MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。

焼津沖のタチウオはメチャメチャうまいぞ! イワシを飽食しているためとりわけ脂の乗りがよく、しかも甘みもたっぷり

周囲が薄明るくなり始めると、突如としてタチウオの活性が上がった! 同時にアングラーも高活性! ダブルヒット、トリプルヒットと、船上はお祭り騒ぎに突入!

きたーっ! 歓喜のヒット!

プロセレ・吉田幸一氏は「アンチョビット」80gで連発!

気温が低いので、釣ったタチウオはとりあえず足元に。ひと段落したらクーラーボックスへ。この手返しスピードが数を伸ばすコツだ。

このサイズがアベレージ。脂が乗って甘みたっぷり!

ポイントは焼津港の真沖、航程5~10分だ。

暗い時間帯はタナが浅いので60~80gのメタルジグがメイン。

メロン屋工房・永井真人氏は地元アングラーの意地を見せつけ、怒涛のイレグイを披露し竿頭! しかも良型を連発!!

「タチウオ、ホント楽しいっすね~」とご満悦。このサイズが20も30も釣れれば、そりゃ楽しいでしょ~。

永井氏の釣果。タチウオは適当な大きさに切って冷凍しておけば、いつでもホクホクが食べられるのもうれしい。

日が昇りタナが深くなったら150~200gのメタルジグが活躍する。バスデイの「タチメタル」と「タチメタルショート」はこの海域でもテストされて完成したジグ。実績十分だ。

なんと三保から原付で登場した東海大学海洋学部の院生アングラー。たくさん釣り過ぎて帰りコケないでね。

フォールのアタリが多いので、ベイトタックルが有利。ラインは1号前後を200m以上巻いておこう。

暗くタナが浅い時間帯は、この「アンチョビット 80g」(プロセレ)が大活躍。

リーダーは、次世代ラインの「ナノダックス キャスティングショックリーダー」(プレセレ)。50Lb直結でいい。

プロセレ・吉田氏と同行アングラーの釣果。時合は非常に短かったが、これだけ釣れれば十分だろう。ニベもデカい。

1月中旬現在、焼津沖のタチウオがメタルジグに高反応中だ。
これはメインベイトがイワシとなっている影響で、活性が低くてもトップ20本以上、状況のいい日は30本、40本は当たり前という釣果だ。
もちろんジギングばかりでない。日によってはエサも高活性で、その日、その時に合った誘い方をすれば、ジギングと同様の釣果が出ている。
しかも、サイズがいい。9割超が指3本以上、平均3.5~4本、時に5~6本という大型も飛び出している。
さらにさらに、ここ焼津沖のタチウオはメチャメチャうまい! とくにイワシを飽食しているためとりわけ脂の乗りがよく、しかも甘みもたっぷり。刺身、炙り、塩焼きは最高に美味しいぞ! そのうえこの魚はさばくのがカンタンだから、近所に配っても嫌がられることは少ない。爆釣となっても困ることはないのである。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読