MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗せホーダイの季節だ! 南房のスルメイカ絶好調【南房】

乗せホーダイの季節だ! 南房のスルメイカ絶好調【南房】

操舵室のソナーや魚探を覗き込むと、その画面は真っ赤に染まっている。この反応はアジやカタクチイワシのもので、スルメイカたちはこのアジやカタクチイワシを狙っている。この真っ赤な反応の中にお腹を空かせたスルメイカたちが無数にまじっているのだ。

今がちょうどスルメイカたちが、お腹を空かせている時期なのだ

ギリギリとギシギシと重量感たっぷりの感触を味わった末に、釣り上げた。

船宿仕掛けは実績のある「ピッカピカ針」と「ミラクル」だ。

プラヅノは18㎝。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉白間津港「甚四郎丸」。

暖流に乗って北上するスルメイカは、エサを捕食するために暖流から逸れ、沿岸寄りを群れで泳ぐ。このときにスルメ釣りのピークを迎えることになるのだが、今がちょうどスルメイカたちがお腹を空かせている時期なのだ。
千倉白間津港「甚四郎丸」では、6月の終わりにスルメイカ船をスタート。7月に入るやいなやいきなり束を超える好釣果を叩き出した。その後、水色が悪くなり一時低迷したものの、このところ水色も直り、それに比例してスルメイカの釣果も再び急上昇している。

肉厚なスルメイカの刺身は、噛むほどに甘みが口いっぱいに拡がる

ポイントは白浜沖メイン。

早くビール持って来い! 冷酒でもよしだっ!

船上には大漁の証し、船上干しがズラリと並んだ。

取材日には、前半潮が動かず苦戦したものの、終盤潮が動き出してからはコンスタントに釣れ、30㎝から42㎝のマッチョなスルメイカがトップで38杯、次頭が34杯。一日潮流が良かったとしたら、時間から換算すると束近い釣果になっていただろうと想像できる。
ともあれ、そのマッチョなスルメイカは身が厚く、船上干しをあぶってマヨネーズをつけて食べるとついついビールを飲み過ぎてしまう。また、肉厚なスルメイカのお刺身は、噛めば噛むほどにその甘みが口いっぱいに拡がる。
南房のスルメイカは、今まさにピークを迎えている。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読