MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

年末来の不調を年明け後も引きずり、初釣り以降もイマイチどころかイマニ、イマサンの釣果が続いた。そんなところに編集部から舞い込んだ今年初の指令は銚子沖のオキメバル釣り。個人的にもこの時季の欠かせない釣り物となっていて、まことにもってウエルカム。喜び勇んで銚子外川港の「福田丸」に出掛けた。

perm_media 《画像ギャラリー》「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】の画像をチェック! navigate_next

ビシアジやイカ釣りのタックルで、プチ深場釣り気分が味わえる銚子のオキメバル釣りは、深場釣りへの入門としても最適

このゾロゾロがウレシイ。深場のキンメ釣りにも似た快感で、深場釣り入門者にもおすすめだ。

脂の乗ったオキメバルは刺身が旨い! そのほか、塩焼きなどシンプルな料理で味わうのがおすすめだ。

ゾロゾロゾロゾロ、ハリ数分の多点掛けになることもある。

水深は130~150m前後。ビシアジやイカ用タックルで対応できる。

ピンクまたは白のフラッシャーサビキ、7本バリ前後の仕掛けを使用する。オモリは150号。

船で配られるエサはサバのタンザク。ホタルイカ(受付で販売)も効く。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

毎年年明け早々に開始され、いち早く春を告げる銚子沖のオキメバルが今季も順調だ。銚子外川港の「福田丸」では9日から乗合船を開始し、まだ出船日こそ少ないもののいい日にはトップ30匹オーバーの釣果も出ている。
銚子沖のオキメバルは標準和名で言うところのウスメバルで、大型になりまた市場価値も高いメバルだ。なかでも同沖では小型のメヌケ? と見まごう40㎝を超えるジャンボサイズも姿を見せ、これが紺碧の海からぞろぞろと上がってくる姿は圧巻だ。
「今季もメバルの湧きはいいみたいですね。これから春先まではオキメバルをメインに出船しますよ」とは福田稔船長。
ビシアジやイカ釣りのタックルでプチ深場釣り気分が味わえる銚子のオキメバル釣りは、深場釣りへの入門としても最適だ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル