MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

東京湾のエビメバル。開幕の声を聞くと春を大いに感じさせてくれる釣りだ。「長い冬もようやく終わりだ」、こんな気分にさせてくれる。とは言っても、開幕の2月はまだまだ厳冬期。ちょっぴり沖に出るのはツライ季節だけど、それをガマンしてでも行きたいのがまたこのエビメバル釣りなのである。

暴れまくるメバルとのやり取りは小物釣りの域を遥かに超える。大型が掛かれば、「うっひょー!」なんて声が思わず漏れる

このサイズはうれしい! まさに破顔一笑!

ポイントはバース周りから本牧沖にかけて。いずれも根掛かりが多い障害物周り。仕掛け、オモリの予備は多めに持参しよう。

こちらもプロポーション抜群のメバル。みんなコイツらに会いたくて寒い中を釣りに出かけるのだ。

東京湾ではこんな色のメバルが多い。

うまく追い食いを待ってダブル。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・東大井「いわた釣船店」。

専用の軟調竿をこれでもか! というほど曲げて、上下左右に暴れるメバルとのやり取りは、小物釣りの域をはるかに超えている。そして、大型のメバルが2匹、3匹と掛かってくれば、「うっひょー!」とか、「おっとっと!」なんて声が思わず漏れてしまう。
そんな興奮を求めて、開幕日の2月1日、東大井「いわた釣船店」には多くのファンが詰めかけた。資源保護のための禁漁期間を経て、久しぶりのメバルとの対面をみな心待ちにしている。
しかし、この日はあいにくの強風で、一時は南西風が20mを超すことも。このため、風裏の限られたポイントでしか釣りができなかったが、良型まじりでみなの竿を曲げた。
「エサは重要ですよ。モエビが白くなったらダメ。早めに交換してください」とメバル船の小高亘船長。
東京湾のメバルは、今後、安定した釣果が見込める時期に入るが、連休頃がもっともアツイ時期。興奮のエビメバルをいっぱいご堪能あれ!

ぜひ軟調竿で醍醐味を味わおう

この釣りの魅力は何と言っても、軟調竿を使ってのスリリングなやり取りだ。

仕掛けはロングハリスが主流だ。

メバル釣りは釣り方や使用するエサによってその呼び方が異なる。東京湾の「エビメバル」というのはエサに淡水のモエビを使うところからきている。ねらうのはおもに湾奥の船で、船橋周辺から金沢八景までの船で楽しめる。
この釣りの大きな魅力は、繊細な道具立てで、豪快なやり取りが楽しめるところにある。障害物周りにいるメバルは良型も多く、軟らかい竿をギューンと曲げて、取り込みまでスリル感あふれる釣りを体感できるのだ。
この釣りにかかせないのが、専用のメバル竿だ。オモリ負荷10〜15号程度の負け気味の軟調胴調子竿だが、この釣りにマッチしている。
ライトゲーム用のゲームロッドは操作性はいいが、釣趣という観点からは専用竿に劣る。
リールは小型両軸に道糸はPE1〜2号程度。ロッドキーパーはなくてもいいが、竿置きがあると、エサ付けなどが楽だ。
仕掛けは胴付き3本バリ。メバルは目張とも書くように、目が大きく視力もいいとされている。このため、太い仕掛けでは食いがグッと落ちる。ハリスは1・25〜1.5号と細いのが基本だ。ハリスは長く30〜40㎝とかなりのロングハリスも。ハリはメバルバリ、渓流バリなど、細い軸のものが用いられる。
オモリは20号。メバルが生息するのが岩礁帯や障害物周りなので、根掛かりはつきもの。このため、オモリ、仕掛けのロストは頻繁に起こるので予備はたくさん持参しよう。

エサは釣果をわけるカギチェックして交換しよう

モエビをエサに使うことから「エビメバル」と呼ばれる。エサで釣果が変わるほど重要だ。

「いわた釣船店」ではいつも新鮮なエサがバッチリキープされている。

エサのモエビは鮮度が命。
「モエビは白くなったらまず食いません。マメにチェックして、白くなる前にどんどん交換してください。エサを付けっぱなしでは釣れませんよ」と、東大井「いわた釣船店」の小高亘船長は言う。
モエビはピンピンとエビぞりを繰り返すぐらい元気な方が食いがいい。
エサは通常時の食いの場合、尾羽をカットして、ハリを腹側から入れて、背側に抜くのが基本。この付け方が一番よれず、元気さをキープできる。
食いがいいときは、いちいち尾羽を切らなくても、そのまま付けてもOKだ。このとき、ピンピンと元気に動いているようであれば、なおいいだろう。
エサは、一度海中に入れるとあっという間に弱ってしまう。まずは色はそのままに動かなくなり、やがて全体が白くなってしまう。こうなってはまず釣れない。スグに交換しよう。
釣る人はずっと入れ食い、釣れない人は釣れないまま、ということがあるが、この場合、エサを毎回交換しているから釣る人が釣れ続けるのだ。
面倒くさがらずに、エサはマメに交換! これがじつはすごく大きいのだ。

動作は静かに動かしすぎない

メバルを驚かさないように静かに釣る。メバルは音に敏感な魚だ。

エビメバルは基本、静の釣りである。メバルは警戒心の非常に強い魚だ。潮が澄んでしまうと、食いがガタンと落ちるのは、そのためだ。音や派手な動きにも敏感に反応し、食いに影響を及ぼす。
オモリが着底したら、オモリを静かに置き、じっとその場で待つ。アタリがなければゆっくり持ち上げて誘い、竿をおろすときも、ゆっくり静かにおろす。オモリは「ゴツン」と落とすのでなく、あくまで静かに「置く」ような感じにする。
メバルは上向きに泳いでいて、エサが落ちていくと、一気にエサにアタックすることも多い。着底して違和感があったら、糸を張ってみよう。こんなときは、すでにハリ掛かりしていることも多い。ポイントを変えたときの第1投は集中してやろう。
通常時は、オモリは海底に着けたまま待つのが基本だが、起伏の激しいポイントの場合は、底ダチを取り直しながら、海底をトレースしていく。ゲームロッドの場合、この動作は専用竿よりもやりやすくなる。
アタリは派手に大きく出る。上のハリの場合、竿の根本までグイグイと、下のハリの場合は、コツコツとやや小さめのアタリだ。
ここでビックリして竿を持ち上げてもうまくハリ掛かりしない。アワせたいのをグッとガマンして、「ギューン」と引き込むのを待つ。ここまできたらもう向こうアワセ状態なので安心。オモリを海底から浮かせて2匹目、3匹目と追い食いを待とう。
1匹掛かって、そのままにしておくと、根掛かりしてしまうので注意。特にカサゴか掛かったときは、根に潜られるので、確実にオモリを海底から離して追い食いを待とう。待ちすぎは、ハリ穴を広げてバラシにつながるので、頃合いを見て巻き上げよう。
アタリから向こうアワセまでの一連の動きも、軟調竿にマッチしている。
根掛かり時は、あまり派手に引っ張らず、静かに道糸を引っ張り外すようにしよう。ここでも無用な警戒心を与えないことが重要だ。
釣り自体は難しいものであはない。連続してくるアタリに酔いしれよう!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読