沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

東京から南へ約300㎞、黒潮が洗う太平洋上に鎮座する八丈島。いま、一年のなかで最も熱くなるターゲットであるシマアジが2月にハイシーズンを迎える。


5㎏オーバーのシマアジが何枚もキャッチされている。ゲストはメジナ、ウメイロ、ヒラマサなど高級魚ばかり

小岩戸沖のシマアジポイントから眺める八丈島。ここは潮の流れが速く千波になる。八丈島に来たら一度はトライしたい場所だ。

福島県いわき市の石井英明さんは、小岩戸沖で2枚連チャンキャッチに成功。

一人数時間の釣果がコレ。マダイ、ヒラマサ、シマアジ、アオダイ、メジナ、ウメイロ、ナンヨウカイワリなど魚種多彩だ。

朝いちが最もゴールデンタイムのシマアジ。石積沖でヒット。

陸からすぐ近くで釣れるのが石積沖。西風に強いポイントだ。

陸からすぐ近くで釣れるのが石積沖。西風に強いポイントだ。

ハリスは8号がメイン。ハリは金バリがオススメ。

半日でこの釣果。クーラーに入らなくなって早揚。

今回、取材にご協力いただいたのは、八丈島・三根「アサギク」。手ぶら釣行可能にしてくれる船宿だ。神湊港そばにある。

冬の八丈島が熱い! シマアジをメインターゲットにして五目釣りが満喫できるからだ。
ポイントは伊豆諸島を代表する超一級の小岩戸沖。馬の背状の瀬でとても多くの魚たちが育まれている。シマアジも大型だ。シーズン中すでに5㎏オーバーが何枚もキャッチされている。
今期の特徴は、末吉の石積ケの鼻前と小岩戸沖の2ヵ所でシマアジが釣れていること。
ゲストには、メジナ、ウメイロ、ヒラマサなど本命にしてもいいくらいの高級魚ばかり。クーラー満タン必至の釣れっぷりだ。
中深場ではアオダイ、浅場ではアカハタもコンスタントに釣れる。行けば必ず応えてくれる八丈島は、これからハイシーズンを迎える。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


シマアジ 八丈島 アサギク

関連する投稿


島に行かなくても釣れる⁉︎ 大原沖で高級魚シマアジを釣る(春栄丸)

島に行かなくても釣れる⁉︎ 大原沖で高級魚シマアジを釣る(春栄丸)

大原沖ではイサキにまじって超高級魚が釣れている。それはシマアジだ。大原港「春栄丸」では、シマアジとイサキの両狙いで出船中。竿とリールはイサキと兼用で、タナも10m前後と浅い。近場で手軽に高級魚狙いができる絶好のチャンスが訪れている。


カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!


八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

今年も八丈島周りでアカイカが釣れ出した。泳がせ大物釣りフリークにとっては、このアカイカは、食もさることながらカンパチの生きエサのイメージが強いだろう。それもそのはず、10㎏を超えるカンパチがこのエサを使えば高確率で釣れるからだ。


食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。


今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

大物の聖地〝銭洲〟。4月の解禁直後からネープルス前のシマアジが好調だ。すでに今期は7㎏オーバーのオオカミもキャッチされており、その勢いは収まる気配がない。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読