MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】

釣り物が少なくなるこの時期に、逆に解禁になる魚が東京湾のメバルだ。魚体に似合わぬ瞬発的な引きは、居眠りをしていても思わず飛び起きてしまうほどだ。冬眠していた釣り人の目を覚ます「春告魚」メバル。解禁日の2月1日に神奈川県鴨居大室港の船宿「五郎丸」を取材した。

perm_media 《画像ギャラリー》鴨居沖のコマセメバルが2月1日に解禁だ!【東京湾・鴨居沖】の画像をチェック! navigate_next

日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることも!

今年は数釣りできそうな気配。日によってだが、ゲストでヒラメやマダイが釣れることもあるという。

解禁日は学校の始業式のようなもの。出席しないとね」と常連さん。

「ヤッター!」初めての船釣りでお目当てのメバルを釣り上げた。

1匹掛かってもすぐには巻き上げない。追い食いさせて効率よく釣ろう。

解禁初日は20㎝前後の小型中心の釣果だった。

厳寒期の釣りだけに防寒対策は万全に。

ミンチをギュウギュウに詰めすぎると出ないので、軽く8分目程度でOK。

イワシミンチ用のビシは130号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「五郎丸」。

2月1日から鴨居沖のコマセメバルが解禁になった。資源保護のため、2月から3月末までの2か月間だけの期間限定の釣りだ。ビシアジタックルをそのまま流用できるので気軽に楽しめ、数も釣れて人気がある。
「一昨年はよいと一人40~50匹釣れましたが、昨年はよい人でも30匹どまりでいまひとつだった。今年はスタートしたばかりでなんともいえませんが、シケの日でも20㎝前後がそこそこ釣れているので、これから期待してよいのでは…」とは鴨居大室港「第三 五郎丸」の山口隆幸船長。日によって、潮によってだが、25㎝前後ばかりが釣れることもあるという。
ビシは130号を使用、コマセはイワシミンチ。刺しエサはイカタン。テンビン、クッションを使用して、ハリスは1.5号3本バリ。まるっきりビシアジ仕掛けでOK。また、やる人は少ないが、サビキ仕掛けで釣ることもできる。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル