MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。

ヒットしてから取り込むまで激しく抵抗する引きが楽しいオニカサゴ。通常よりもライトなタックルで狙えるので、楽しさも倍増

40㎝級の良型。

オモリは80号だから、誘い続けるのも比較的ラク。

水深100m前後のポイントでは、2kgにせまるカンコが上がった。

一安心であります。

こちらも良型カンコ。

エサを持参していろいろ試すのもおもしろい。

潮具合によってはトップ5匹以上という日もある。

オモリ80号を背負える先調子気味の竿と小型電動リールの組み合わせがオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」。

軽いオモリを使用するので、一日中手持ちで誘っても疲労が少ない。魚が掛かると引きはダイレクトでやり取りが満喫できる。そんな特徴があるライトタックルの釣りを、ブームが始まる前から積極的に展開してきた先駆者的な存在の平塚港「庄三郎丸」。
その「庄三郎丸」では、冬場のターゲットとして人気の高いオニカサゴもライトタックルで狙っている。ヒットしてから取り込むまで激しく抵抗する引きが楽しいオニカサゴ。それが通常よりもライトなタックルで狙えるので、楽しさも倍増する。
さらに味の良さも抜群で、アフターフィッシングが楽しみで来る方が多いようだ。刺身、唐揚げ等も捨てがたいが、今年は冷え込む日が多く、寒〜い夜はあったか鍋が一番のオススメだ。
最後に皆さんご承知のように、オニカサゴのヒレには毒があるので、刺されないように十分注意しよう!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読