MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついにマルイカが姿を現した! 今期の開幕の状況は、“いい年”の例年パターンと同じ。相模湾・亀城根周辺の水深70~100mに群れが広範囲に押し寄せてきたのだ。取材では60杯超の釣果も記録! もうこれは本物と言ってもいいだろう。さあ、昨シーズンの分まで釣りまくるぞ!

perm_media 《画像ギャラリー》ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】の画像をチェック! navigate_next

ダブル当たり前、トリプルもあり、結果はなんとトップ67杯! 2番手62杯! 3番手56杯!

数年ぶりにマルイカ釣りを楽しんだおなじみ永井裕策名人。「まだちょっと深いけど、このサイズだから楽しいね~」と終始笑顔。

初期の深場は良型が多い。このサイズでのダブルなら重量感もたっぷり。

感度のいいLTはアタリを取って積極的に掛けていく。だから釣果も伸びるし、なによりもおもしろい! 確信を持ってアタリをアワセたときの“ズン!”はホント快感!!

爆発力のある直結、直結ブラ仕掛けの扱いには慣れが必要だが、やってみるとそんなに難しくはない! 波の静かな日に練習してみよう。

当日の竿頭は常連の山本さん。最新のLTタックル&オモリ50号、直結直ブラ仕掛けで67杯!

シャクって乗せるスタイルでは、こんな掛かり方が多くなるので、巻き上げはゆっくりと行おう。

マルイカの墨は粘度が高いので、スッテに付着した墨はマメに取り除こう。

超小型電動リールの出現で、初期の深場でもLTが主流になりつつある。

当日乗りがよかったスッテとカラー。どの色にもまんべんなく乗った。

相模湾の亀城根周辺に、ついに、ついに、マルイカが姿を現した! 昨年はシーズン終盤にちょこっと盛り上がっただけだったから、このときを本当に今か今かと待っていた人も多いろう。
しかも、釣れている! 1月下旬から2月上旬の状況は、ポイントは例年通り亀城根周辺の水深70~100m前後。良型主体で連日トップ20~30杯と好釣果を記録している。この水深でこの数。滑り出しは上々だ。
マルイカの反応は広範囲にたくさんある。潮など状況次第では、もっといい釣果も出ると思われる。
実際、1月下旬の取材では2時間以上も流しっぱなし、なんと20連チャン以上という爆乗りタイムもあった。シーズン初期とあってマルイカはまったくスレていないウブちゃんなので、ほぼ着乗り、アタリもデカい。ダブル当たり前、トリプルもあり、結果はなんとトップ67杯!2番手62杯、3番手56杯!
「数年ぶりにマルイカ釣りをやったけど、やっぱりこの釣りは楽しいね~」と、おなじみ永井裕策名人もご満悦だった。
この乗りっぷりはもう本物でしょう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル