MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

怒号が聞こえた。釣れ盛っているようだ。指示ダナは30〜50m。投入の合図と同時にメタルジグを落とすと、途中でガツガツアタってくる。たしかに「あくでえ」食いだ。

perm_media 《画像ギャラリー》爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】の画像をチェック! navigate_next

結果、トップは約50本。平均でも30〜40本を記録。約4時間の実釣としては上々の首尾だろう

爆釣モードを体感しよう!!

ポイントでは場所取りがあるため、明るいうちに港を出船する。船の接岸中に準備は万端にしておこう。

ルアーだけでなく、サバまたはサンマエサのエサ釣りでもタチウオは釣れる。食い渋り時はやはりエサ釣り有利か!?

手返しの早いジギングは、活性の高い冬のタチウオにはかなり有効だ。表層でヒットすることもしばしば。

指3本から4本サイズが多いが、どんな料理にしてもおいしい湾内のタチウオ。グルメ目的で釣行するアングラーも多い。

釣れてるときに釣れ!! 釣るなら今しかねぇ。

ルアーのカラーはさまざま。いろいろなものを試してみよう。

バンバン抜き上げて手返し速く釣ろう。

クーラーの中は短時間で埋まるほど釣れる。クーラーは50ℓ以上のものを用意したい。

フォール中にアタリをとるためのフックセッティングをしよう。

メタルジグは80〜100gが基本。カラーは年明けからの状況ではピンクや赤金系が人気だが、パープルやご当地色の黒もよい。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「幸松丸」。

このまま釣れ続くとどうなるのか?と心配になるほどの入れ食い状態。しかし、そううまくはいかない。食いは落ち着いたが、この日に関しては止まることはなかった。
結果、トップは約50本。平均でも30〜40本を記録した。約4時間の実釣としては上々の首尾だろう。
「食い方は日によって変わるから何とも言えないけど魚はいるよ。早く来たほうがいいね」
「幸松丸」では、平日一便、金土曜日は二便での出船を予定。いまが釣りどき、釣り遅れるなっ!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル