MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗せホーダイの季節だ! 南房のスルメイカ絶好調【南房】

乗せホーダイの季節だ! 南房のスルメイカ絶好調【南房】

操舵室のソナーや魚探を覗き込むと、その画面は真っ赤に染まっている。この反応はアジやカタクチイワシのもので、スルメイカたちはこのアジやカタクチイワシを狙っている。この真っ赤な反応の中にお腹を空かせたスルメイカたちが無数にまじっているのだ。

今がちょうどスルメイカたちが、お腹を空かせている時期なのだ

ギリギリとギシギシと重量感たっぷりの感触を味わった末に、釣り上げた。

船宿仕掛けは実績のある「ピッカピカ針」と「ミラクル」だ。

プラヅノは18㎝。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉白間津港「甚四郎丸」。

暖流に乗って北上するスルメイカは、エサを捕食するために暖流から逸れ、沿岸寄りを群れで泳ぐ。このときにスルメ釣りのピークを迎えることになるのだが、今がちょうどスルメイカたちがお腹を空かせている時期なのだ。
千倉白間津港「甚四郎丸」では、6月の終わりにスルメイカ船をスタート。7月に入るやいなやいきなり束を超える好釣果を叩き出した。その後、水色が悪くなり一時低迷したものの、このところ水色も直り、それに比例してスルメイカの釣果も再び急上昇している。

肉厚なスルメイカの刺身は、噛むほどに甘みが口いっぱいに拡がる

ポイントは白浜沖メイン。

早くビール持って来い! 冷酒でもよしだっ!

船上には大漁の証し、船上干しがズラリと並んだ。

取材日には、前半潮が動かず苦戦したものの、終盤潮が動き出してからはコンスタントに釣れ、30㎝から42㎝のマッチョなスルメイカがトップで38杯、次頭が34杯。一日潮流が良かったとしたら、時間から換算すると束近い釣果になっていただろうと想像できる。
ともあれ、そのマッチョなスルメイカは身が厚く、船上干しをあぶってマヨネーズをつけて食べるとついついビールを飲み過ぎてしまう。また、肉厚なスルメイカのお刺身は、噛めば噛むほどにその甘みが口いっぱいに拡がる。
南房のスルメイカは、今まさにピークを迎えている。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読