MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。

お土産タップリ! 絶好調のオニカサゴは、この日もキロオーバーが連発し船中20匹オーバーだ!!

好調に釣れている御宿沖のオニカサゴ。この日は船中20匹以上の釣果。

1㎏オーバーの良型も連発した。おいしい魚なので、刺身や鍋、唐揚げなど色々な料理を楽しみたい。

風が強く、本命ポイントに入れなかったがそれでも良型連発! 

朝イチでフラッシャーサビキ、その後スルメイカ、オニカサゴとリレーで狙う。

良型入れ乗りで皆クーラー満タンに。

多点掛けが連発。ツノ数パーフェクトもあった。

スルメイカは入れ乗り状態!

オニカサゴとスルメイカに加え、脂の乗ったマサバも釣れて、おいしいお土産タップリのリレー釣りだ。

オニカサゴのまじりでメダイも。リレーのメニューは他にクロムツ、ヤリイカなど季節で変わる。

朝イチはフラッシャーでマサバ狙い。脂の乗った旬の寒サバが釣れ上がる。大アジやゴマサバもまじって、全部のハリに魚が付いてくる。マサバのお土産を十分に確保したところでスルメイカに切り替えた。こちらも落とした途端に竿先がズッシリ、まさに入れ乗り。開始から2時間ほどでクーラーはほぼ満杯になってしまった。
最後はじっくりとオニカサゴ狙い。そうそう数が出る魚ではないが、昨年末から御宿沖ではオニカサゴが絶好調の釣れっぷり。この日もキロオーバーが連発し船中20匹オーバー。
あいにく風が強くて本命場所に入れなかった。本命場所ならば、大型がもっと釣れただろう。しかし、これだけ釣れれば十分だ。
他のターゲットとしてはクロムツ、ヤリイカ、メダイと季節で変わるが、極上のマサバが釣れる2月は特にお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・猿島沖にアジが入ってきた。ここで釣れるアジは「金アジ」と呼ばれ、黄金色に輝いているのが特徴。栄養豊富な海域で育ったアジは体高があり、脂の乗りも申し分なし。釣り方も簡単!ビギナーにもオススメだ!
更新: 2019-05-23 07:00:00
鹿島沖では4月から緋色したメヌケが好調!メヌケ以外にもマダラやアカガレイ‥‥等、まさに満開のお花見気分!百花繚乱咲き乱れる釣りを楽しめる。海況が安定する今後は入門にも最適。メヌケ釣りは7月まで続くぞ。
更新: 2019-05-22 12:00:00
4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。日によってどちらによくアタるかひとつテンヤだけでなく、巻き物も用意しておこう!日によってどちらによくアタるかわかりませんから。
更新: 2019-05-22 07:00:00
初夏の陽気が増えてきた今、東京湾のシロギスが元気一杯だ。初めてやってもそこそこ数釣れるため、沖釣り入門にも最適なターゲットだ。その半面、極めようと思ったらどこまでも深く、マニアックな釣りでもある。
更新: 2019-05-21 07:00:00
イワシの泳がせ釣りには独特の魅力がある。何が食ってくるかわからない期待感。アタリがあってからハリ掛かりさせるまでの緊張感。フィッシュイーターの強烈な引き込み。館山湾ではライトタックルで楽しめる。
更新: 2019-05-20 12:00:00
最新記事
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
東京湾・猿島沖にアジが入ってきた。ここで釣れるアジは「金アジ」と呼ばれ、黄金色に輝いているのが特徴。栄養豊富な海域で育ったアジは体高があり、脂の乗りも申し分なし。釣り方も簡単!ビギナーにもオススメだ!
更新: 2019-05-23 07:00:00
鹿島沖では4月から緋色したメヌケが好調!メヌケ以外にもマダラやアカガレイ‥‥等、まさに満開のお花見気分!百花繚乱咲き乱れる釣りを楽しめる。海況が安定する今後は入門にも最適。メヌケ釣りは7月まで続くぞ。
更新: 2019-05-22 12:00:00
4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。日によってどちらによくアタるかひとつテンヤだけでなく、巻き物も用意しておこう!日によってどちらによくアタるかわかりませんから。
更新: 2019-05-22 07:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読