MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

年末来の不調を年明け後も引きずり、初釣り以降もイマイチどころかイマニ、イマサンの釣果が続いた。そんなところに編集部から舞い込んだ今年初の指令は銚子沖のオキメバル釣り。個人的にもこの時季の欠かせない釣り物となっていて、まことにもってウエルカム。喜び勇んで銚子外川港の「福田丸」に出掛けた。

ビシアジやイカ釣りのタックルで、プチ深場釣り気分が味わえる銚子のオキメバル釣りは、深場釣りへの入門としても最適

このゾロゾロがウレシイ。深場のキンメ釣りにも似た快感で、深場釣り入門者にもおすすめだ。

脂の乗ったオキメバルは刺身が旨い! そのほか、塩焼きなどシンプルな料理で味わうのがおすすめだ。

ゾロゾロゾロゾロ、ハリ数分の多点掛けになることもある。

水深は130~150m前後。ビシアジやイカ用タックルで対応できる。

ピンクまたは白のフラッシャーサビキ、7本バリ前後の仕掛けを使用する。オモリは150号。

船で配られるエサはサバのタンザク。ホタルイカ(受付で販売)も効く。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

毎年年明け早々に開始され、いち早く春を告げる銚子沖のオキメバルが今季も順調だ。銚子外川港の「福田丸」では9日から乗合船を開始し、まだ出船日こそ少ないもののいい日にはトップ30匹オーバーの釣果も出ている。
銚子沖のオキメバルは標準和名で言うところのウスメバルで、大型になりまた市場価値も高いメバルだ。なかでも同沖では小型のメヌケ? と見まごう40㎝を超えるジャンボサイズも姿を見せ、これが紺碧の海からぞろぞろと上がってくる姿は圧巻だ。
「今季もメバルの湧きはいいみたいですね。これから春先まではオキメバルをメインに出船しますよ」とは福田稔船長。
ビシアジやイカ釣りのタックルでプチ深場釣り気分が味わえる銚子のオキメバル釣りは、深場釣りへの入門としても最適だ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読