沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

仙台湾のサビキメバル、一束釣りも夢じゃないぞ【東北・仙台沖】

仙台湾のサビキメバル、一束釣りも夢じゃないぞ【東北・仙台沖】

1~4月は仙台湾のクロメバルのベストシーズン。仙台湾ではサビキ釣法が定番で、サビキの選択が釣果を左右する大事なところ。サビキ釣りのメリットは、エサを付けない手返しの早さであり、ハリ数分に多点掛けするテクニックで数を伸ばせる。


釣り場は水深30mから50mに設置された魚礁。高低差大きく、根掛かりをいかに防ぐかと、サビキのチョイスが重要になる

取材当日はアイナメとのリレー。クロメバルは実釣3時間半でトップ89匹、サビキが当たると大釣りできる!

朝マヅメはクロメバルの絶好タイム。

マムシの皮で自作したサビキで多点掛けに成功!

小気味よいアタリで楽しませてくれるクロメバル。

朝マヅメは食いつきよく、多点掛けの連続!

当日のポイントは仙台港沖の35mダチ。指示ダナは底から3~5m。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・塩釜まがき港「東北丸」。

「冬は荒れる日が多いけれど、今年もクロメバルはいいですね。100匹以上釣る人も多いですよ」とは、塩釜まがき港「東北丸」の店主、寺島明美船長。エサを使わないサビキ釣りで手返しが早く、数が伸ばせるのだ。取材日も2隻出しの盛況だ。
釣り場は水深30~50mに設置された魚礁。高低差が大きく、根掛かりをいかに防ぐかと、サビキのチョイスが重要になる。
「今日はサビキの種類で差が出ましたね。朝イチはどれでも釣れる感じだったけど、明るくなってきたら当たり外れがハッキリしてきました」と寺島翔平船長。荒れ後の濁りが入り、黒毛などでアピールを高めたサビキが当たり、状況を判断した使い分けで89~20匹と大きな差がついた。
当日はアイナメとのリレーで、クロメバルは実釣3時間半。寒さ厳しい強風の日だったが、ガタガタという強いアタリを熱く楽しめた。4月まで続く絶好期。束釣りも期待できる!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読