沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

冬の南伊豆の釣りは、意外と知られていない。1月2月はシケの日が多いためだろう。釣り物は多く、近場ではイサキ、マダイ、ヒラメ、ハタ、カワハギ、中深場ではヤリイカ、オニカサゴ、イシナギ、メダイ、そして、深場はキンメダイやアコウが狙える。どれも、出船できれば大型が高確率で釣れるのが特徴だ。


乗船者全員にオモリが着底するなり、「ガクガクガク」と明確な魚信が竿先に現れた

横浜市の中谷行孝さん、人生初のキンメ釣り第一投目で初の釣果がコレ! キンメ釣りは難しくない。

19tの銭洲遠征船でやるので、釣り座は広々。快適だ。

サイズがいいのが魅力。

ズラズラズラリと多点掛けであがってきた。興奮する瞬間だ。

最新タックルでキンメ釣りに臨む。

アルファタックルのフィールドテスターの互泰行さんもキンメ釣りに夢中。

付けエサはイカタンがベター。小さめがおすすめ。

中谷さんはなんと良型ばかり24枚ゲット! 大満足。

アコウダイやユメカサゴがゲストにまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎「ほうえい丸」。

南伊豆須崎沖のキンメダイがいぜん絶好調だ。例年より高水温であるためか、伊豆のブランド魚の良型地キンメがコンスタントに釣れているのだ。鍋に最高の食材であることは言うまでもない。 ポイントは須崎港から航程約40分の水深約350m。朝の第一投目は最も食うといわれている。その通り、乗船者全員にオモリが着底するなり、「ガクガクガク」と明確な魚信が竿先に現れた。
「この冬は本当キンメの食いがいいんですよ。まず、外れなしですよ。10枚釣れれば御の字の魚だけど、みんなけっこう釣っていきますよ」との言葉どおり、キンメ釣り初体験の横浜市の中谷行孝さんは、フルレンタルタックルでのっけから7点掛け。終わってみれば、良型ばかり24枚も釣り上げていた。
釣って楽しく食べておいしいこの魚。釣り物が少ないこの時期、グルメ派釣り師にはもってこいのターゲットだ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!


人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

今回は東伊豆・富戸沖でキンメとアカムツを狙った。札幌からはるばる来てくれた内山夫妻に、いいお土産を持ち帰らせることができるか!?


今年もバリバリ食ってます! 南伊豆の絶品イサキを釣ろう!(久寿丸)

今年もバリバリ食ってます! 南伊豆の絶品イサキを釣ろう!(久寿丸)

毎年これでもか! ってくらい釣らせてくれる南伊豆のイサキ。今年も釣り人の期待を裏切ることなくたくさん釣れている。


激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読