MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。

perm_media 《画像ギャラリー》釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

ヒットしてから取り込むまで激しく抵抗する引きが楽しいオニカサゴ。通常よりもライトなタックルで狙えるので、楽しさも倍増

40㎝級の良型。

オモリは80号だから、誘い続けるのも比較的ラク。

水深100m前後のポイントでは、2kgにせまるカンコが上がった。

一安心であります。

こちらも良型カンコ。

エサを持参していろいろ試すのもおもしろい。

潮具合によってはトップ5匹以上という日もある。

オモリ80号を背負える先調子気味の竿と小型電動リールの組み合わせがオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」。

軽いオモリを使用するので、一日中手持ちで誘っても疲労が少ない。魚が掛かると引きはダイレクトでやり取りが満喫できる。そんな特徴があるライトタックルの釣りを、ブームが始まる前から積極的に展開してきた先駆者的な存在の平塚港「庄三郎丸」。
その「庄三郎丸」では、冬場のターゲットとして人気の高いオニカサゴもライトタックルで狙っている。ヒットしてから取り込むまで激しく抵抗する引きが楽しいオニカサゴ。それが通常よりもライトなタックルで狙えるので、楽しさも倍増する。
さらに味の良さも抜群で、アフターフィッシングが楽しみで来る方が多いようだ。刺身、唐揚げ等も捨てがたいが、今年は冷え込む日が多く、寒〜い夜はあったか鍋が一番のオススメだ。
最後に皆さんご承知のように、オニカサゴのヒレには毒があるので、刺されないように十分注意しよう!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
黄金色に輝く魚体がトレードマーク!食べれば超絶品!東京湾のブランドアジが、型揃いで絶好調!LTで思う存分釣って、新年のスタートダッシュを決めよう!!
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
最新記事
黄金色に輝く魚体がトレードマーク!食べれば超絶品!東京湾のブランドアジが、型揃いで絶好調!LTで思う存分釣って、新年のスタートダッシュを決めよう!!
ヘッドに高比重タングステン採用のテンヤ「桜幻 鯛テンヤTG」
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル