MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは水深1000m 、10㎏オーバーのベニアコウ【南房・乙浜沖】

狙いは水深1000m 、10㎏オーバーのベニアコウ【南房・乙浜沖】

ベニアコウのポイントの水深はだいたい800mから1000m前後が中心。まさに「超深海釣り」。究極の深場釣りターゲットと言えるだろう。

これぞ深海釣りのロマン!! 水深1000mから浮上する紅色の大輪の花

水深1000mから一荷で上がってきた3.3㎏と3.7㎏のベニアコウ。1日1本とれれば御の字、ボウズも覚悟の釣りだけに、1投で2本ゲットできれば大満足だ。

ポイントの水深は1000m前後。投入からオモリ着底まで、10分以上かかる。さらに巻き上げには30〜40分かかる。

リールのカウンターは1000mを超えている。

水深1000mからでも、アタリは明確に伝わってくる。とはいえ、ウネリがあるときや糸がフケているとアタリを見逃しやすい。竿先に集中!

投入は1日4回だけ。ミスしないよう慌てずに行おう。

仕掛けはハリス24号15〜20本バリ。投入回数分、4セット用意しておく。

タコベイトは「効果あり」と船長。

深場釣りで、ポイントの深さをイメージするために「東京タワーの高さよりも深い」などと表現することがあるが、ベニアコウ釣りの場合は東京タワーどころではない。ベニアコウのポイントの水深は約1000m。スカイツリープラス東京タワー分の深さだ。
数ある沖釣りターゲットの中でも最深の、「超深海釣り」とでもいうべき釣り物だ。
1000m彼方のベニの棲みかを狙い、巧みに船を操り投入合図を出す。
オモリを着底させるだけでも優に10分、魚が掛かった状態の巻き上げには40分以上かかることもある。したがって、1日の投入は4回が限度。その4回で、必ずしも本命が釣れるとは限らない。ボウズ覚悟の釣りでもある。
しかし、1000m先の海底を想像し、そこからのアタリを捉え、魚を掛けたときの気分は格別だ。巻き上げを待つ数十分も、心おどる楽しい時間。
ベニアコウは、ときには10㎏を超えることもある大型魚。ボカン! と海面に浮かび上がるその姿は、まさに深海の紅い花のよう。一度この花を咲かせたら、ヤミツキになることまちがいなしだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読