MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

南房のイカ釣りがアツくなってきた。季節的に見ればヤリイカの本格シーズンといいたいところだが、南房には大型スルメイカがいぜん強い勢力を保っている。つまり、スルメが好調なのである。

気がつけばトップは70杯以上!

ほぼ一日スルメの日だったが、最後の最後で5杯掛け。大小まじりで群れも多そうな予感!

ポイントは乙浜〜白浜沖と広範囲。水深は140〜200mぐらいをねらった。

朝イチからスルメがすさまじい乗りを見せた。「7杯掛けもあったけど、ちゃんと巻けたからビックリ」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。

ヤリイカのアタリを取って乗せていく。

18㎝ツノには大型のヤリイカが乗ってきた。

「JOGパワーレバー」は直結の巻きアワセにも威力を発揮した。

ラストにヤリイカねらいに。今後はヤリイカの割合が増えそうだ。

朝方はサバが多く、ブランコは苦戦したが、お土産を取ろうと思ったらうれしいサバだ。いまのサバは味も最高なんだとか。

スルメはみな大型ばかり。

この大型ばかりの何と11杯掛け! 「スグに電動が止まっちゃって、ずっと手巻きで大変でした!」。

この日は朝イチにスルメイカ、後半にヤリイカをねらう作戦を立てた。スルメは朝から空振りなしの入れ乗り状態。しかも、みな型がデカイときているから、乗り応えは十分。「乗せ過ぎて」電動リールを止めてしまうこともしばしば。後半のヤリイカねらいでも、ヤリイカよりも先にスルメが乗ってきてしまうほどで、気がつけばトップは70杯以上!
前日の状況にもよるが、ヤリイカ、スルメイカと2タックル持参すれば、どんな状況にも対応可能だ。仕掛けは、18㎝直結、14㎝直結、11㎝直結&ブランコがあればいいだろう。スルメはサイズがいいので、ツノ数を増やす場合は14号程度の太めの幹糸にしたほうが無難だ。
今後も状況によるが、朝は大型スルメ、その後サバがいれば直結でヤリイカねらい、サバが消えたらブランコでヤリイカねらいというパターンになりそう。ヤリ、スルメとも多い南房はまさにイカパラダイス。乗りをたっぷり楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読