てしまうのだ。
「エサは浅場のタチウオのように細かく誘い、底から3〜5mまで探ります。アワセはその中でモタレを取って、強くシャープに。ルアーも同様で小刻みなアクションがよく、アワセもしっかりと。ホウボウは口が硬いので、しっかりとアワセないとバレちゃうんです」
天気がよければ美しい富士山も見られる相模湾。2018年の初釣りは、赤くて食べて美味しく、しかも釣って楽しいホウボウで決まりだ!

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


ホウボウ 相模湾 庄三郎丸

関連する投稿


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

不安定が定番のシーズン初期のシイラゲーム。しかし、嬉しいことに今期はシーズン初期から安定感がある。「うちでは5月の終わりから出船を始めました。多少は上下するけど、シイラの数は多い。楽しんでもらえると思いますよ」と話す、平塚港「庄治郎丸」でシイラ船を担当する、世古勇次郎船長。


人気の釣り技法”落とし込み釣り”を鴨川沖で試す!(第三新生合同丸)

人気の釣り技法”落とし込み釣り”を鴨川沖で試す!(第三新生合同丸)

「落とし込み」の釣りとは、九州・平戸発祥の釣りと言われ、現在では玄海灘などでもとても高い人気を誇る釣りだ。魚探で小魚(ベイト)の反応を見つけ、サビキでエサを付けて、その下についた大型魚を狙うという釣りである。「食わせサビキ」などとも呼び、大型青物からヒラメ、根魚まで小魚を捕食するあらゆる魚がターゲットと言ってもいい。


釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

さあ、夏休み目前。子供と一緒に夏の思い出づくりのプランを練っているお父さんお母さんも少なくないのではないだろうか? そんなお父さんお母さんにオススメなのが、片瀬港「島きち丸」のLTルアーだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読