MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

南房のイカ釣りがアツくなってきた。季節的に見ればヤリイカの本格シーズンといいたいところだが、南房には大型スルメイカがいぜん強い勢力を保っている。つまり、スルメが好調なのである。

perm_media 《画像ギャラリー》ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】の画像をチェック! navigate_next

気がつけばトップは70杯以上!

ほぼ一日スルメの日だったが、最後の最後で5杯掛け。大小まじりで群れも多そうな予感!

ポイントは乙浜〜白浜沖と広範囲。水深は140〜200mぐらいをねらった。

朝イチからスルメがすさまじい乗りを見せた。「7杯掛けもあったけど、ちゃんと巻けたからビックリ」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。

ヤリイカのアタリを取って乗せていく。

18㎝ツノには大型のヤリイカが乗ってきた。

「JOGパワーレバー」は直結の巻きアワセにも威力を発揮した。

ラストにヤリイカねらいに。今後はヤリイカの割合が増えそうだ。

朝方はサバが多く、ブランコは苦戦したが、お土産を取ろうと思ったらうれしいサバだ。いまのサバは味も最高なんだとか。

スルメはみな大型ばかり。

この大型ばかりの何と11杯掛け! 「スグに電動が止まっちゃって、ずっと手巻きで大変でした!」。

この日は朝イチにスルメイカ、後半にヤリイカをねらう作戦を立てた。スルメは朝から空振りなしの入れ乗り状態。しかも、みな型がデカイときているから、乗り応えは十分。「乗せ過ぎて」電動リールを止めてしまうこともしばしば。後半のヤリイカねらいでも、ヤリイカよりも先にスルメが乗ってきてしまうほどで、気がつけばトップは70杯以上!
前日の状況にもよるが、ヤリイカ、スルメイカと2タックル持参すれば、どんな状況にも対応可能だ。仕掛けは、18㎝直結、14㎝直結、11㎝直結&ブランコがあればいいだろう。スルメはサイズがいいので、ツノ数を増やす場合は14号程度の太めの幹糸にしたほうが無難だ。
今後も状況によるが、朝は大型スルメ、その後サバがいれば直結でヤリイカねらい、サバが消えたらブランコでヤリイカねらいというパターンになりそう。ヤリ、スルメとも多い南房はまさにイカパラダイス。乗りをたっぷり楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
最新記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
餌木タコゲームをより深く、快適に楽しむための専用ロッド「ラグゼ オクトライズ フネタコ」極調子170/先調子178
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル