MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。

perm_media 《画像ギャラリー》これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】の画像をチェック! navigate_next

最近のキンメは40㎝クラスの良型がトップで二ケタを超える日が多い。さらに2〜5㎏のアコウが、トップで50匹という実績も!

南房・千田沖では「こんな近くで!」というようなポイントで深場釣りが楽しめる。

投入は順番に。

体高があるのはナンヨウキンメだ。

クロムツは大型がまじった。

海中がパっと深紅に染まる。

筆者も鈴なりを体験。貸し道具もあるので深場初心者もチャレンジ可能だ。

鍋物が旨いこの時期、南房総千田沖のキンメダイとアコウダイがおすすめ。
千田港「三喜丸」は、朝一番でキンメを狙い、そのあとに本命のアコウを狙うという高級魚リレーで出船している。取材日は残念ながらサバの猛攻と強風早揚がりで好釣果には恵まれなかったが、最近のキンメは40㎝クラスの良型がリレー船であるにもかかわらずトップで二ケタを超える日が多い。さらに2〜5㎏のアコウが、トップでなんと50匹という驚きの実績も。
そしてアコウは、例年2月から釣果が上向き3月にピークを迎える。つまりちょうど本誌が発売されるころからが期待感が高まってくるのだ。
ポイントは航程20分程度と、深場釣りにしては近場であることもうれしい。高級魚キンメダイの多点掛け、そして高級魚アコウダイの提灯行列という夢のような釣果を求めて、早春の千田港へ出かけよう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル