MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
お手軽にアコウダイ&キンメを深海釣り【相模湾・沖ノ瀬~城ヶ島沖】

お手軽にアコウダイ&キンメを深海釣り【相模湾・沖ノ瀬~城ヶ島沖】

深海釣りって「マニアックで敷居が高い」というイメージを持っている人はいませんか? はっきり言いますが、それは「誤解」です! 「道糸が進化したので、最近は案外手軽にできるんですよ」と話すのは、小坪港「太郎丸」の高橋良至船長。これが本当にビックリするほど手軽にできるんです! しかも、この釣りは釣れる魚がみんな美味しい! 

初心者大歓迎! クーラーひとつでOK!! これはビックリ。深海釣りって、こんなにも簡単でお手軽に楽しめるんです!

この日は朝方キンメが好調! 毎週来ているという常連さんはお見事5点掛け!

小型ながらアコウダイも浮上! 相模湾ではとても貴重だ。

朝から多点掛け連発!

水深500mから上がってきた。500mの海の底にこんな魚がいるっていうことにロマンを感じませんか? 深海にはそんな楽しみがある。

ポイントの水深は300~500m。リールにはPE6~8号を600m以上巻いておこう。オモリは250号だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「太郎丸」。

アコウやキンメを狙う相模湾の深海釣りは、他のエリアと比べオモリは軽くハリ数も少ないので、そのなかでもライトな部類といえる。それでも、やはり「敷居が高い」というイメージを持つ人は多い。
そんなイメージを見事に覆してくれるのが小坪港「太郎丸」の「アコウダイ五目」だ。
「一度やってみると分かるのですが、これが想像以上に簡単なんです。だから、より多くの人に、深海釣りがこんなにも手軽にできるんだってことを知ってもらいたいんです。ぜひクーラーボックスひとつで来てください」とは、小坪港「太郎丸」高橋良至船長。
「太郎丸」にはレンタルタックルが完備され、釣り方も高橋船長がとても丁寧に教えてくれる。深場釣りが初めてという人も、何の問題なく楽しめるはずだ。
表紙を見れば分かるように、深海釣り初挑戦の齋藤絵理チャンも見事にキンメをキャッチ! これは本当にビックリですぞ。まずはぜひチャレンジを!

リールは6~8号のPEラインが最低でも600m巻ける中型電動があれば楽しめる

東京タワーより深い海から魚のアタリが伝わってくる。自分の何百メートルも下の海底にいる魚に想像を膨らませるのが楽しい!

初めてこの釣りにチャレンジする人は、タックルは迷わずレンタルをおすすめする。クーラーボックスひとつで出掛けてみよう。
もし自分で用意するのであれば、「太郎丸」が狙う水深は300~500mなので、リールは6~8号のPEラインが最低でも600m巻ける中型電動があれば楽しめる。
仕掛けは、慣れた人なら10本以上使うが、初心者は6~8本。ハリ数が少ないほうが仕掛けの扱いは楽で、投入も取り込みもスムーズだ。もちろん、この数で十分に釣れる。
その他、用意できればベストなのが、予備のハリス。
「ハリに10号の枝スを70㎝ちょっと結んだものをある程度持って来れば、仕掛けは1組だけで済んでしまいます」と高橋船長。オマツリしたり枝スがパーマしたりしたときに、枝スだけ切って交換すればいいのだ。

投入は確実に! 取り込みは、とにかく慌てないこと

キンメは水深何百メートルもの海底から上がって来ても、水面でバレると潜って行ってしまう。取り込みは周りの人と協力してネットを使おう。

この釣りは、投入も仕掛けの巻き上げも、すべて船長の指示に従う。
この釣りで、最も重要なのが「仕掛けの投入」だ。投入は、ミヨシまたはトモの人から順番に行う。マグネット板の端を止めたガムテープよりトモ側に立ち、船長の合図と共にオモリを前方に軽く投げ入れる。仕掛けがすべて海に入ったところでリールのクラッチをフリーにする。
糸フケが出てオモリが着底したら、まずは一気に30mほど道糸を巻き取ってしまう。そして再びクラッチをフリーにし、再度オモリを着底させてから5~6m巻き上げてタナに合わせる。
水深が深いので、水深のさらに10%ぐらい余分に道糸が出る。このような手順を踏むことで、余分な糸フケを確実に取ることができ、タナボケを回避できるのだ。
巻き上げも船長の指示で行う。取り込みは、とにかく慌てないこと。上のイラストを参考に、ハリを一本ずつマグネット板に置いていく。魚があがってきたらそのまま船内へと入れてしまい、すべての仕掛けを回収したところでハリを魚から外す。
すべてハリを外し終えたらいったんオモリから仕掛けを海の中に降ろし、再び一本ずつハリをマグネット板につけていく。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読