あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

テクニカル、そして美味なことで人気のショウサイフグ釣り。鹿島沖のフグはとくに良型ばかり釣れることで知られる。そこに、今期から突如サイドメニューが加わった。それはマダコだ。フグポイントでフグを釣りたい人はカットウ仕掛けでそれを。マダコがほしい人はタコ餌木を使って釣る。どちらを釣るかは釣り人の好み。


今期、各船宿はフグのみでなく〝フグ&タコ〟を看板にしている

会心のヒット!

渾身のヒット!

大型がタコ餌木に連発していた。マメな誘いが効果がある。

フグは繊細なアタリをとらえて掛けるアングラーが数を伸ばすことができる。冬のフグ釣りはテクニカルでおもしろい。

タコは石を抱いてあがってくることが多い。そのため巻き上げ時はかなり重い。

関連する投稿


「ショウサイフグ」の寿司…小才フグじゃない。大才フグだ!

「ショウサイフグ」の寿司…小才フグじゃない。大才フグだ!

都心のお庭が立派なホテルに数日泊まった。サザンカがキレイだった。優雅だなと思われそうだが、仕事がらみで楽しくもなんともない。ボクにはなかなか春はやって来ない。こんな寒々しい時はなんといってもフグを食べるに限る。特に、安くておいしいショウサイフグがいい。いただきものの超新鮮なものならもっといい。


味もピカイチ!  大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

さむーい冬には、体がぽかぽかになる料理、鍋はいかが! その代表魚と言えば、フグ。カワハギと同じくエサ取り名人のフグ。食わせで釣れなきゃ、引っかけろ!そこまでしても、この時期、釣って食べたい大原沖の絶品ショウサイフグ。さあ、みんなでぽかぽかになりましょう!!


大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

食べておいしいフグ。一度味わえば、その絶品さで幸せになること間違いなし。沖釣り師は、そんなフグをたくさん釣って食べることができる! この機会にぜひ、フグ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。


激うまブランドダコが良型主体に釣れてます【東京湾・竹岡沖】

激うまブランドダコが良型主体に釣れてます【東京湾・竹岡沖】

関東では、お正月料理にかかせないタコ。真っ赤にゆだったゆでダコを刺身にすると、その切り口は紅白で実におめでたい。年末になるとスーパーでは、ゆでダコや酢ダコが大量に売られているが、沖釣り師なら、自分で釣ってくるのがおすすめだ。絶品の味が楽しめる東京湾のブランドダコを!


この時期の東京湾のマダコは数も型も狙えるぞ!【東京湾】

この時期の東京湾のマダコは数も型も狙えるぞ!【東京湾】

東京湾のマダコといえば江戸前を代表する超高級食材。釣り方もまさに江戸前で、羽子板のような形の竹板に50号のオモリと2本の巨大なフック(カンナ)が付いたタコテンヤにエサのカニを巻きつける。これにナイロン26号の先糸を渋糸に結び付けて、一日中小突いて上下に誘う。いわゆる手釣りの粋な釣りだ。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読