オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


お土産タップリ! 絶好調のオニカサゴは、この日もキロオーバーが連発し船中20匹オーバーだ!!

好調に釣れている御宿沖のオニカサゴ。この日は船中20匹以上の釣果。

1㎏オーバーの良型も連発した。おいしい魚なので、刺身や鍋、唐揚げなど色々な料理を楽しみたい。

風が強く、本命ポイントに入れなかったがそれでも良型連発! 

朝イチでフラッシャーサビキ、その後スルメイカ、オニカサゴとリレーで狙う。

良型入れ乗りで皆クーラー満タンに。

多点掛けが連発。ツノ数パーフェクトもあった。

スルメイカは入れ乗り状態!

オニカサゴとスルメイカに加え、脂の乗ったマサバも釣れて、おいしいお土産タップリのリレー釣りだ。

オニカサゴのまじりでメダイも。リレーのメニューは他にクロムツ、ヤリイカなど季節で変わる。

朝イチはフラッシャーでマサバ狙い。脂の乗った旬の寒サバが釣れ上がる。大アジやゴマサバもまじって、全部のハリに魚が付いてくる。マサバのお土産を十分に確保したところでスルメイカに切り替えた。こちらも落とした途端に竿先がズッシリ、まさに入れ乗り。開始から2時間ほどでクーラーはほぼ満杯になってしまった。
最後はじっくりとオニカサゴ狙い。そうそう数が出る魚ではないが、昨年末から御宿沖ではオニカサゴが絶好調の釣れっぷり。この日もキロオーバーが連発し船中20匹オーバー。
あいにく風が強くて本命場所に入れなかった。本命場所ならば、大型がもっと釣れただろう。しかし、これだけ釣れれば十分だ。
他のターゲットとしてはクロムツ、ヤリイカ、メダイと季節で変わるが、極上のマサバが釣れる2月は特にお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

「オニカサゴって、高級魚中の高級魚だよね。簡単には釣れないから高級魚なんで、だからこそ釣れた一匹に価値があるんだよね」そう語るのは、内房・船形港「真澄丸」の舵を握る髙橋忠船長だ。「真澄丸」は、周年オニカサゴを狙って出船している。


外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

外房・勝浦沖のスルメイカ&五目釣りを楽しもう!(勝丸)

朝方にフラッシャーサビキでサバ、アジを釣り、十分なお土産になったところでイカ釣りにチェンジするのは、勝浦地区ではお馴染みのリレー釣りだ。そしてイカ釣りに満足したら、根魚も狙える。クーラーには多彩なお土産が入るのがこの釣りの魅力だろう。


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

外房、御宿沖の「三本松」はマダイ、ヒラマサの好漁場。今期は特にヒラマサが好調で、御宿岩和田港の「太平丸」は伝統のカモシ釣りで狙い、4~5㎏級を中心に数多くのヒラマサが仕留められている。


連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

南房・白浜沖のスルメイカが今シーズンも好調だ。このエリアは水深150〜200m程度のゆるやかな根が広大に広がり、スルメイカの一大漁場となっている。群れが広範囲に出ることが多く、一度投入したら、何度も何度も繰り返し乗せることができる「流しっぱなし」の釣りが楽しめる。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読