沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

「今シーズンは遅いよね。昨シーズンは初冬から釣れていたからね。ここにきてやっと始まったという感じだよ」、南房・布良港「松栄丸」の黒川一夫船長はこう話す。相模湾のヤリイカも遅れているが、この海域もまた遅いスタートとなった。


ようやくヤリイカも本番。今シーズンもロングランに期待だ

ヤリイカのポイントは布良沖がメイン。スルメは少し移動してねらう。

後半は大型が目立った。

直結で多点掛けも。この日は①朝=18㎝直結②11㎝直結③サバがいなくなって11㎝ブランコ、というパターンの人が多かった。

前半、小型が目立ったが、このサイズが多いのはイカ自体の数が多いということでもある。

現在修業中の黒川智也さん。助手も兼ねているので、初心者も安心だ。

赤白スッテはぜひまぜたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「松栄丸」。

「どっちをねらう?」
朝、船長からこんな質問を受けた。つまりこれはスルメが釣れている、ということなのだ。朝からスルメメインでねらえばかなりの数を釣ることができる。しかし、ヤリイカもねらえば釣れる。
そこで、いま、多くの船では朝イチにスルメをねらい、後半ヤリイカをねらうという釣りが展開されている。
朝イチはプラヅノ18㎝直結で大型のスルメ釣り。その後、ポイントを移動してヤリイカをねらうも、大サバの猛攻でプラヅノでは仕掛けが落ちない。そこで直結仕掛けの登場だ。サバをかわしながらヤリイカを乗せていく。サバが消えたと見るやブランコ仕掛けにして数を稼いでいくのがこのところのパターンだ。
「ようやくヤリイカも本番です。いろんな仕掛けを用意してきてください」
今シーズンもロングランを期待できそうだ。

仕掛けの種類は豊富に持参しよう。タックルも出来れば2セット持参しよう

南房のヤリイカは、例年なら初冬には開幕するが、今シーズンは1月になってようやく姿を見せた、という感じだ。現在の各船宿の釣果を見ると、「スルメイカ25〜60杯、ヤリイカまじる」とか、「ヤリイカ10〜35杯、スルメまじる」などと、さまざまな表記の仕方があることに気づくだろう。
これは、各船によってのねらい方の違いによるものだ。
たとえば、「うちのお客さんはスルメのほうがいいっていうから」という船では、スルメイカをメインでねらう。逆に「うちはヤリイカメインで」というところもあれば、「朝だけスルメをねらって、後半はヤリイカをねらう」というパターンもある。
現在、比較的近いポイントながら、この両者をねらいわけることが可能なのだ。このため、船による釣果のバラツキが出て、メインターゲットが異なってくるのだ。
釣りに行く場合、これらのどんな状況にも対応ができる準備をしていくのがもっとも好ましい。つまり、ヤリイカとスルメイカの両方の釣りの準備をしていくということ。
仕掛けは11㎝、14㎝、18㎝、それぞれブランコ、直結とあれば完璧だ。表に掲げたように、現在のイカ釣りはいろんな状況に変わる。それにあったタックル、仕掛けで挑めばいいのだ。
とは言っても、これらのすべてを準備するのは結構大変。
A 直結をこなせる人
・11㎝ブランコ
・11㎝直結
・18㎝直結
B 直結は難しい人
・11㎝ブランコ
・14㎝ブランコ
・14㎝直結(ツノ数は5、6本に)
・18㎝ブランコ
これぐらいを用意しておけばいいだろう。現在のもっとも多いパターンはこうだ。
①朝イチはプラヅノ18㎝直結でスルメイカをねらう。ある程度スルメを釣ったらヤリイカのポイントへ移動。
②サバが多い場合が多いので11㎝直結でヤリイカをねらう。
③サバが消えたら11㎝ブランコでヤリイカをねらう。
このパターンで釣る人が多い。直結が難しいひとは、ブランコ仕掛けでねらうが、スルメの場所もサバが多いときは18㎝のブランコを使うといいだろう。18㎝のプラヅノはサバに捕まりにくい。
ヤリイカの場所に行ってもサバで釣りにならないときは、ツノ数を減らした14㎝の直結でやってみよう。
ヤリイカのサイズは大小まじりだが、大型が多くなったら14㎝メインでもいいだろう。
現在のヤリイカ釣りは、ヤリイカ釣りとスルメイカ釣りをしているため、タックルはあればそれぞれの2タックルを持参した方がいいだろう。もし、ひとつのタックルを持参する場合は、ヤリイカに合わせるといいだろう。ヤリイカ竿の方が穂先が繊細で、乗りを見極める必要があるからだ。
現在のヤリイカ、スルメイカともに水深は200m前後がメイン。このためリールは糸巻き量に余裕のあるものが好ましい。

ブランコの基本はシャクって止める

水深が深いので感度の良い竿で挑もう。

水深は170〜220mほど。大きい誘いを心がけよう。

細かいアワセなどヤリイカ釣りに活躍した左巻きの電動リール。

ヤリイカ釣りではブランコ仕掛けが安定した釣果を残せる。このため、ベテランもサバが消えるとブランコ仕掛けにチェンジする人がほとんどだ。
ブランコ仕掛けは、しっかりと仕掛けを動かし、イカにアピールして抱きつかせることが重要だ。竿をしっかりあおり、キチンと止めて、竿先に出たアタリを見る。
①宙層に反応がある場合
船長から、「150から170m」などと、浮いた反応をねらう指示があったときは、仕掛けがそのレンジに入ったときに一度止めて、イカの乗りを見るといい。ひとシャクリ入れて乗りを見る。乗らなければ、5〜10m落とし、もう一度探ってみる。この落とし込みで乗せると効率的だ。
②底の指示が出た場合
一気にオモリを海底まで落とす。
糸フケを取ったらスグにシャクりたくなるがちょっと待った! ここではイカが乗っているチャンスが一番高い。ゆっくり糸フケを取りながら竿先を見てみよう。すると「ガタガタ」と「フワンフワン」となっていることが多い。ヤリイカ釣りでは、ここがもっとも乗るチャンスが高く、しかも多点掛けしている可能性が高いのだ。糸フケを取ったときにはすでに乗っている。重みを感じたらそのまま巻けばOK。
この「着乗り」がなかった場合は誘いに入る。竿先を頭上まで大きくスーっとシャクり上げる。頭上でしっかり竿をストップし、イカの乗りがわかりやすくしてやる。ここで「フワ」とか「ツン」ときたら軽くアワセ気味に竿を持ち上げてやる。
水深が深い場合は、シャクリはとにかく大きくしたほうがいい。細かくシャクっても、ほとんどツノを動かせないだろう。
乗りがなければ、シャクっては乗りを見る、を繰り返し、底ダチを取り直し、再び誘う。それで乗らなければ30mほど巻き上げ再び落としてやる。
追い乗りは、乗ってからのさらなる誘いが必要になる。ブランコの場合、あまり強くシャクらなければ、乗ってから竿をあおっても大丈夫。この誘いで追い乗りをねらうのだ。そのまま巻いてきたのではまず追い乗りは期待できない。
ある程度誘って追い乗りしてこなければ巻き上げる。待ちすぎても元からいたイカが外れてしまう可能性があるのだ。
現在、サバが多く、ブランコ派には苦しい時間帯もあるが、今後、水温が下がれば一気にサバが消える可能性もある。こうなると本当のヤリイカシーズンの到来だ。思う存分乗せよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

9月に開幕した駿河湾・石花海のヤリイカ。連日絶好調で、しかも非常においしいのが特徴だ。そんな石花海のヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のダブルカンナ仕様が定番。他のエリアと異なり、石花海でダブルカンナのツノを使うのは、イカのサイズが大きいことが最大の理由だ。


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読