寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

今年の初取材は、昨年暮れから好釣果が続いている江見沖の五目釣り、イサキ五目となった。イサキといえば梅雨の時期を連想する。しかし、「寒イサキ」と呼ばれるこの時期はお腹に脂をびっしり抱えて、甘味が強くトロける旨さ。そのうえ、ハナダイ、アジ、カイワリ、マダイなどうれしいゲストも多彩で楽しむことができる。


取材当日の釣果は20〜50匹、サイズは25〜38㎝の丸々と太った良型の寒イサキが揃った

好調が続く江見沖のイサキ。取材者もトリプル達成!

置き竿ではダメ。誘って食わそう!

良型の一荷。

ハナダイのポイントでは顔を見ることができた。

「探見丸」にはイサキ反応がバッチリ。

仕掛けはウイリー+カラーバリでオキアミエサを併用。ビシはプラビシFLの60号。

体高のある良型イサキ。

アジもまじった。

昨年末から江見沖でイサキの好釣果が続いている。連日のようにトップは釣果規定数50匹に到達している。この近年まれに見る魚影の濃さは、釣果制限、小型ビシの使用、午後のコマセ釣り禁止といったルールが設けられ、資源保護がなされた結果だ。取材当日の釣果も20〜50匹で、サイズは25〜38㎝の丸々太った良型ぞろいであった。
さらに、この時期釣れる「寒イサキ」はとても美味しい。お腹に脂をびっしり蓄えて、身は甘くてとろける旨さ。この味を求めて通う釣り人も多いのだ。おすすめの食べ方は新鮮な素材を活かして、刺身、塩焼き、煮付け。たくさん釣れた時は、干物が美味しい。
寒イサキがメインターゲットだが、多彩なゲストもまじる。取材ではハナダイ、アジがまじったが、状況次第ではカイワリ、マダイなども期待できるのだ。
抜群の釣果と美味しさを求めて、江見沖でホットな釣りを楽しんではいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


片貝沖のイサキ五目釣り! ハナダイ&アジも楽しめる(二三丸)

片貝沖のイサキ五目釣り! ハナダイ&アジも楽しめる(二三丸)

真子や白子を抱えた、今が旬のイサキが連日好調だ。片貝旧港「二三丸」ではイサキとハナダイ・アジ五目の欲張りリレーで出船中だ。


五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

五目釣りに青物がまじるイメージだから高級お土産いっぱい(博栄丸)

御前崎沖航程約1時間半弱の場所にある、漁に出て“金になる”ほど魚が豊富であることからそう呼ばれるようになったといわれる「金洲」。ここは毎年4月1日に解禁を迎え、四季折々様々な魚たちが我々釣り人を迎えてくれる。


片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝港「勇幸丸」で出船しているイサキ、ハナダイのリレー船が好期に入った。特にイサキは抱卵時期で、白子、真子を持った良型イサキが釣れ盛っている。


第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

第14回九十九里漁協春の沖釣り大会(外房・正一丸)

4月8日に行われる予定だった、「第14回九十九里漁協春の沖釣り大会」が天候不良のため中止。順延となった4月22日は、天気が良く、ナギにも恵まれ絶好のコンディションのなか開催された。当日は210名の参加者が集まり、14隻に分かれて乗船。対象魚のハナダイ、アジ、イサキ、5匹までの総重量で1位の座を競った。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読