「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

年末来の不調を年明け後も引きずり、初釣り以降もイマイチどころかイマニ、イマサンの釣果が続いた。そんなところに編集部から舞い込んだ今年初の指令は銚子沖のオキメバル釣り。個人的にもこの時季の欠かせない釣り物となっていて、まことにもってウエルカム。喜び勇んで銚子外川港の「福田丸」に出掛けた。


ビシアジやイカ釣りのタックルで、プチ深場釣り気分が味わえる銚子のオキメバル釣りは、深場釣りへの入門としても最適

このゾロゾロがウレシイ。深場のキンメ釣りにも似た快感で、深場釣り入門者にもおすすめだ。

脂の乗ったオキメバルは刺身が旨い! そのほか、塩焼きなどシンプルな料理で味わうのがおすすめだ。

ゾロゾロゾロゾロ、ハリ数分の多点掛けになることもある。

水深は130~150m前後。ビシアジやイカ用タックルで対応できる。

ピンクまたは白のフラッシャーサビキ、7本バリ前後の仕掛けを使用する。オモリは150号。

船で配られるエサはサバのタンザク。ホタルイカ(受付で販売)も効く。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

毎年年明け早々に開始され、いち早く春を告げる銚子沖のオキメバルが今季も順調だ。銚子外川港の「福田丸」では9日から乗合船を開始し、まだ出船日こそ少ないもののいい日にはトップ30匹オーバーの釣果も出ている。
銚子沖のオキメバルは標準和名で言うところのウスメバルで、大型になりまた市場価値も高いメバルだ。なかでも同沖では小型のメヌケ? と見まごう40㎝を超えるジャンボサイズも姿を見せ、これが紺碧の海からぞろぞろと上がってくる姿は圧巻だ。
「今季もメバルの湧きはいいみたいですね。これから春先まではオキメバルをメインに出船しますよ」とは福田稔船長。
ビシアジやイカ釣りのタックルでプチ深場釣り気分が味わえる銚子のオキメバル釣りは、深場釣りへの入門としても最適だ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

アタリ多く釣りやすい! 外房・外川沖の夏ビラメの仕掛け(福田丸)

外房・外川〜飯岡のヒラメは6月からシーズンが開幕する。昨シーズンがスゴかっただけに、今シーズンも期待が高まるエリアだ。開幕直後はトップ3〜4枚という日が続いた。そして6月20日すぎから、上向き傾向。トップ二桁を記録する宿が多くなってきたのだ。


銚子沖の夏ビラメが開幕から好調! 数・型ともに期待十分(福田丸)

銚子沖の夏ビラメが開幕から好調! 数・型ともに期待十分(福田丸)

今年の銚子沖はヒラメの湧きが良さそうだ。外川港の「福田丸」ではトップで11枚を記録した日もあり、数釣りが続く。型も良く、6月17日に4.2㎏、23日には4.5㎏の大型ヒラメが顔を出した。


凪と浅場でヒラメ入門に最適! 仕掛けと釣り方をご紹介(福田丸)

凪と浅場でヒラメ入門に最適! 仕掛けと釣り方をご紹介(福田丸)

千葉県北部、銚子外川〜飯岡沖は一年のうち10ヵ月もの長期間にわたってヒラメ釣りを楽しめる。ヒラメと言うと秋冬の寒い時期に釣れるイメージのある魚だが、このエリアでは夏場も絶好のシーズンなのだ。


第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

4月8日に行われる予定だった、「第14回九十九里漁協春の沖釣り大会」が天候不良のため中止。順延となった4月22日は、天気が良く、ナギにも恵まれ絶好のコンディションのなか開催された。当日は210名の参加者が集まり、14隻に分かれて乗船。対象魚のハナダイ、アジ、イサキ、5匹までの総重量で1位の座を競った。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読