シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

東京から南へ約300㎞、黒潮が洗う太平洋上に鎮座する八丈島。いま、一年のなかで最も熱くなるターゲットであるシマアジが2月にハイシーズンを迎える。


5㎏オーバーのシマアジが何枚もキャッチされている。ゲストはメジナ、ウメイロ、ヒラマサなど高級魚ばかり

小岩戸沖のシマアジポイントから眺める八丈島。ここは潮の流れが速く千波になる。八丈島に来たら一度はトライしたい場所だ。

福島県いわき市の石井英明さんは、小岩戸沖で2枚連チャンキャッチに成功。

一人数時間の釣果がコレ。マダイ、ヒラマサ、シマアジ、アオダイ、メジナ、ウメイロ、ナンヨウカイワリなど魚種多彩だ。

朝いちが最もゴールデンタイムのシマアジ。石積沖でヒット。

陸からすぐ近くで釣れるのが石積沖。西風に強いポイントだ。

陸からすぐ近くで釣れるのが石積沖。西風に強いポイントだ。

ハリスは8号がメイン。ハリは金バリがオススメ。

半日でこの釣果。クーラーに入らなくなって早揚。

今回、取材にご協力いただいたのは、八丈島・三根「アサギク」。手ぶら釣行可能にしてくれる船宿だ。神湊港そばにある。

冬の八丈島が熱い! シマアジをメインターゲットにして五目釣りが満喫できるからだ。
ポイントは伊豆諸島を代表する超一級の小岩戸沖。馬の背状の瀬でとても多くの魚たちが育まれている。シマアジも大型だ。シーズン中すでに5㎏オーバーが何枚もキャッチされている。
今期の特徴は、末吉の石積ケの鼻前と小岩戸沖の2ヵ所でシマアジが釣れていること。
ゲストには、メジナ、ウメイロ、ヒラマサなど本命にしてもいいくらいの高級魚ばかり。クーラー満タン必至の釣れっぷりだ。
中深場ではアオダイ、浅場ではアカハタもコンスタントに釣れる。行けば必ず応えてくれる八丈島は、これからハイシーズンを迎える。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


シマアジ 八丈島 アサギク

関連する投稿


八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

今年も八丈島周りでアカイカが釣れ出した。泳がせ大物釣りフリークにとっては、このアカイカは、食もさることながらカンパチの生きエサのイメージが強いだろう。それもそのはず、10㎏を超えるカンパチがこのエサを使えば高確率で釣れるからだ。


食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。


今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

大物の聖地〝銭洲〟。4月の解禁直後からネープルス前のシマアジが好調だ。すでに今期は7㎏オーバーのオオカミもキャッチされており、その勢いは収まる気配がない。


ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

春から夏にかけて東伊豆エリアで盛んになるのが、東伊豆南エリアへの遠征釣りだ。航程2時間ほどのポイントは、魚影が濃く、大型イサキ中心にシマアジやマダイ、イシダイ、ときにはヒラマサもまじる高級五目釣りが楽しめる。


イサキの数釣り高確率! 高級ゲストも待っている!【網代南沖】

イサキの数釣り高確率! 高級ゲストも待っている!【網代南沖】

3月からスタートしている網代南沖の遠征イサキ五目。航程1時間半〜2時間のポイントでイサキをメインに狙う五目釣りだ。これから夏場まで人気の釣り物でもある。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読