MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。

釣果の方は、連日トップ3〜4枚とまずまずだ。型は500g級の小型も多いが、3〜4㎏の良型も出ているので油断がならない

落ちマダイのシーズン。寒さに負けずに釣行すると、意外!? にいい釣りができることもあるぞ。

落ちマダイと聞くと、なんとなく「食い渋り」をイメージするが、思わぬ数釣りに遭遇することもあるし、一発大物もある!

この日は1㎏以下ばかりだったが、3〜4㎏級も上がっている。油断禁物。

越冬マダイは脂の乗りがバツグン。とてもおいしい。

越冬場所を狙い打ちすれば、意外と数釣れることも多い。連日トップ3〜4枚。

ビシ80号を使用。タナ取りは底から2〜5mと幅がある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山芝崎港「福栄丸」。

極寒期、マダイも越冬状態。いわゆる落ちマダイのシーズンとなる。落ちマダイと聞くと、なんとなく「食い渋り」をイメージするが、なんのなんの。越冬場所を直撃すれば、思わぬ数釣りに遭遇することもあるし、一発大物!は乗っ込み期と並んで、意外やこの時期に釣られることが多いのだ。相模湾のマダイスポット葉山沖でもすでに「落ち」の態勢。釣果の方は、連日トップ3〜4枚とまずまず。型は500g級の小型も多いが、3〜4㎏の良型も出ているので油断がならない。
「落ちのシーズンに入ってからも今季はいい釣りができていますよ。澄んだ潮が入っちゃうと食い渋る時もありますけど、少し潮が濁った日なんかは数釣りする日も多いです」とは、ほぼ一年を通してマダイをねらい続ける葉山柴崎港「福栄丸」の矢嶋雄三船長だ。海底付近はエサ取りが多いが、それ以外はサバなどの邪魔が少なく、じっくりとマダイと対峙できるのもこの季節ならでは。軟調竿をギュギューン! と引き込むアタリはこの時期も健在だ。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読