銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!


清水港は春先の2~3月にクロダイが乗っ込んでくる。ウデに覚えのある黒ダイ師にはトロフィーサイズが狙える絶好のチャンス

清水港のクロダイのカカリ釣りが絶好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!

富士山を仰ぎ見る清水港。吹く風は死ぬほど冷たいが、クロダイファンの魂は熱い。

袖師(そでし)のポイントで蒲郡団子茅渟倶楽部(顧問)の近藤高樹さんが釣り上げた大型クロダイ。

清水港のカカリ釣りは「大名釣り」。和船にゴザが敷かれていて、練炭火鉢もレンタルできる。

刺しエサは大粒アミエビ、オキアミ、ボケ、生きエビなどいろいろ。

関連する投稿


浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

浅場でカカリ釣りの夜ヤリイカ開幕中【駿河湾・大瀬崎沖】

駿河湾奥の沼津沖周辺はヤリイカシーズンまっただなか。日中は大瀬沖、「魚磯丸」に乗船すると久料からは約15分ほどの水深150〜200mで良型ヤリイカが乗る。比較されるのが駿河湾中央部の石花海だが、サイズは引け劣らず大型で10杯も釣れば十分だ。


浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】

浅場の大型ヤリイカを狙え!【駿河湾大瀬崎沖&東伊豆沖初島周り】

昨年夏から秋、日本海は福井県越前沖や小浜沖、金沢沖で大ブレイクした夜イカゲーム。餌木やナマリスッテひとつでアカイカやブドウイカなどのケンサキイカをひとつテンヤマダイやタイラバなどのライトタックルで釣るというもの。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読