MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

東京から南へ約300㎞、黒潮が洗う太平洋上に鎮座する八丈島。いま、一年のなかで最も熱くなるターゲットであるシマアジが2月にハイシーズンを迎える。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

5㎏オーバーのシマアジが何枚もキャッチされている。ゲストはメジナ、ウメイロ、ヒラマサなど高級魚ばかり

小岩戸沖のシマアジポイントから眺める八丈島。ここは潮の流れが速く千波になる。八丈島に来たら一度はトライしたい場所だ。

福島県いわき市の石井英明さんは、小岩戸沖で2枚連チャンキャッチに成功。

一人数時間の釣果がコレ。マダイ、ヒラマサ、シマアジ、アオダイ、メジナ、ウメイロ、ナンヨウカイワリなど魚種多彩だ。

朝いちが最もゴールデンタイムのシマアジ。石積沖でヒット。

陸からすぐ近くで釣れるのが石積沖。西風に強いポイントだ。

陸からすぐ近くで釣れるのが石積沖。西風に強いポイントだ。

ハリスは8号がメイン。ハリは金バリがオススメ。

半日でこの釣果。クーラーに入らなくなって早揚。

今回、取材にご協力いただいたのは、八丈島・三根「アサギク」。手ぶら釣行可能にしてくれる船宿だ。神湊港そばにある。

冬の八丈島が熱い! シマアジをメインターゲットにして五目釣りが満喫できるからだ。
ポイントは伊豆諸島を代表する超一級の小岩戸沖。馬の背状の瀬でとても多くの魚たちが育まれている。シマアジも大型だ。シーズン中すでに5㎏オーバーが何枚もキャッチされている。
今期の特徴は、末吉の石積ケの鼻前と小岩戸沖の2ヵ所でシマアジが釣れていること。
ゲストには、メジナ、ウメイロ、ヒラマサなど本命にしてもいいくらいの高級魚ばかり。クーラー満タン必至の釣れっぷりだ。
中深場ではアオダイ、浅場ではアカハタもコンスタントに釣れる。行けば必ず応えてくれる八丈島は、これからハイシーズンを迎える。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル