MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは水深1000m 、10㎏オーバーのベニアコウ【南房・乙浜沖】

狙いは水深1000m 、10㎏オーバーのベニアコウ【南房・乙浜沖】

ベニアコウのポイントの水深はだいたい800mから1000m前後が中心。まさに「超深海釣り」。究極の深場釣りターゲットと言えるだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》狙いは水深1000m 、10㎏オーバーのベニアコウ【南房・乙浜沖】の画像をチェック! navigate_next

これぞ深海釣りのロマン!! 水深1000mから浮上する紅色の大輪の花

水深1000mから一荷で上がってきた3.3㎏と3.7㎏のベニアコウ。1日1本とれれば御の字、ボウズも覚悟の釣りだけに、1投で2本ゲットできれば大満足だ。

ポイントの水深は1000m前後。投入からオモリ着底まで、10分以上かかる。さらに巻き上げには30〜40分かかる。

リールのカウンターは1000mを超えている。

水深1000mからでも、アタリは明確に伝わってくる。とはいえ、ウネリがあるときや糸がフケているとアタリを見逃しやすい。竿先に集中!

投入は1日4回だけ。ミスしないよう慌てずに行おう。

仕掛けはハリス24号15〜20本バリ。投入回数分、4セット用意しておく。

タコベイトは「効果あり」と船長。

深場釣りで、ポイントの深さをイメージするために「東京タワーの高さよりも深い」などと表現することがあるが、ベニアコウ釣りの場合は東京タワーどころではない。ベニアコウのポイントの水深は約1000m。スカイツリープラス東京タワー分の深さだ。
数ある沖釣りターゲットの中でも最深の、「超深海釣り」とでもいうべき釣り物だ。
1000m彼方のベニの棲みかを狙い、巧みに船を操り投入合図を出す。
オモリを着底させるだけでも優に10分、魚が掛かった状態の巻き上げには40分以上かかることもある。したがって、1日の投入は4回が限度。その4回で、必ずしも本命が釣れるとは限らない。ボウズ覚悟の釣りでもある。
しかし、1000m先の海底を想像し、そこからのアタリを捉え、魚を掛けたときの気分は格別だ。巻き上げを待つ数十分も、心おどる楽しい時間。
ベニアコウは、ときには10㎏を超えることもある大型魚。ボカン! と海面に浮かび上がるその姿は、まさに深海の紅い花のよう。一度この花を咲かせたら、ヤミツキになることまちがいなしだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル