MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

南房のイカ釣りがアツくなってきた。季節的に見ればヤリイカの本格シーズンといいたいところだが、南房には大型スルメイカがいぜん強い勢力を保っている。つまり、スルメが好調なのである。

perm_media 《画像ギャラリー》ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】の画像をチェック! navigate_next

気がつけばトップは70杯以上!

ほぼ一日スルメの日だったが、最後の最後で5杯掛け。大小まじりで群れも多そうな予感!

ポイントは乙浜〜白浜沖と広範囲。水深は140〜200mぐらいをねらった。

朝イチからスルメがすさまじい乗りを見せた。「7杯掛けもあったけど、ちゃんと巻けたからビックリ」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。

ヤリイカのアタリを取って乗せていく。

18㎝ツノには大型のヤリイカが乗ってきた。

「JOGパワーレバー」は直結の巻きアワセにも威力を発揮した。

ラストにヤリイカねらいに。今後はヤリイカの割合が増えそうだ。

朝方はサバが多く、ブランコは苦戦したが、お土産を取ろうと思ったらうれしいサバだ。いまのサバは味も最高なんだとか。

スルメはみな大型ばかり。

この大型ばかりの何と11杯掛け! 「スグに電動が止まっちゃって、ずっと手巻きで大変でした!」。

この日は朝イチにスルメイカ、後半にヤリイカをねらう作戦を立てた。スルメは朝から空振りなしの入れ乗り状態。しかも、みな型がデカイときているから、乗り応えは十分。「乗せ過ぎて」電動リールを止めてしまうこともしばしば。後半のヤリイカねらいでも、ヤリイカよりも先にスルメが乗ってきてしまうほどで、気がつけばトップは70杯以上!
前日の状況にもよるが、ヤリイカ、スルメイカと2タックル持参すれば、どんな状況にも対応可能だ。仕掛けは、18㎝直結、14㎝直結、11㎝直結&ブランコがあればいいだろう。スルメはサイズがいいので、ツノ数を増やす場合は14号程度の太めの幹糸にしたほうが無難だ。
今後も状況によるが、朝は大型スルメ、その後サバがいれば直結でヤリイカねらい、サバが消えたらブランコでヤリイカねらいというパターンになりそう。ヤリ、スルメとも多い南房はまさにイカパラダイス。乗りをたっぷり楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル