仙台湾のサビキメバル、一束釣りも夢じゃないぞ【東北・仙台沖】

仙台湾のサビキメバル、一束釣りも夢じゃないぞ【東北・仙台沖】

1~4月は仙台湾のクロメバルのベストシーズン。仙台湾ではサビキ釣法が定番で、サビキの選択が釣果を左右する大事なところ。サビキ釣りのメリットは、エサを付けない手返しの早さであり、ハリ数分に多点掛けするテクニックで数を伸ばせる。


釣り場は水深30mから50mに設置された魚礁。高低差大きく、根掛かりをいかに防ぐかと、サビキのチョイスが重要になる

取材当日はアイナメとのリレー。クロメバルは実釣3時間半でトップ89匹、サビキが当たると大釣りできる!

朝マヅメはクロメバルの絶好タイム。

マムシの皮で自作したサビキで多点掛けに成功!

小気味よいアタリで楽しませてくれるクロメバル。

朝マヅメは食いつきよく、多点掛けの連続!

当日のポイントは仙台港沖の35mダチ。指示ダナは底から3~5m。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・塩釜まがき港「東北丸」。

「冬は荒れる日が多いけれど、今年もクロメバルはいいですね。100匹以上釣る人も多いですよ」とは、塩釜まがき港「東北丸」の店主、寺島明美船長。エサを使わないサビキ釣りで手返しが早く、数が伸ばせるのだ。取材日も2隻出しの盛況だ。
釣り場は水深30~50mに設置された魚礁。高低差が大きく、根掛かりをいかに防ぐかと、サビキのチョイスが重要になる。
「今日はサビキの種類で差が出ましたね。朝イチはどれでも釣れる感じだったけど、明るくなってきたら当たり外れがハッキリしてきました」と寺島翔平船長。荒れ後の濁りが入り、黒毛などでアピールを高めたサビキが当たり、状況を判断した使い分けで89~20匹と大きな差がついた。
当日はアイナメとのリレーで、クロメバルは実釣3時間半。寒さ厳しい強風の日だったが、ガタガタという強いアタリを熱く楽しめた。4月まで続く絶好期。束釣りも期待できる!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

コマセ五目から食わせサビキまで一日楽しい”道楽釣り”(千とせ丸)

「熱海の多賀から出船する面白い釣りがありますよ。様子を見に来ませんか?」と、「エイテック」の秋山明広さんからのお誘いでうかがってみれば、「なるほど! これはおもしろい」と納得の釣りが展開されていたのだった。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

勝浦港「初栄丸」で楽しめる勝浦沖の根魚釣りは、カサゴとメバルをメインに、アカハタやマハタといったハタ類がターゲット。カサゴやメバルを対象とした根魚釣りは東京湾や相模湾でも盛んに行われているが、ここ勝浦沖はサイズが違う。アベレージサイズがひと回りもふた回りもデカいのだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読