MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

今年の初取材は、昨年暮れから好釣果が続いている江見沖の五目釣り、イサキ五目となった。イサキといえば梅雨の時期を連想する。しかし、「寒イサキ」と呼ばれるこの時期はお腹に脂をびっしり抱えて、甘味が強くトロける旨さ。そのうえ、ハナダイ、アジ、カイワリ、マダイなどうれしいゲストも多彩で楽しむことができる。

perm_media 《画像ギャラリー》寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日の釣果は20〜50匹、サイズは25〜38㎝の丸々と太った良型の寒イサキが揃った

好調が続く江見沖のイサキ。取材者もトリプル達成!

置き竿ではダメ。誘って食わそう!

良型の一荷。

ハナダイのポイントでは顔を見ることができた。

「探見丸」にはイサキ反応がバッチリ。

仕掛けはウイリー+カラーバリでオキアミエサを併用。ビシはプラビシFLの60号。

体高のある良型イサキ。

アジもまじった。

昨年末から江見沖でイサキの好釣果が続いている。連日のようにトップは釣果規定数50匹に到達している。この近年まれに見る魚影の濃さは、釣果制限、小型ビシの使用、午後のコマセ釣り禁止といったルールが設けられ、資源保護がなされた結果だ。取材当日の釣果も20〜50匹で、サイズは25〜38㎝の丸々太った良型ぞろいであった。
さらに、この時期釣れる「寒イサキ」はとても美味しい。お腹に脂をびっしり蓄えて、身は甘くてとろける旨さ。この味を求めて通う釣り人も多いのだ。おすすめの食べ方は新鮮な素材を活かして、刺身、塩焼き、煮付け。たくさん釣れた時は、干物が美味しい。
寒イサキがメインターゲットだが、多彩なゲストもまじる。取材ではハナダイ、アジがまじったが、状況次第ではカイワリ、マダイなども期待できるのだ。
抜群の釣果と美味しさを求めて、江見沖でホットな釣りを楽しんではいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル