沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


釣果の方は、連日トップ3〜4枚とまずまずだ。型は500g級の小型も多いが、3〜4㎏の良型も出ているので油断がならない

落ちマダイのシーズン。寒さに負けずに釣行すると、意外!? にいい釣りができることもあるぞ。

落ちマダイと聞くと、なんとなく「食い渋り」をイメージするが、思わぬ数釣りに遭遇することもあるし、一発大物もある!

この日は1㎏以下ばかりだったが、3〜4㎏級も上がっている。油断禁物。

越冬マダイは脂の乗りがバツグン。とてもおいしい。

越冬場所を狙い打ちすれば、意外と数釣れることも多い。連日トップ3〜4枚。

ビシ80号を使用。タナ取りは底から2〜5mと幅がある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山芝崎港「福栄丸」。

極寒期、マダイも越冬状態。いわゆる落ちマダイのシーズンとなる。落ちマダイと聞くと、なんとなく「食い渋り」をイメージするが、なんのなんの。越冬場所を直撃すれば、思わぬ数釣りに遭遇することもあるし、一発大物!は乗っ込み期と並んで、意外やこの時期に釣られることが多いのだ。相模湾のマダイスポット葉山沖でもすでに「落ち」の態勢。釣果の方は、連日トップ3〜4枚とまずまず。型は500g級の小型も多いが、3〜4㎏の良型も出ているので油断がならない。
「落ちのシーズンに入ってからも今季はいい釣りができていますよ。澄んだ潮が入っちゃうと食い渋る時もありますけど、少し潮が濁った日なんかは数釣りする日も多いです」とは、ほぼ一年を通してマダイをねらい続ける葉山柴崎港「福栄丸」の矢嶋雄三船長だ。海底付近はエサ取りが多いが、それ以外はサバなどの邪魔が少なく、じっくりとマダイと対峙できるのもこの季節ならでは。軟調竿をギュギューン! と引き込むアタリはこの時期も健在だ。

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マダイ 葉山沖 福栄丸

関連する投稿


キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

キロ前後のサイズが続出! 好釣果コマセマダイの仕掛け(兵助屋)

タックルは通常のコマセマダイ用でOK。竿はコマセマダイ用の2.7〜3.6m。置き竿派は3〜3.6m。手持ち派は2.7〜3mがいいだろう。リールは小型電動、または手巻きの中型両軸。道糸はPEラインの3〜4号。


手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

手軽に伝統釣法が楽しめる! 上総湊沖のシャクリマダイ(とう市丸)

天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


最新の投稿


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

その日の誘いのパターンを掴め! アマダイ仕掛け&誘い方(豊漁丸)

平塚「豊漁丸」では、9月からアマダイ乗合をスタートさせている。今シーズンも好調なスタートを切って、数釣れている。出船すれば連日のようにトップ5匹以上を記録して、いい日にはトップ2桁もある。


第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫 大会結果報告!

9月9日(日)におこなわれた「第11回波崎アカムツ祭りIN寒猫」の大会結果報告です。


サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

サイズGOODで重量感最高! ショウサイフグの仕掛け(第十八不動丸)

タックルは、外房や鹿島用のショウサイフグ竿、カワハギ竿、マルイカ竿などを使用する。長さは1.5~1.8mほど。アタリを取っていくので穂先感度がいいものがおすすめだ。リールは小型両軸リールにPE2号程度を巻いておく。仕掛けがからんだときにトラブルが少なくなるように、リーダーをつけておくと安心だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読