MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

怒号が聞こえた。釣れ盛っているようだ。指示ダナは30〜50m。投入の合図と同時にメタルジグを落とすと、途中でガツガツアタってくる。たしかに「あくでえ」食いだ。

結果、トップは約50本。平均でも30〜40本を記録。約4時間の実釣としては上々の首尾だろう

爆釣モードを体感しよう!!

ポイントでは場所取りがあるため、明るいうちに港を出船する。船の接岸中に準備は万端にしておこう。

ルアーだけでなく、サバまたはサンマエサのエサ釣りでもタチウオは釣れる。食い渋り時はやはりエサ釣り有利か!?

手返しの早いジギングは、活性の高い冬のタチウオにはかなり有効だ。表層でヒットすることもしばしば。

指3本から4本サイズが多いが、どんな料理にしてもおいしい湾内のタチウオ。グルメ目的で釣行するアングラーも多い。

釣れてるときに釣れ!! 釣るなら今しかねぇ。

ルアーのカラーはさまざま。いろいろなものを試してみよう。

バンバン抜き上げて手返し速く釣ろう。

クーラーの中は短時間で埋まるほど釣れる。クーラーは50ℓ以上のものを用意したい。

フォール中にアタリをとるためのフックセッティングをしよう。

メタルジグは80〜100gが基本。カラーは年明けからの状況ではピンクや赤金系が人気だが、パープルやご当地色の黒もよい。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「幸松丸」。

このまま釣れ続くとどうなるのか?と心配になるほどの入れ食い状態。しかし、そううまくはいかない。食いは落ち着いたが、この日に関しては止まることはなかった。
結果、トップは約50本。平均でも30〜40本を記録した。約4時間の実釣としては上々の首尾だろう。
「食い方は日によって変わるから何とも言えないけど魚はいるよ。早く来たほうがいいね」
「幸松丸」では、平日一便、金土曜日は二便での出船を予定。いまが釣りどき、釣り遅れるなっ!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読