MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】

納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】

昨年の12月から3〜4㎏クラスの良型まじりでコンスタントに型が見られているということで、納竿に永井名人が選んだのが城ヶ島沖のマダイだ。

トップ5枚で納竿にふさわしい釣行となった!

永井名人の1枚めはピンク色が鮮やかな美マダイ。

城ヶ島沖でも朝マヅメはチャンスタイム!

当日は丸々太ったイナダもまじった。ハリス2.5号でも、シマノ「フォースマスター1000MK
HD」のラピッドファイアハンドルドラグを活用すれば、安心してやり取りができる。

本誌ライターの芝さん(左)と海翔(右)は、一日を通して好調だった!

メインに狙うのは城ヶ島東沖の水深60〜90m。

永井名人の弟子でもある本誌ライター・芝さんは、タイミングを見計らった落とし込みの誘いでキロ前後を連発させた!

5枚釣って大満足の本誌ライター・海翔。「やっぱり誘いが大事!」とのこと。

最初のポイントは城ヶ島東沖の水深65m前後。開始早々に本誌ライター海翔、芝さんが本命をゲットすると、波に乗り遅れることなく永井名人もヒット。
いずれもキロ前後のサイズであったが、きれいな魚体をしたマダイにみなが納得。
その後、ポイントをさらに東に移動。
高い反応が記録され出すと、永井名人をはじめとしたこの3人の勢いは止まらない。
反応の動きを見ながら、海底からハリス分プラス5m以上の高めのタナを巧みに誘い探り、イナダまじりで本命連発!
終わってみれば、トップ5枚で納竿にふさわしい釣行となったのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル