沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

春告魚“メバル”。茨城の海もシーズンを迎えている。「キュン、キュン、キューン!」と竿先に明確にアタリが出るこの魚。愛くるしい姿形からは想像できないほど、パワフルである。


浅場の大型メバルを釣るなら ここ。クロ&ウスの2種ねらい

凪ぎで活性のよいメバルの群れに当たれば、多点掛けは当たり前。追い食いを意識して狙おう。

アカメバルやオキメバルと呼ばれるウスメバルも多くまじる。

エサ持ちのよいサバ皮で掛けた良型メバル。

魚体長魚探、全射ソナーでメバルの群れを探し当てるハイテク船。

アカメバルやオキメバルと呼ばれるウスメバルも多くまじる。

「赤メバル」と「黒メバル」が釣れる。

魚のサイズがよいのでこれだけ釣れれば大満足。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「信栄丸」。

年明けの常磐の代表的な釣り物がメバルだ。東北エリアから広範囲で行われており、波崎沖も例外ではない。
親潮の影響が色濃いこの海域は、水深30〜40mの浅場で大型のクロメバルのほか、オキメバルといわれているウスメバルも掛かる。
釣り方はサビキ釣り。5〜8本のメバル専用サビキに、生きエビやサバ皮、シラウオ、イカタンなど好みのエサを付けるのがご当地流。
メバル釣りは腕の差が出る釣り物だが、冬と春限定で釣期があまり長くないことから、この海域では東北エリアのように凝った釣り方はしていない。シンプルに釣れるときにザクっと釣る、というイメージだ。
波崎「信栄丸」は、海タナゴ用の素バリ5本サビキが船宿仕掛け。理由は利根川河口でうなぎのシラス漁で獲れた生きエビであるスムシを付けエサで使っているから。このエビは淡水でも海水でも元気に生きているのが強み。
「メバルは反応を見てねらいますから、いれば簡単にヒットしてきます。つぶ根では大型、魚礁では中型の数釣りと思ってください。魚礁では根掛かりは必至。上手に底ダチを取ってください」とは、波崎「信栄丸」の寺井和彦船長。
魚の活性がよければ、中型クーラーはすぐに満タンになるという。しかし、ウネリによるシケはよくないという。メバルが岩陰などにかくれて、浮いてこないからだ。『メバルは凪ぎを釣れ』というが、波崎沖も凪ぎの日が続いたほうが食いがよいようだ。
「付けエサは、スムシが一番ですが、いろんな魚にすぐ食われてしまいます。五目で魚種多彩に釣りたければ、生きエビがベスト。大型のみをねらいたいなら、定番のサバ皮でしょう」と寺井船長は言う。

本場東北メバル仕掛けを活用して釣果アップをねらおう!

「信栄丸」で配られるエサはスムシ。

生きエサを付けるので、船宿仕掛けは素バリのサビキだ。オモリは50〜60号。素バリ仕掛けはロングハリスのものでもよい。

冷凍エサは各自持参。当地ではサバ皮が定番だ。

仕掛けはバケ付きのサビキもよい。東北メバル仕掛けがオススメ。

東北のメバル釣りに詳しい本誌ライターの針生秀一さんによると、東北のクロメバルサビキは、チヌ2〜4号、丸セイゴ11〜13号のハリに、ハリス1.2〜1.5号で20〜25㎝のハリス、幹糸3〜5号で40〜50㎝間隔、6〜8本バリ。それに、魚皮やフラッシャーなどを組み合わせているのが定番。
この東北サビキは首都圏でも購入可能だが、バケに緑の皮やサメ腸皮がどうして使われているのか、などの理由はあまり知られていない。針生さんにその意味を聞いてみた。
波崎から鹿島沖にかけて実績のある緑色に加工されたサバ皮やハゲ皮。それについては、
「植物プランクトンが多い親潮の影響が濃く出ている緑がかった水色のとき効果のあるバケです」という。
ハゲ皮、ハモ皮などの白系のバケは、澄み潮や晴天、浅場に有効。
そして、東北エリアで最も使われているバケは、サメ腸皮をベースにした黒毛やオーロラフラッシャーを組み合わせたもの。サメ腸皮はメバルが好む薄茶色で、黒毛を組み合わせることでシルエットを大きくし、アピールを高めたもの。
また、近年の流行でとても実績のあるサバ皮醤油漬けも醤油で自然な薄茶色を出したことで、効果があるという。
これらのバケに好みのエサを付けることにより、アピール効果が増し、釣果アップを狙うことができる。

アタリがあったら追い食いをねらってしばらく待つ

浅場のジャンボメバルを狙え!

さて、釣り方だが、根掛かりの少ないポイントではオモリトントン、根掛かりが多い岩礁帯、魚礁では最低でも50㎝以上オモリを底からあげてアタリを待つ。
魚の活性が高い場合、1〜2mオモリを上げてもよい。
アタリがあったらここからがキモ。すぐに巻き上げずにハリ掛かりしたメバルに仕掛けを暴れさせるつもりでそのまま待つか、ゆっくり上へ誘い上げる。メバルは上を向いていることが多いので、イサキ同様、誘いは上方向なのだ。
「置き竿釣法が一番いいですよ。根掛かりには気をつけてね」と寺井船長が言うように、仕掛けの動かしすぎはよくない。静かに釣る、をキモに銘じておこう。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。


10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

シルバーウイーク前から波崎沖でキハダやキメジの回遊情報が飛び交っていた。すこぶる沖での回遊かと思いきや、なんと利根川河口沖7〜10マイル沖でイワシを捕食しているというのだ。


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

波崎沖約9マイル沖に広がる水深100〜150mの岩礁帯が“カンネコ根”だ。周囲は起伏が少ないなだらかな砂泥帯で、毎年9月10月にアカムツが産卵のためにこの根周辺に集結するピークを迎える。


波崎沖カンネコ根のアカムツを釣る! 仕掛け&釣り方(波崎・信栄丸)

波崎沖カンネコ根のアカムツを釣る! 仕掛け&釣り方(波崎・信栄丸)

波崎沖カンネコ根のアカムツは、今期6月に例年より1ヵ月ほど早く始まったがこれまではいつも通りの釣れ方をしていた。毎年、9月と10月がカンネコ根のアカムツの乗っ込み期。その本格化の合図は、40㎝前後の大型まじりで数釣りができること。1匹釣れれば御の字の激うま高級魚がなんとツ抜けしてしまうのだから、贅沢きわまりない。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読