MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

「昨年のスタート時点はいまひとつだったんですけどね。年明けからグッと調子が良くなっていますよ」とは杉村裕二船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣りガールにも大人気のルアーゲーム!! 気軽に楽しめるイージーフィッシングのすすめ

釣りガールたちにも大人気のルアーゲーム!!

人工ストラクチャー周りはシーバスの好ポイント。

思わずピース!

70㎝アップもまじる。リリースするなら魚はやさしく扱う。

セイゴクラスが入れ食いになることも。群れが固まっているので釣りやすい。釣り初めての人にもおすすめだ。

クロソイも!

トップは50本以上。いまがチャンス。

カサゴも!

基本ルアーは60〜80gのメタルジグ。タイプは動きの大きいセンター重心のものと、沈みが速いリア重心のものを用意する。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

シーバス乗合は、渡辺釣船店の冬の看板釣り物。産卵を終えたシーバスたちがディープエリアに落ち、群れを固める。そこをバーチカルジギングで直撃して狙うこの時期は、数釣りはもちろん、70㎝クラスの確率も非常に高い。
食い活発との報を聞き、洋上に浮いた。取材日は長潮。潮回りが大きいほうが釣果が期待できるこの釣りだけに、多少の不安はあった。しかし、前日は小潮ながら絶好調。果たして、当日もイレパクスタートとなった。
最初のポイント、ひとつのバース周りで26本を記録した人もあり、アベレージサイズもなかなか。70㎝アップも数本まじった。当日はレンタルタックルのグループやカップルも楽しんでいたが、釣りが初めての女性でも存分にシーバスの引きを堪能していた。
午前船だけでトップは50本超。まさに好調で、ただ釣るだけなら誰にでも、という状況だった。もちろん、日並みによって上下はあるし、数に関しては授業料の差がはっきりと出る。それでも、ハズシの少ない釣りだけに、初心者もベテランもそれぞれの楽しみ方ができる、そんな魅力にあふれているのが東京湾のシーバスゲームだ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル