MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

釣り物が少なくなるこの時期に、逆に解禁になる魚が東京湾のメバルだ。魚体に似合わぬ瞬発的な引きは、居眠りをしていても思わず飛び起きてしまうほどだ。冬眠していた釣り人の目を覚ます「春告魚」メバル。解禁日の2月1日に神奈川県鴨居大室港の船宿「五郎丸」を取材した。

perm_media 《画像ギャラリー》鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】の画像をチェック! navigate_next

日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることも!

今年は数釣りできそうな気配。日によってだが、ゲストでヒラメやマダイが釣れることもあるという。

解禁日は学校の始業式のようなもの。出席しないとね」と常連さん。

「ヤッター!」初めての船釣りでお目当てのメバルを釣り上げた。

1匹掛かってもすぐには巻き上げない。追い食いさせて効率よく釣ろう。

解禁初日は20㎝前後の小型中心の釣果だった。

厳寒期の釣りだけに防寒対策は万全に。

ミンチをギュウギュウに詰めすぎると出ないので、軽く8分目程度でOK。

イワシミンチ用のビシは130号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

2月1日から鴨居沖のコマセメバルが解禁になった。資源保護のため、2月から3月末までの2か月間だけの期間限定の釣りだ。ビシアジタックルをそのまま流用できるので気軽に楽しめ、数も釣れて人気がある。
「一昨年はよいと一人40~50匹釣れましたが、昨年はよい人でも30匹どまりでいまひとつだった。今年はスタートしたばかりでなんともいえませんが、シケの日でも20㎝前後がそこそこ釣れているので、これから期待してよいのでは…」とは鴨居大室港「第三 五郎丸」の山口隆幸船長。日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることもあるという。
ビシは130号を使用、コマセはイワシミンチ。刺しエサはイカタン。テンビン、クッションを使用して、ハリスは1.5号3本バリ。まるっきりビシアジ仕掛けでOK。また、やる人は少ないが、サビキ仕掛けで釣ることもできる。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル