鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

釣り物が少なくなるこの時期に、逆に解禁になる魚が東京湾のメバルだ。魚体に似合わぬ瞬発的な引きは、居眠りをしていても思わず飛び起きてしまうほどだ。冬眠していた釣り人の目を覚ます「春告魚」メバル。解禁日の2月1日に神奈川県鴨居大室港の船宿「五郎丸」を取材した。


日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることも!

今年は数釣りできそうな気配。日によってだが、ゲストでヒラメやマダイが釣れることもあるという。

解禁日は学校の始業式のようなもの。出席しないとね」と常連さん。

「ヤッター!」初めての船釣りでお目当てのメバルを釣り上げた。

1匹掛かってもすぐには巻き上げない。追い食いさせて効率よく釣ろう。

解禁初日は20㎝前後の小型中心の釣果だった。

厳寒期の釣りだけに防寒対策は万全に。

ミンチをギュウギュウに詰めすぎると出ないので、軽く8分目程度でOK。

イワシミンチ用のビシは130号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

2月1日から鴨居沖のコマセメバルが解禁になった。資源保護のため、2月から3月末までの2か月間だけの期間限定の釣りだ。ビシアジタックルをそのまま流用できるので気軽に楽しめ、数も釣れて人気がある。
「一昨年はよいと一人40~50匹釣れましたが、昨年はよい人でも30匹どまりでいまひとつだった。今年はスタートしたばかりでなんともいえませんが、シケの日でも20㎝前後がそこそこ釣れているので、これから期待してよいのでは…」とは鴨居大室港「第三 五郎丸」の山口隆幸船長。日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることもあるという。
ビシは130号を使用、コマセはイワシミンチ。刺しエサはイカタン。テンビン、クッションを使用して、ハリスは1.5号3本バリ。まるっきりビシアジ仕掛けでOK。また、やる人は少ないが、サビキ仕掛けで釣ることもできる。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読