常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

春告魚“メバル”。茨城の海もシーズンを迎えている。「キュン、キュン、キューン!」と竿先に明確にアタリが出るこの魚。愛くるしい姿形からは想像できないほど、パワフルである。


浅場の大型メバルを釣るなら ここ。クロ&ウスの2種ねらい

凪ぎで活性のよいメバルの群れに当たれば、多点掛けは当たり前。追い食いを意識して狙おう。

アカメバルやオキメバルと呼ばれるウスメバルも多くまじる。

エサ持ちのよいサバ皮で掛けた良型メバル。

魚体長魚探、全射ソナーでメバルの群れを探し当てるハイテク船。

アカメバルやオキメバルと呼ばれるウスメバルも多くまじる。

「赤メバル」と「黒メバル」が釣れる。

魚のサイズがよいのでこれだけ釣れれば大満足。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「信栄丸」。

年明けの常磐の代表的な釣り物がメバルだ。東北エリアから広範囲で行われており、波崎沖も例外ではない。
親潮の影響が色濃いこの海域は、水深30〜40mの浅場で大型のクロメバルのほか、オキメバルといわれているウスメバルも掛かる。
釣り方はサビキ釣り。5〜8本のメバル専用サビキに、生きエビやサバ皮、シラウオ、イカタンなど好みのエサを付けるのがご当地流。
メバル釣りは腕の差が出る釣り物だが、冬と春限定で釣期があまり長くないことから、この海域では東北エリアのように凝った釣り方はしていない。シンプルに釣れるときにザクっと釣る、というイメージだ。
波崎「信栄丸」は、海タナゴ用の素バリ5本サビキが船宿仕掛け。理由は利根川河口でうなぎのシラス漁で獲れた生きエビであるスムシを付けエサで使っているから。このエビは淡水でも海水でも元気に生きているのが強み。
「メバルは反応を見てねらいますから、いれば簡単にヒットしてきます。つぶ根では大型、魚礁では中型の数釣りと思ってください。魚礁では根掛かりは必至。上手に底ダチを取ってください」とは、波崎「信栄丸」の寺井和彦船長。
魚の活性がよければ、中型クーラーはすぐに満タンになるという。しかし、ウネリによるシケはよくないという。メバルが岩陰などにかくれて、浮いてこないからだ。『メバルは凪ぎを釣れ』というが、波崎沖も凪ぎの日が続いたほうが食いがよいようだ。
「付けエサは、スムシが一番ですが、いろんな魚にすぐ食われてしまいます。五目で魚種多彩に釣りたければ、生きエビがベスト。大型のみをねらいたいなら、定番のサバ皮でしょう」と寺井船長は言う。

本場東北メバル仕掛けを活用して釣果アップをねらおう!

「信栄丸」で配られるエサはスムシ。

生きエサを付けるので、船宿仕掛けは素バリのサビキだ。オモリは50〜60号。素バリ仕掛けはロングハリスのものでもよい。

冷凍エサは各自持参。当地ではサバ皮が定番だ。

仕掛けはバケ付きのサビキもよい。東北メバル仕掛けがオススメ。

東北のメバル釣りに詳しい本誌ライターの針生秀一さんによると、東北のクロメバルサビキは、チヌ2〜4号、丸セイゴ11〜13号のハリに、ハリス1.2〜1.5号で20〜25㎝のハリス、幹糸3〜5号で40〜50㎝間隔、6〜8本バリ。それに、魚皮やフラッシャーなどを組み合わせているのが定番。
この東北サビキは首都圏でも購入可能だが、バケに緑の皮やサメ腸皮がどうして使われているのか、などの理由はあまり知られていない。針生さんにその意味を聞いてみた。
波崎から鹿島沖にかけて実績のある緑色に加工されたサバ皮やハゲ皮。それについては、
「植物プランクトンが多い親潮の影響が濃く出ている緑がかった水色のとき効果のあるバケです」という。
ハゲ皮、ハモ皮などの白系のバケは、澄み潮や晴天、浅場に有効。
そして、東北エリアで最も使われているバケは、サメ腸皮をベースにした黒毛やオーロラフラッシャーを組み合わせたもの。サメ腸皮はメバルが好む薄茶色で、黒毛を組み合わせることでシルエットを大きくし、アピールを高めたもの。
また、近年の流行でとても実績のあるサバ皮醤油漬けも醤油で自然な薄茶色を出したことで、効果があるという。
これらのバケに好みのエサを付けることにより、アピール効果が増し、釣果アップを狙うことができる。

アタリがあったら追い食いをねらってしばらく待つ

浅場のジャンボメバルを狙え!

さて、釣り方だが、根掛かりの少ないポイントではオモリトントン、根掛かりが多い岩礁帯、魚礁では最低でも50㎝以上オモリを底からあげてアタリを待つ。
魚の活性が高い場合、1〜2mオモリを上げてもよい。
アタリがあったらここからがキモ。すぐに巻き上げずにハリ掛かりしたメバルに仕掛けを暴れさせるつもりでそのまま待つか、ゆっくり上へ誘い上げる。メバルは上を向いていることが多いので、イサキ同様、誘いは上方向なのだ。
「置き竿釣法が一番いいですよ。根掛かりには気をつけてね」と寺井船長が言うように、仕掛けの動かしすぎはよくない。静かに釣る、をキモに銘じておこう。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読