朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

「今シーズンは遅いよね。昨シーズンは初冬から釣れていたからね。ここにきてやっと始まったという感じだよ」、南房・布良港「松栄丸」の黒川一夫船長はこう話す。相模湾のヤリイカも遅れているが、この海域もまた遅いスタートとなった。


ようやくヤリイカも本番。今シーズンもロングランに期待だ

ヤリイカのポイントは布良沖がメイン。スルメは少し移動してねらう。

後半は大型が目立った。

直結で多点掛けも。この日は①朝=18㎝直結②11㎝直結③サバがいなくなって11㎝ブランコ、というパターンの人が多かった。

前半、小型が目立ったが、このサイズが多いのはイカ自体の数が多いということでもある。

現在修業中の黒川智也さん。助手も兼ねているので、初心者も安心だ。

関連する投稿


ヤリイカ、新群れ入って数も上昇中、いよいよ本番!【南房・白浜沖】

ヤリイカ、新群れ入って数も上昇中、いよいよ本番!【南房・白浜沖】

冬の釣りの花形のひとつ、ヤリイカが南房エリアで好調に釣れている。「今シーズンは全体的にサイズがいいですね。本当はもっと小型もまじったほうがいいんだけどね」とは、乙浜港「信栄丸」の安田仁船長。


ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

南房のイカ釣りがアツくなってきた。季節的に見ればヤリイカの本格シーズンといいたいところだが、南房には大型スルメイカがいぜん強い勢力を保っている。つまり、スルメが好調なのである。


「ヤリイカ」の寿司…イカ独特の風味、調味料由来ではない甘みがある

「ヤリイカ」の寿司…イカ独特の風味、調味料由来ではない甘みがある

スルメイカは雌が大きくて、ヤリイカは雄が大きくなる。スルメの雌は下町の気のいい小太りのおっかさんで、ヤリの雌は例えばシロガネーゼって感じ。嫁にするならエプロンの似合うスルメイカタイプか、ブランド服の似合うヤリイカタイプか? ボクはヤリイカなんだけど幸せになれそうにないなー。


これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。


南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

冬将軍の到来とともに、寒さがこたえる時期になってきた。底冷えのする夜にはストーブの効いた部屋で鍋でもつつきながら暖まりたいところだが、その前に極上の鍋ネタを調達しなければいけない。鍋ネタにうってつけのターゲットと聞かれれば、私は迷い無くこの魚を挙げる。それがオニカサゴだ。南房で鍋ネタ魚が好調だ!


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018