MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

釣り物が少なくなるこの時期に、逆に解禁になる魚が東京湾のメバルだ。魚体に似合わぬ瞬発的な引きは、居眠りをしていても思わず飛び起きてしまうほどだ。冬眠していた釣り人の目を覚ます「春告魚」メバル。解禁日の2月1日に神奈川県鴨居大室港の船宿「五郎丸」を取材した。

日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることも!

今年は数釣りできそうな気配。日によってだが、ゲストでヒラメやマダイが釣れることもあるという。

解禁日は学校の始業式のようなもの。出席しないとね」と常連さん。

「ヤッター!」初めての船釣りでお目当てのメバルを釣り上げた。

1匹掛かってもすぐには巻き上げない。追い食いさせて効率よく釣ろう。

解禁初日は20㎝前後の小型中心の釣果だった。

厳寒期の釣りだけに防寒対策は万全に。

ミンチをギュウギュウに詰めすぎると出ないので、軽く8分目程度でOK。

イワシミンチ用のビシは130号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

2月1日から鴨居沖のコマセメバルが解禁になった。資源保護のため、2月から3月末までの2か月間だけの期間限定の釣りだ。ビシアジタックルをそのまま流用できるので気軽に楽しめ、数も釣れて人気がある。
「一昨年はよいと一人40~50匹釣れましたが、昨年はよい人でも30匹どまりでいまひとつだった。今年はスタートしたばかりでなんともいえませんが、シケの日でも20㎝前後がそこそこ釣れているので、これから期待してよいのでは…」とは鴨居大室港「第三 五郎丸」の山口隆幸船長。日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることもあるという。
ビシは130号を使用、コマセはイワシミンチ。刺しエサはイカタン。テンビン、クッションを使用して、ハリスは1.5号3本バリ。まるっきりビシアジ仕掛けでOK。また、やる人は少ないが、サビキ仕掛けで釣ることもできる。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル