MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】

納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】

昨年の12月から3〜4㎏クラスの良型まじりでコンスタントに型が見られているということで、納竿に永井名人が選んだのが城ヶ島沖のマダイだ。

perm_media 《画像ギャラリー》納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】の画像をチェック! navigate_next

トップ5枚で納竿にふさわしい釣行となった!

永井名人の1枚めはピンク色が鮮やかな美マダイ。

城ヶ島沖でも朝マヅメはチャンスタイム!

当日は丸々太ったイナダもまじった。ハリス2.5号でも、シマノ「フォースマスター1000MK
HD」のラピッドファイアハンドルドラグを活用すれば、安心してやり取りができる。

本誌ライターの芝さん(左)と海翔(右)は、一日を通して好調だった!

メインに狙うのは城ヶ島東沖の水深60〜90m。

永井名人の弟子でもある本誌ライター・芝さんは、タイミングを見計らった落とし込みの誘いでキロ前後を連発させた!

5枚釣って大満足の本誌ライター・海翔。「やっぱり誘いが大事!」とのこと。

最初のポイントは城ヶ島東沖の水深65m前後。開始早々に本誌ライター海翔、芝さんが本命をゲットすると、波に乗り遅れることなく永井名人もヒット。
いずれもキロ前後のサイズであったが、きれいな魚体をしたマダイにみなが納得。
その後、ポイントをさらに東に移動。
高い反応が記録され出すと、永井名人をはじめとしたこの3人の勢いは止まらない。
反応の動きを見ながら、海底からハリス分プラス5m以上の高めのタナを巧みに誘い探り、イナダまじりで本命連発!
終わってみれば、トップ5枚で納竿にふさわしい釣行となったのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
良型&激ウマ!剣崎沖のワラサが好調!剣崎間口港「利一丸」では、ワラサ&マダイ!ワラサ&テンヤタチウオなど、仕立船ならではのリレー釣りもオススメ!
相模湾のキハダが激アツゾーン突入!連日デカヒット中だ!今年も狙うぜモンスター級!カツオも依然大型食い続く!当たり年の気配プンプンだ!
東京湾でも人気爆発のテンヤタチウオ!現在のヒットパターンはシェイクからのチョイ巻き!釣れるサイズは圧巻のドラゴン級主体だ!
東京湾のLTアジは、使う道具がライトなので初心者、女性、お子さんにオススメ!LTアジは、これから秋にかけてがベストシーズン!ぜひトライしてもらいたい。
最新記事
良型&激ウマ!剣崎沖のワラサが好調!剣崎間口港「利一丸」では、ワラサ&マダイ!ワラサ&テンヤタチウオなど、仕立船ならではのリレー釣りもオススメ!
相模湾のキハダが激アツゾーン突入!連日デカヒット中だ!今年も狙うぜモンスター級!カツオも依然大型食い続く!当たり年の気配プンプンだ!
東京湾でも人気爆発のテンヤタチウオ!現在のヒットパターンはシェイクからのチョイ巻き!釣れるサイズは圧巻のドラゴン級主体だ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル