沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ついに開幕、待ってたぞ!  マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついにマルイカが姿を現した! 今期の開幕の状況は、“いい年”の例年パターンと同じ。相模湾・亀城根周辺の水深70~100mに群れが広範囲に押し寄せてきたのだ。取材では60杯超の釣果も記録! もうこれは本物と言ってもいいだろう。さあ、昨シーズンの分まで釣りまくるぞ!


ダブル当たり前、トリプルもあり、結果はなんとトップ67杯! 2番手62杯! 3番手56杯!

数年ぶりにマルイカ釣りを楽しんだおなじみ永井裕策名人。「まだちょっと深いけど、このサイズだから楽しいね~」と終始笑顔。

初期の深場は良型が多い。このサイズでのダブルなら重量感もたっぷり。

感度のいいLTはアタリを取って積極的に掛けていく。だから釣果も伸びるし、なによりもおもしろい! 確信を持ってアタリをアワセたときの“ズン!”はホント快感!!

爆発力のある直結、直結ブラ仕掛けの扱いには慣れが必要だが、やってみるとそんなに難しくはない! 波の静かな日に練習してみよう。

当日の竿頭は常連の山本さん。最新のLTタックル&オモリ50号、直結直ブラ仕掛けで67杯!

シャクって乗せるスタイルでは、こんな掛かり方が多くなるので、巻き上げはゆっくりと行おう。

マルイカの墨は粘度が高いので、スッテに付着した墨はマメに取り除こう。

超小型電動リールの出現で、初期の深場でもLTが主流になりつつある。

当日乗りがよかったスッテとカラー。どの色にもまんべんなく乗った。

相模湾の亀城根周辺に、ついに、ついに、マルイカが姿を現した! 昨年はシーズン終盤にちょこっと盛り上がっただけだったから、このときを本当に今か今かと待っていた人も多いろう。
しかも、釣れている! 1月下旬から2月上旬の状況は、ポイントは例年通り亀城根周辺の水深70~100m前後。良型主体で連日トップ20~30杯と好釣果を記録している。この水深でこの数。滑り出しは上々だ。
マルイカの反応は広範囲にたくさんある。潮など状況次第では、もっといい釣果も出ると思われる。
実際、1月下旬の取材では2時間以上も流しっぱなし、なんと20連チャン以上という爆乗りタイムもあった。シーズン初期とあってマルイカはまったくスレていないウブちゃんなので、ほぼ着乗り、アタリもデカい。ダブル当たり前、トリプルもあり、結果はなんとトップ67杯!2番手62杯、3番手56杯!
「数年ぶりにマルイカ釣りをやったけど、やっぱりこの釣りは楽しいね~」と、おなじみ永井裕策名人もご満悦だった。
この乗りっぷりはもう本物でしょう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マルイカ 相模湾

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。


仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。


相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセキハダ・カツオ船において、すっかり定着した「エビング」。ジギングでもなく、キャスティングでもない、まさに第三のルアーゲームだ。このエビングの強みは、キハダやカツオがボイルしていない状況や、すっかりコマセに着いてしまった状況でもヒットが期待できること。


東エリアで有利な展開! 相模湾のキハダ&カツオ(一義丸)

東エリアで有利な展開! 相模湾のキハダ&カツオ(一義丸)

三浦半島・剣崎松輪から出船する「一義丸」も連日相模湾上でアツい戦いを繰り広げている。「日によるムラがありますが、反応、食いともに上向いてきました」とは北風幸人船長。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読