銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!


清水港は春先の2~3月にクロダイが乗っ込んでくる。ウデに覚えのある黒ダイ師にはトロフィーサイズが狙える絶好のチャンス

清水港のクロダイのカカリ釣りが絶好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!

富士山を仰ぎ見る清水港。吹く風は死ぬほど冷たいが、クロダイファンの魂は熱い。

袖師(そでし)のポイントで蒲郡団子茅渟倶楽部(顧問)の近藤高樹さんが釣り上げた大型クロダイ。

清水港のカカリ釣りは「大名釣り」。和船にゴザが敷かれていて、練炭火鉢もレンタルできる。

刺しエサは大粒アミエビ、オキアミ、ボケ、生きエビなどいろいろ。

水港のカカリ釣りはオカラにサナギミンチや集魚材、砂などをミックスしたものを使用する。

大型は大粒アミエビの房掛けにきた。

ダンゴを握る回数で、ダンゴが割れるタイミングを調節する。

刺しエサをダンゴにやさしく包み込み、割れないようにそっと投入する。

この時期のクロダイのアタリは「小さいけれどカタイ」(近藤高樹さん)。一日に何回もないアタリを見逃さないように神経を穂先に集中させて掛ける。「来たぞー! この底力はクロダイに間違いない!」。

午後2時過ぎ、怒濤の入れ食いが始まった!

近藤髙樹さんは、短時間で中~大型を5枚仕留めた。いまが時合いと判断すると、年齢を感じさせないすさまじいまでの執念の釣りを見せてくれた。

周年クロダイのカカリ釣りが楽しめる静岡県清水港。親船が和船タイプの舟を港内のポイントまで曳航していき、釣り客が船長の合図でアンカーを降ろして釣るカカリ釣りだ。
オカラにサナギミンチや集魚剤、砂などをまぜたダンゴで刺しエサを包んで投入し、1.5m前後のクロダイのカカリ竿の穂先に出るアタリを取って掛けアワせて釣る、繊細かつスリリングな釣り。 
超ライトタックルで50㎝を超す年無し級のクロダイをねらうこの釣りに、厳寒期でも熱いファンが詰めかける。
清水港は春先の2~3月にクロダイが乗っ込んでくる。ビギナーには正直、この時期のクロダイのカカリ釣りは難しくすすめづらいが、ウデに覚えのある黒ダイ師にはトロフィーサイズが狙える絶好のチャンス!
昨年はよくなかったが、今年は調子がいいようだ。これからに期待できる。
カカリ釣りなので静かな釣りで、聞こえるのは富士山から吹きおろす風の音と、舟べりをたたく波の音だけ。静寂のなかで静かに魚と対話するこの釣りは、まさに大人の男の釣り。いま、型狙いの絶好期を迎えている清水港へ急げ!

以上の記事は「つり丸」2012年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


極上ターゲット・タイラバのヒットパターンを攻略(大宝丸)

極上ターゲット・タイラバのヒットパターンを攻略(大宝丸)

清水港内に流れ込む巴川河口から出船している「大宝丸」。長橋寿光船長は、駿河湾の沖釣りの究極の楽しさを追及している。


色々釣れる茅ヶ崎沖のマダイ五目! 多彩なゲストも(沖右ヱ門丸)

色々釣れる茅ヶ崎沖のマダイ五目! 多彩なゲストも(沖右ヱ門丸)

湘南のシンボル烏帽子岩。そのホンのちょっと沖では多彩なゲストを従えてマダイを狙うことができる。5月下旬現在良型マダイはちょっと休憩モード? といった感じだが、600g~1㎏サイズが釣れている。


夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】

夜ヒラメ開幕、マイワシ釣って泳がせれば確変突入【上越・直江津沖】

上越・直江津沖の初夏の風物詩となっている夜ヒラメ釣り。以前は、集魚灯にあつまるアジを釣って、それを泳がせて乗っ込みの大ビラメを狙っていたが、数年前より、生きた小アジを地元釣具店で事前に購入。それを泳がせて、ヒラメを狙っている。


クロダイキャンディーの魅力にハマル!【横浜港内】

クロダイキャンディーの魅力にハマル!【横浜港内】

「大雪が降ったあと、しばらく低調だったんですけど、やっと水温が落ち着いてきましたね。今日はいい魚が出るといいですね」、近況を教えてくれたのは横浜新山下をベースにボートからの落とし込み釣りを展開している「舟黒」の池田暁彦船長。


さあ、何目(魚種)釣れる? 相模湾のLT五目【相模湾・平塚沖周辺】

さあ、何目(魚種)釣れる? 相模湾のLT五目【相模湾・平塚沖周辺】

ライトタックル&ウイリー仕掛けで、その季節に釣れるいろいろな魚を手軽に狙ってしまおう! というのが、この「庄治郎丸」の「ライト五目」だ。五目というだけあって、春はアジを主体に、マダイ、クロダイ、イシダイ、ハナダイ、サバなど、とにかくいろいろな魚が釣れるのがこの釣りの大きな魅力だ。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読