MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】

波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】

マダイ爆釣! まさにこの言葉通りの派手な釣れっぷりが波崎大根でおこった。釣り方はひとつテンヤだ。

perm_media 《画像ギャラリー》波崎沖はコウナゴパターンで爆釣テンヤマダイ!!【波崎沖大根】の画像をチェック! navigate_next

平らな砂利場で根掛かりの心配もなく、しかも、向こうアワセ的な釣り方でよいので、誰でも簡単。まさに、マダイパラダイス

ダイワの早川友治さんもフィーバーを満喫した。

水深が浅いので、水面まで暴れまくるマダイ。

食べごろサイズのマダイ。脂がたっぷり乗っている。

群れに当たると次々に抜き上げられる良型マダイたち。

タイラバにもヒット!

夕マヅメ1時間足らずでオケのなかはいっぱいになった。

夕マヅメがゴールデンタイム。船は、シーアンカーを入れない、エンジン流し。ピンポイントでマダイを狙う。

ポイント直撃釣法のため、8号以上の重めでいい。

早川友治さんも数釣りを満喫。

このサイズがアベレージ。全員キャッチに成功! 今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

一人ヒットすれば、周りの人の竿が次々に曲がる。しかも、上がるマダイは1㎏以上。
「南下してきたマダイの群れは、越冬する砂利場のコウナゴを捕食しています。だから、コウナゴの行動パターンを知れば、釣り方も理解できますよ」とは、「信栄丸」の浮島和雄船長。
ここでは『アタリがあったら速攻アワセ』のひとつテンヤマダイのセオリーより、アタリがあったらじっくり食い込むまで待つ、が正解だ。
ポイントの水深は30m、平らな砂利場で根掛かりの心配もなく、しかも、向こうアワセ的な釣り方でよいので、誰でも簡単。まさに、マダイパラダイスがここにあった。
しかし、昨年から始まったコウナゴパターンフィーバーだが、データも少なく期間が短いのが残念なところ。新ポイントが見つかれば、今後もチャンスがあるという。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル