高級絶品オニカサゴが良型主体に7匹!8匹!!【相模湾・小田原沖】

高級絶品オニカサゴが良型主体に7匹!8匹!!【相模湾・小田原沖】

冬深まり、鍋がますます美味しい今日この頃。プリッとした食感が魅力のオニカサゴは鍋ネタにも最高。魚屋さんではなかなか手に入らない食材だ。何としても釣り上げて、絶品オニカサゴ鍋を堪能しよう。


オニカサゴは魚屋さんではめったに売ってはいない魚だ。つまりオニカサゴが食べたければ釣りに行くしかないってこと!

トップ5〜8匹と数釣れることも多い。一般の魚屋さんではなかなか手に入らない魚だけに、たくさん釣って、おいしい鍋をタップリ味わおう。

「大きな誘いは必要ない」が、「竿は手持ちで海底の情報をキャッチして」と久保田幸司船長。

500〜1kg前後主体に、1kgオーバーの大型もまじる。

3本バリの船宿仕掛けにサバのタンザクを着ける。

船がいいポイントを通ると船中あちこちで同時ヒットすることも多い。

なんと3本バリに3点掛け!!海底は鬼の棲みかか!?

船上で毒バリのあるトゲを切っておけば、家に帰って料理が楽だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

オニカサゴの身は旨味たっぷりで火を通してもプリッとした食感が楽しめる、鍋ネタに最高の魚だ。ただし、魚屋さんではめったに売ってはいない魚だ。つまりオニカサゴ鍋が食べたければ釣りに行くしかないってこと!
そのオニカサゴが好調に釣れているのが小田原早川港の「坂口丸」。
「潮の具合がよければ、数釣れてます。トップ7、8匹の日もありますよ」。こう話すのは「坂口丸」久保田幸司船長。平均してもトップ4、5匹は上がっていて、ボウズも少ない。
ただし「置き竿で放りっぱなしじゃ釣れませんよ」と船長。竿は手持ちが基本。大きな誘いは必要ないがこまめにタナを取り直すことが誘いになるとのこと。しっかり海底をトレースすればアタリは少なくない。たくさん釣って、釣らなきゃ食べられない『オニ鍋』を味わおう!

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

大原港「力漁丸」のオニカサゴが、好釣果継続中だ。取材日から一週間のトップの釣果をさかのぼってみると、5、9、8、7、6、5と好釣果で推移している。また、スソがゼロの日は、この一週間のうちで一日しかない。さらに、アベレージサイズは1㎏前後で、最大は2.1㎏だ。


今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

不安定が定番のシーズン初期のシイラゲーム。しかし、嬉しいことに今期はシーズン初期から安定感がある。「うちでは5月の終わりから出船を始めました。多少は上下するけど、シイラの数は多い。楽しんでもらえると思いますよ」と話す、平塚港「庄治郎丸」でシイラ船を担当する、世古勇次郎船長。


釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

さあ、夏休み目前。子供と一緒に夏の思い出づくりのプランを練っているお父さんお母さんも少なくないのではないだろうか? そんなお父さんお母さんにオススメなのが、片瀬港「島きち丸」のLTルアーだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読