MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】

真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイの聖地、外房。川津沖もそのひとつ。周年、この釣りを専門にしている川津「とみ丸」では、冬シーズンに突入中だ。

ワラサやイナダが釣れたらチャンス! と昔から言われているように、青物が釣れたら、マダイも釣れる、と思ってまず間違いない

休日はいっぱいになることが多い「とみ丸」。釣り座は予約順で選べるので早めに。

1㎏サイズは食べごろマダイ。活性高ければ数釣り可能だ。

冬でも元気いっぱいの引きを味あわせてくれる外房の魚たち。

深場ではテンヤよりストンと落ちるカブラが使いやすい。

出たがりアングラーのイカ蔵はワラサをゲット。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「とみ丸」。

黒潮の影響が強い川津沖は、真冬でもマダイがねらえるのが強み。
水深は50〜80mとライトタックルでは深場の釣りだが、イワシの群れを追った大ダイとワラサが釣れるのもこれから。とくに、ワラサやイナダが釣れたらチャンス! と昔から言われているように、青物が釣れたら、マダイも釣れる、と思ってまず間違いない。
「シケの影響で水温も安定しないからマダイの食いもいまいちでしたが、ちょっとしたきっかけで爆釣するのもこの時期です。ぜひ、チャレンジしてもらいたいですね」とは、若船長の吉清紘生さん。詳しいリアルタイムの釣況は、若船長のブログでチェック!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読