MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。

perm_media 《画像ギャラリー》厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】の画像をチェック! navigate_next

勝浦の寒イサキは、味覚のほうも折り紙つきだ。刺身はもちろん、ナメロウ、つみれ、塩焼き、フライなど色々な料理で楽しめる

好調な勝浦沖のイサキ。多点掛け連発もある!

追い食いさせるのも楽しみ方の一つ。

ダブル、トリプル連発!

食べても美味しい寒イサキ。

多点掛けが連発すれば、制限匹数達成も難しくない。

細めの仕掛けがオススメ。ビシはプラビシFLサイズ60号、エサはイカタン。

取材当日は大寒波が襲来し、水温も14度台と低く、食い渋りが予想された。しかし、そんな心配をよそに開始直後から途切れることなく制限匹数の50匹を達成するほどの釣れっぷり。
水温が下がって群れが固まったようだ。竿や仕掛けにもよるが、この時期はゆっくりした誘いでいいだろう。
使用ビシはFLサイズのプラビシ60号にアミコマセを用いる。仕掛けは細めがよく、ハリスは1.5〜2号、ハリはチヌ2号前後の3本バリ。なぜなら、目の良いイサキに太仕掛では見切られてしまうからだ。
勝浦の寒イサキは、味覚のほうも折り紙つき。刺身はもちろん、ナメロウ、つみれ、塩焼き、ムニエル、フライなどいろいろな料理で楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル