MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

冬の南伊豆の釣りは、意外と知られていない。1月2月はシケの日が多いためだろう。釣り物は多く、近場ではイサキ、マダイ、ヒラメ、ハタ、カワハギ、中深場ではヤリイカ、オニカサゴ、イシナギ、メダイ、そして、深場はキンメダイやアコウが狙える。どれも、出船できれば大型が高確率で釣れるのが特徴だ。

perm_media 《画像ギャラリー》最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】の画像をチェック! navigate_next

乗船者全員にオモリが着底するなり、「ガクガクガク」と明確な魚信が竿先に現れた

横浜市の中谷行孝さん、人生初のキンメ釣り第一投目で初の釣果がコレ! キンメ釣りは難しくない。

19tの銭洲遠征船でやるので、釣り座は広々。快適だ。

サイズがいいのが魅力。

ズラズラズラリと多点掛けであがってきた。興奮する瞬間だ。

最新タックルでキンメ釣りに臨む。

アルファタックルのフィールドテスターの互泰行さんもキンメ釣りに夢中。

付けエサはイカタンがベター。小さめがおすすめ。

中谷さんはなんと良型ばかり24枚ゲット! 大満足。

アコウダイやユメカサゴがゲストにまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎「ほうえい丸」。

南伊豆須崎沖のキンメダイがいぜん絶好調だ。例年より高水温であるためか、伊豆のブランド魚の良型地キンメがコンスタントに釣れているのだ。鍋に最高の食材であることは言うまでもない。 ポイントは須崎港から航程約40分の水深約350m。朝の第一投目は最も食うといわれている。その通り、乗船者全員にオモリが着底するなり、「ガクガクガク」と明確な魚信が竿先に現れた。
「この冬は本当キンメの食いがいいんですよ。まず、外れなしですよ。10枚釣れれば御の字の魚だけど、みんなけっこう釣っていきますよ」との言葉どおり、キンメ釣り初体験の横浜市の中谷行孝さんは、フルレンタルタックルでのっけから7点掛け。終わってみれば、良型ばかり24枚も釣り上げていた。
釣って楽しく食べておいしいこの魚。釣り物が少ないこの時期、グルメ派釣り師にはもってこいのターゲットだ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル