MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆・外浦から河津の沖は、西風に強い海域で知られる。冬将軍が本州に居座るこの時期、出船率の高さは大変魅力だ。

perm_media 《画像ギャラリー》温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】の画像をチェック! navigate_next

寒イサキはメインターゲット、裏メニュー的な釣り物がヒラメ、マハタなどの高級根魚たちがゲストだ

朝いちにいきなり竿が絞り込まれ、あがったのは3kgの寒ビラメ。

ケンの初釣り第一投目の獲物はコレ! 幸先いい。

マハタのポイントで貴重なホウキハタが来た。

水温が高かった今期、カワハギはこれから肝パンになるぞ。

波静かな河津沖。起伏に富んだ根が数多くある。

松永直己さんもヒラメゲット。

マハタは本命ターゲット。狙って釣りたい。

ヒラメの魚影は濃い。複数枚キャッチはザラ。

イサキはトップ30〜40匹はザラ。

ヒラメ狙いのエサはコレ。マイワシを仕入れている。

イサキは入れ食い。これだけ釣れれば大満足です。

南伊豆・下田外浦沖では、最もアンパイとされているのが、寒イサキ。少々小ぶりだが、食べごろサイズばかり、ほぼ入れ食いを楽しめる。このイサキは、体高がありころっとしているので食べておいしい。ときおりマダイの強烈な引きも味わえる。
裏メニュー的な釣り物がヒラメだ。ピンポイントで生きイワシを落とし込むので、マハタなどの高級根魚たちがゲスト。釣れるヒラメもサイズがいい。
また、カワハギも肝パンになるのはこれから。どれをとってもおいしい魚ばかり。
また、伊豆と言えば、言うまでもなく国内有数の温泉地である。温泉民宿に泊まり、名湯を堪能しつつ、ゆったりと釣りを楽しんではいかがだろうか。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル