温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆・外浦から河津の沖は、西風に強い海域で知られる。冬将軍が本州に居座るこの時期、出船率の高さは大変魅力だ。


寒イサキはメインターゲット、裏メニュー的な釣り物がヒラメ、マハタなどの高級根魚たちがゲストだ

朝いちにいきなり竿が絞り込まれ、あがったのは3kgの寒ビラメ。

ケンの初釣り第一投目の獲物はコレ! 幸先いい。

マハタのポイントで貴重なホウキハタが来た。

水温が高かった今期、カワハギはこれから肝パンになるぞ。

波静かな河津沖。起伏に富んだ根が数多くある。

松永直己さんもヒラメゲット。

マハタは本命ターゲット。狙って釣りたい。

ヒラメの魚影は濃い。複数枚キャッチはザラ。

イサキはトップ30〜40匹はザラ。

ヒラメ狙いのエサはコレ。マイワシを仕入れている。

イサキは入れ食い。これだけ釣れれば大満足です。

南伊豆・下田外浦沖では、最もアンパイとされているのが、寒イサキ。少々小ぶりだが、食べごろサイズばかり、ほぼ入れ食いを楽しめる。このイサキは、体高がありころっとしているので食べておいしい。ときおりマダイの強烈な引きも味わえる。
裏メニュー的な釣り物がヒラメだ。ピンポイントで生きイワシを落とし込むので、マハタなどの高級根魚たちがゲスト。釣れるヒラメもサイズがいい。
また、カワハギも肝パンになるのはこれから。どれをとってもおいしい魚ばかり。
また、伊豆と言えば、言うまでもなく国内有数の温泉地である。温泉民宿に泊まり、名湯を堪能しつつ、ゆったりと釣りを楽しんではいかがだろうか。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

これから真夏を迎える日本海。春や秋と異なり、昼の釣り物が少なくなるシーズンだ。しかし、小アジなどの生きエサさえ手に入れば、比較的近場でヒラメなどのフィッシュイーターたちの泳がせ釣りが楽しめる。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読