沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

生きたイワシをエサにメバルを狙う「イワシメバル」は、早春の相模湾における風物詩的な釣りだ。この釣りは、おもに佐島地区周辺で盛んに行われ、2月から開幕する。シーズンは短く、2、3月の短期限定の釣りだ。


ガツガツという明確なアタリが多く、食い込みを待ち、ハリ掛かりすれば小気味よい引きが楽しめる

ポイントは港から至近の小田和湾内から湾口付近。水深は5〜20mがメイン。

会心のヒット!

釣れるメバルは黄金色!

佐島沖で釣れるメバルは黄金色をしている個体が多い。

軟調竿でのやり取りがおもしろい。

ゲストにはカサゴもまじる。

相模湾で2月から開幕するメバル釣りは、釣趣満点の「イワシメバル」だ。
この釣りは生きたカタクチイワシをエサに狙う泳がせ釣り。泳がせ釣りといえども、仕掛けはハリス0.8〜1号、ハリはヤマメバリ、これに極軟調子の竿を使うというウルトラライト級の泳がせ釣りなのだ。そして釣趣も抜群。ガツガツという明確なアタリが多く、食い込みを待ち、ハリ掛かりすれば小気味よい引きが楽しめるのだ。
そんなイワシメバルが今年も開幕した。開幕初日となるはずの2月1日は大シケで出船できなかった。そのシケの影響なのか取材日(2月3日)は食いが悪かった。しかし、見突き漁をしている漁師さんからはメバルが多いという声も多々聞かれた。好条件さえそろえば数釣れそうだ。昨年はシーズン中盤以降に好調が続いたというので、今後が楽しみだ!

釣果に差がつくほどタックルと仕掛けは重要

今シーズンはエサに最適なサイズのカタクチイワシがそろっている。

エサのカタクチワシは、ハリを下アゴから上アゴへと刺し抜いて付ける。

ハリス0.8号の細仕掛けを使う。仕掛け、オモリともに予備はたくさん用意しておこう。

この釣りでは、タックルと仕掛けはとても重要だ。使用するタックルと仕掛け次第では、釣果に大きな差がつくこともあるほどなのだ。
竿は20号負荷、極軟胴調子の3m前後。イワシメバル専用竿があればベストだ。とにかくメバルのアタリをはじかない、反発力の少ない胴調子が望ましい。メバルは自身の体の半分以上の長さのイワシにも食ってくる。それを違和感なく食い込ませることができる調子が必要なのだ。
リールは小型両軸。道糸としてPE2号を100mほど巻いてあれば大丈夫だろう。
仕掛けは、繊細な仕掛けを使うのが特徴。ハリス0.8〜1号、幹糸1.5号、ヤマメバリ8〜10号で組んだ胴付き仕掛けの2本バリが一般的だ。
このような細い仕掛けを使うのは、メバルは目がいいと言われているからだ。根掛かりしやすいポイントを流すこともしばしばで、そんなときには枝ス、幹糸ともにもう少し太くしたくなる。しかし、仕掛けを見切られるのか、仕掛けを太くしたとたんにアタリが減ることもあるのだ。
オモリは船宿によるが、15号前後が使われる。目立たないように黒く着色したものを使う人もいる。
エサは生きたカタクチイワシを使用する。今年は多くの船宿が、エサに最適な7㎝ほどのサイズを入手できているようだ。エサ付けは、下アゴから上アゴへとハリを刺し抜くのが一般的だ。

タナはベタ底より少し上、早アワセは避けよう!

アタリがあったら早アワセは厳禁。食い込みを待ってからアワせよう。

メバルは海底付近よりも少し上にいることが多い。だから、タナはオモリを海底から50㎝〜1m上げた位置でアタリを待つようにしよう。
とくに海藻が生い茂るような場所では、海藻の背丈にもよるが、メバルがかなり浮いていることもある。また、海藻帯ではタナを低くすると、根掛かりしやすい。前述したタナよりも、思い切って高めのタナにすることが好結果につながることもある。
周囲でメバルがポツポツと釣れているなか、自分にはカサゴ、アナハゼといった魚ばかり掛かって本命がアタらないときは、タナが低いのが原因と考えていいだろう。
そして、この釣りの醍醐味は、何と言ってもアタリからアワセ、そしてやり取りに至る過程だろう。おもしろい部分である反面、ちょっとしたテクニックが必要な難しい部分でもあるのだ。
アタリは「ブルブル」とか「ガツガツ」のように比較的明確に出るので、すぐにわかるだろう。
アタったら早アワセは厳禁だ。メバルは自身の体長の半分以上の大きさのイワシにも普通にアタックしてくる。それを食い込ませるのだから、早アワセがダメなことはわかるだろう。
アタリがあったら、とりあえずそのまま待つ。そして3、4回大きなアタリを待ってから、聞きアワせるように竿を立ててフッキンングを確認しよう。ハリ掛かりしたら、糸をたるませないように巻き上げ始める。


つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。


仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。


相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセキハダ・カツオ船において、すっかり定着した「エビング」。ジギングでもなく、キャスティングでもない、まさに第三のルアーゲームだ。このエビングの強みは、キハダやカツオがボイルしていない状況や、すっかりコマセに着いてしまった状況でもヒットが期待できること。


東エリアで有利な展開! 相模湾のキハダ&カツオ(一義丸)

東エリアで有利な展開! 相模湾のキハダ&カツオ(一義丸)

三浦半島・剣崎松輪から出船する「一義丸」も連日相模湾上でアツい戦いを繰り広げている。「日によるムラがありますが、反応、食いともに上向いてきました」とは北風幸人船長。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読