銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!


清水港は春先の2~3月にクロダイが乗っ込んでくる。ウデに覚えのある黒ダイ師にはトロフィーサイズが狙える絶好のチャンス

清水港のクロダイのカカリ釣りが絶好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!

富士山を仰ぎ見る清水港。吹く風は死ぬほど冷たいが、クロダイファンの魂は熱い。

袖師(そでし)のポイントで蒲郡団子茅渟倶楽部(顧問)の近藤高樹さんが釣り上げた大型クロダイ。

清水港のカカリ釣りは「大名釣り」。和船にゴザが敷かれていて、練炭火鉢もレンタルできる。

刺しエサは大粒アミエビ、オキアミ、ボケ、生きエビなどいろいろ。

水港のカカリ釣りはオカラにサナギミンチや集魚材、砂などをミックスしたものを使用する。

大型は大粒アミエビの房掛けにきた。

ダンゴを握る回数で、ダンゴが割れるタイミングを調節する。

刺しエサをダンゴにやさしく包み込み、割れないようにそっと投入する。

この時期のクロダイのアタリは「小さいけれどカタイ」(近藤高樹さん)。一日に何回もないアタリを見逃さないように神経を穂先に集中させて掛ける。「来たぞー! この底力はクロダイに間違いない!」。

午後2時過ぎ、怒濤の入れ食いが始まった!

近藤髙樹さんは、短時間で中~大型を5枚仕留めた。いまが時合いと判断すると、年齢を感じさせないすさまじいまでの執念の釣りを見せてくれた。

周年クロダイのカカリ釣りが楽しめる静岡県清水港。親船が和船タイプの舟を港内のポイントまで曳航していき、釣り客が船長の合図でアンカーを降ろして釣るカカリ釣りだ。
オカラにサナギミンチや集魚剤、砂などをまぜたダンゴで刺しエサを包んで投入し、1.5m前後のクロダイのカカリ竿の穂先に出るアタリを取って掛けアワせて釣る、繊細かつスリリングな釣り。 
超ライトタックルで50㎝を超す年無し級のクロダイをねらうこの釣りに、厳寒期でも熱いファンが詰めかける。
清水港は春先の2~3月にクロダイが乗っ込んでくる。ビギナーには正直、この時期のクロダイのカカリ釣りは難しくすすめづらいが、ウデに覚えのある黒ダイ師にはトロフィーサイズが狙える絶好のチャンス!
昨年はよくなかったが、今年は調子がいいようだ。これからに期待できる。
カカリ釣りなので静かな釣りで、聞こえるのは富士山から吹きおろす風の音と、舟べりをたたく波の音だけ。静寂のなかで静かに魚と対話するこの釣りは、まさに大人の男の釣り。いま、型狙いの絶好期を迎えている清水港へ急げ!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】

夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】

上越・直江津沖の初夏の風物詩となっている夜ヒラメ釣り。以前は、集魚灯にあつまるアジを釣って、それを泳がせて乗っ込みの大ビラメを狙っていたが、数年前より、生きた小アジを地元釣具店で事前に購入。それを泳がせて、ヒラメを狙っている。


クロダイキャンディーの魅力にハマル!【横浜港内】

クロダイキャンディーの魅力にハマル!【横浜港内】

「大雪が降ったあと、しばらく低調だったんですけど、やっと水温が落ち着いてきましたね。今日はいい魚が出るといいですね」、近況を教えてくれたのは横浜新山下をベースにボートからの落とし込み釣りを展開している「舟黒」の池田暁彦船長。


さあ、何目(魚種)釣れる? 相模湾のLT五目【相模湾・平塚沖周辺】

さあ、何目(魚種)釣れる? 相模湾のLT五目【相模湾・平塚沖周辺】

ライトタックル&ウイリー仕掛けで、その季節に釣れるいろいろな魚を手軽に狙ってしまおう! というのが、この「庄治郎丸」の「ライト五目」だ。五目というだけあって、春はアジを主体に、マダイ、クロダイ、イシダイ、ハナダイ、サバなど、とにかくいろいろな魚が釣れるのがこの釣りの大きな魅力だ。


「クロダイ」の寿司…すし飯と混ざり合っても、旨味が浮き上がる

「クロダイ」の寿司…すし飯と混ざり合っても、旨味が浮き上がる

桜なのか、桃なのか、野にも山にも街にも、花咲き乱れ、とても美しい。街行く女性たちもみな、花が咲いたように実に美しい。こんなとき、参考文献と仕事に埋もれ、ひとりっきりで格闘しているのが寂しくてたまらない。ひとり深夜に飲む酒は、故郷の特別純米酒。魚は地味だけど、味わい深い春、乗っ込みのクロダイの酒塩焼き。


ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】

ジョイントキャンディーで楽しむクロダイゲーム【横浜沖】

独特な釣趣味でファンを惹きつける、クロダイの落とし込み釣り。横浜は新山下、「アイランドクルーズFC」のクロダイ部門「フネクロ」では、エサ釣りのほか「ジョイントキャンディー」を使った釣りを楽しませてくれる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読