MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】

真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイの聖地、外房。川津沖もそのひとつ。周年、この釣りを専門にしている川津「とみ丸」では、冬シーズンに突入中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】の画像をチェック! navigate_next

ワラサやイナダが釣れたらチャンス! と昔から言われているように、青物が釣れたら、マダイも釣れる、と思ってまず間違いない

休日はいっぱいになることが多い「とみ丸」。釣り座は予約順で選べるので早めに。

1㎏サイズは食べごろマダイ。活性高ければ数釣り可能だ。

冬でも元気いっぱいの引きを味あわせてくれる外房の魚たち。

深場ではテンヤよりストンと落ちるカブラが使いやすい。

出たがりアングラーのイカ蔵はワラサをゲット。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「とみ丸」。

黒潮の影響が強い川津沖は、真冬でもマダイがねらえるのが強み。
水深は50〜80mとライトタックルでは深場の釣りだが、イワシの群れを追った大ダイとワラサが釣れるのもこれから。とくに、ワラサやイナダが釣れたらチャンス! と昔から言われているように、青物が釣れたら、マダイも釣れる、と思ってまず間違いない。
「シケの影響で水温も安定しないからマダイの食いもいまいちでしたが、ちょっとしたきっかけで爆釣するのもこの時期です。ぜひ、チャレンジしてもらいたいですね」とは、若船長の吉清紘生さん。詳しいリアルタイムの釣況は、若船長のブログでチェック!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル