MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】

波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】

マダイ爆釣! まさにこの言葉通りの派手な釣れっぷりが波崎大根でおこった。釣り方はひとつテンヤだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

平らな砂利場で根掛かりの心配もなく、しかも、向こうアワセ的な釣り方でよいので、誰でも簡単。まさに、マダイパラダイス

ダイワの早川友治さんもフィーバーを満喫した。

水深が浅いので、水面まで暴れまくるマダイ。

食べごろサイズのマダイ。脂がたっぷり乗っている。

群れに当たると次々に抜き上げられる良型マダイたち。

タイラバにもヒット!

夕マヅメ1時間足らずでオケのなかはいっぱいになった。

夕マヅメがゴールデンタイム。船は、シーアンカーを入れない、エンジン流し。ピンポイントでマダイを狙う。

ポイント直撃釣法のため、8号以上の重めでいい。

早川友治さんも数釣りを満喫。

このサイズがアベレージ。全員キャッチに成功! 今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

一人ヒットすれば、周りの人の竿が次々に曲がる。しかも、上がるマダイは1㎏以上。
「南下してきたマダイの群れは、越冬する砂利場のコウナゴを捕食しています。だから、コウナゴの行動パターンを知れば、釣り方も理解できますよ」とは、「信栄丸」の浮島和雄船長。
ここでは『アタリがあったら速攻アワセ』のひとつテンヤマダイのセオリーより、アタリがあったらじっくり食い込むまで待つ、が正解だ。
ポイントの水深は30m、平らな砂利場で根掛かりの心配もなく、しかも、向こうアワセ的な釣り方でよいので、誰でも簡単。まさに、マダイパラダイスがここにあった。
しかし、昨年から始まったコウナゴパターンフィーバーだが、データも少なく期間が短いのが残念なところ。新ポイントが見つかれば、今後もチャンスがあるという。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル