釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

生きたイワシをエサにメバルを狙う「イワシメバル」は、早春の相模湾における風物詩的な釣りだ。この釣りは、おもに佐島地区周辺で盛んに行われ、2月から開幕する。シーズンは短く、2、3月の短期限定の釣りだ。


ガツガツという明確なアタリが多く、食い込みを待ち、ハリ掛かりすれば小気味よい引きが楽しめる

ポイントは港から至近の小田和湾内から湾口付近。水深は5〜20mがメイン。

会心のヒット!

釣れるメバルは黄金色!

佐島沖で釣れるメバルは黄金色をしている個体が多い。

軟調竿でのやり取りがおもしろい。

ゲストにはカサゴもまじる。

相模湾で2月から開幕するメバル釣りは、釣趣満点の「イワシメバル」だ。
この釣りは生きたカタクチイワシをエサに狙う泳がせ釣り。泳がせ釣りといえども、仕掛けはハリス0.8〜1号、ハリはヤマメバリ、これに極軟調子の竿を使うというウルトラライト級の泳がせ釣りなのだ。そして釣趣も抜群。ガツガツという明確なアタリが多く、食い込みを待ち、ハリ掛かりすれば小気味よい引きが楽しめるのだ。
そんなイワシメバルが今年も開幕した。開幕初日となるはずの2月1日は大シケで出船できなかった。そのシケの影響なのか取材日(2月3日)は食いが悪かった。しかし、見突き漁をしている漁師さんからはメバルが多いという声も多々聞かれた。好条件さえそろえば数釣れそうだ。昨年はシーズン中盤以降に好調が続いたというので、今後が楽しみだ!

釣果に差がつくほどタックルと仕掛けは重要

今シーズンはエサに最適なサイズのカタクチイワシがそろっている。

エサのカタクチワシは、ハリを下アゴから上アゴへと刺し抜いて付ける。

ハリス0.8号の細仕掛けを使う。仕掛け、オモリともに予備はたくさん用意しておこう。

この釣りでは、タックルと仕掛けはとても重要だ。使用するタックルと仕掛け次第では、釣果に大きな差がつくこともあるほどなのだ。
竿は20号負荷、極軟胴調子の3m前後。イワシメバル専用竿があればベストだ。とにかくメバルのアタリをはじかない、反発力の少ない胴調子が望ましい。メバルは自身の体の半分以上の長さのイワシにも食ってくる。それを違和感なく食い込ませることができる調子が必要なのだ。
リールは小型両軸。道糸としてPE2号を100mほど巻いてあれば大丈夫だろう。
仕掛けは、繊細な仕掛けを使うのが特徴。ハリス0.8〜1号、幹糸1.5号、ヤマメバリ8〜10号で組んだ胴付き仕掛けの2本バリが一般的だ。
このような細い仕掛けを使うのは、メバルは目がいいと言われているからだ。根掛かりしやすいポイントを流すこともしばしばで、そんなときには枝ス、幹糸ともにもう少し太くしたくなる。しかし、仕掛けを見切られるのか、仕掛けを太くしたとたんにアタリが減ることもあるのだ。
オモリは船宿によるが、15号前後が使われる。目立たないように黒く着色したものを使う人もいる。
エサは生きたカタクチイワシを使用する。今年は多くの船宿が、エサに最適な7㎝ほどのサイズを入手できているようだ。エサ付けは、下アゴから上アゴへとハリを刺し抜くのが一般的だ。

タナはベタ底より少し上、早アワセは避けよう!

アタリがあったら早アワセは厳禁。食い込みを待ってからアワせよう。

メバルは海底付近よりも少し上にいることが多い。だから、タナはオモリを海底から50㎝〜1m上げた位置でアタリを待つようにしよう。
とくに海藻が生い茂るような場所では、海藻の背丈にもよるが、メバルがかなり浮いていることもある。また、海藻帯ではタナを低くすると、根掛かりしやすい。前述したタナよりも、思い切って高めのタナにすることが好結果につながることもある。
周囲でメバルがポツポツと釣れているなか、自分にはカサゴ、アナハゼといった魚ばかり掛かって本命がアタらないときは、タナが低いのが原因と考えていいだろう。
そして、この釣りの醍醐味は、何と言ってもアタリからアワセ、そしてやり取りに至る過程だろう。おもしろい部分である反面、ちょっとしたテクニックが必要な難しい部分でもあるのだ。
アタリは「ブルブル」とか「ガツガツ」のように比較的明確に出るので、すぐにわかるだろう。
アタったら早アワセは厳禁だ。メバルは自身の体長の半分以上の大きさのイワシにも普通にアタックしてくる。それを食い込ませるのだから、早アワセがダメなことはわかるだろう。
アタリがあったら、とりあえずそのまま待つ。そして3、4回大きなアタリを待ってから、聞きアワせるように竿を立ててフッキンングを確認しよう。ハリ掛かりしたら、糸をたるませないように巻き上げ始める。


つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連する投稿


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

不安定が定番のシーズン初期のシイラゲーム。しかし、嬉しいことに今期はシーズン初期から安定感がある。「うちでは5月の終わりから出船を始めました。多少は上下するけど、シイラの数は多い。楽しんでもらえると思いますよ」と話す、平塚港「庄治郎丸」でシイラ船を担当する、世古勇次郎船長。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読