MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。

タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白い

ホウボウの最大の外見的特徴ともいえる胸鰭。ブルーが本当に綺麗!!

「庄三郎丸」の常連で、ルアーメーカー「サプライズ」代表であり、テクニカルな釣りを得意とする椙尾和義さんもこのホウボウゲームの大ファン。

こちらはジグの上のリーダーに付けたカブラにヒット。

初めてホウボウゲームにチャレンジしたというアングラーも、すっかりこの釣りのおもしろさにハマっていたようだ。

高級魚であるホウボウは食味も最高。刺身はもちろん、鍋やムニエル、さらにはアクアパッツァやアヒージョなど、和食とも洋食とも相性バツグンだ。

ポイントは港を出てスグの平塚沖から大磯の沖にかけてが中心。水深は10〜30mと浅い。

エサ釣りのタックルは、竿は2m程度でアタリが取りやすい7対3または8対2調子のライトゲーム用がオススメ。

群れでいるのか、誰かにアタるとバタバタとヒットする。ダブルも珍しくない。

サイズは30㎝前後が多い。

この釣りはスペシャルゲストが出るのもひとつの魅力。「今期は昨シーズンに比べて数は少ないけれど、出ればデカイよ!」。その正体は、なんとトラフグ。当日も椙尾さんがなんと3kgオーバーのビッグサイズをジグで釣り上げた。

タックルはPE1号程度のライト系でOK。ベイトをメインに、スピニングもあるとよい。

カブラは付けなくてもよいが、これが結構侮れない。リーダーから枝スを出して付ける。

ジグは50〜100g。シルエットの小さいものが効果的だ。

フォールのアタリも多いので、フックはテイルにも装着する。

仕掛けはテンビン吹き流しの2本バリが基本。船宿には2種類用意されている。

エサはサバの切り身。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

「試し釣りを行ったところ、これが結構釣れたんですよ。それで早めに始めました」とは、相模湾のホウボウゲームのパイオニア、平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。つまり今期はそれだけ釣れているということ。実際、連日トップ20〜30匹と絶好調だ。
このホウボウゲームの魅力は、タックルがライトで水深も浅いので誰でも手軽に狙え、それでいてテクニックで釣果に差が出てしまうので、釣りとしてかなり面白いこと。
釣り方はルアーとエサ。ルアーがテクニカルなのは言うに及ばずだが、エサも実に奥深い。誘いやアワセ方によって、釣果に大きな差、つまりウデの差がハッキリと出てしまうのだ。
「エサは浅場のタチウオのように細かく誘い、底から3〜5mまで探ります。アワセはその中でモタレを取って、強くシャープに。ルアーも同様で小刻みなアクションがよく、アワセもしっかりと。ホウボウは口が硬いので、しっかりとアワセないとバレちゃうんです」
天気がよければ美しい富士山も見られる相模湾。2018年の初釣りは、赤くて食べて美味しく、しかも釣って楽しいホウボウで決まりだ!

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読