MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。

冬の本命場所で、思い切り駆け引きに熱くなろう!

幅広く探り、食い気のある良型を誘い出したドクター近藤。

いよいよ観音崎沖水深80mのシーズンがやってきた。良型に期待できる冬場の好ポイントだ。

会心のヒットに思わず白い歯がこぼれる。

タナは海底から10mほどが多かったが、浮いた群れもあった。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「長谷川丸」。

東京湾のタチウオのベストシーズンはいつなのかもはやわからなくなるほど、近年では一年を通じて釣れ続いている。これはファンにとってはありがたい話だが、本来はこの時期が一年のうちでもっとも熱いシーズンとも言える。冬場の本命場所である観音崎沖水深80m前後のポイントは良型が多く、夏のシーズンとはまた異なった趣を持つのだ。
「良型が多いですね。サイズがいいのでエサを丸呑みすることも多く、ハリスを切られることもあります。モタレのようなアタリのときは呑んでいる可能性があるので、強めにアワせてハリを口まで出してやるといいですよ」とは、新安浦港「長谷川丸」の渡辺祥之船長。
この日、乗船したドクター近藤惣一郎は、通常のタックルでひとしきり良型を堪能した後、今後東京湾でのブレイクが期待されるタチウオテンヤにチェンジ。元々、大阪湾でこの釣りに親しんできただけあって早々にゲット。今後のタチウオシーンの可能性を感じさせてくれた。
「昨年は場所を変えながら3月以降も釣れていました。まだまだシーズンは長いですよ」

小型電動が便利、深場狙いのタックルで!

クターのタックルは「シーボーグ300MJ」と「アナリスタータチウオ」のコンビ。仕掛けは1本バリが基本。

エサはサバの切り身。しっかりていねいにまっすぐつけよう。

タックルは、水深80〜100mを想定したタックルを選びたい。現在、「長谷川丸」での使用オモリは100号。これに対応する全長1.8m前後、7対3から8対2調子のロッドに小型電動を組み合わせる。標準はPE3号以下で、最低200m巻いてあればいいだろう。PE2号以下の場合は80号程度のオモリでも対応できる。これから場所によっては150mほどの深場を狙う可能性もあるので、ラインのキャパだけは余裕を持っておこう。
仕掛けは片テンビン仕掛けにハリス6〜8号を2m前後、タチウオバリの1本バリ仕掛けが標準。チモトにパイプをつけてもいいだろう。
エサはきれいにカットされたサバエサが用意される。ハリがセンターラインにくるようにていねいに付けよう。これで釣果が変わってくる。

2つのアタリを判断して釣り分けよう

モタレのアタリは強めのアワセを。

水深がある程度深くなるとタチウオのタナは底周辺が多くなる。「海底から5m付近」とか「10mくらいまで反応が出ているよ」などとアナウンスがある。海底に仕掛けが着いたら、ハリス分巻き上げて、誘いを開始する。竿をシャクリ上げ、竿を下げながらリールを回転させて、つねに上へ上へと誘い上げていく。その誘いの幅とリールの巻き上げを調整してアタリが出るパターンをつかもう。
タナはある程度は指示通りでいいが、パターンをつかむまでは幅広く探ってみよう。この日も反応は底主体だったが、誘い続けて海底から20mほどのレンジでも食っていた。
ある程度まで誘ったらもう一度底に落とし、再度誘っていく。
●アタリのパターン①
「コツコツ」「モゾモゾ」やっているようなとき。夏場のタチウオに多いアタリで、エサをくわえているだけの状態でハリ掛かりしていない。誘っている手を止めずに誘い続けて、強い本アタリがあったらアワせてやる。
「誘っていって食わないときは、その場所で竿を上下に誘ってやると食うことがありますよ」
●アタリのパターン②
「ズーン」とかモタれるようなアタリがある。このアタリは今の時期に多いアタリだという。
「タチウオのサイズがいいので、こういったアタリのときは、すでにハリごとエサが口の中にあります。そのまま持ち上げれば掛かりますが、ハリス切れする可能性が高くなります。こんなアタリがあったときは、かなり強くアワセを入れて、ハリを口の中から出してやり、口周辺にハリを掛けてやります。これがうまくいくとハリス切れも少なくなります」
こんなアタリのときは、口の中からエラが外れてあがってくることが多いという。呑み込んでいたハリを引っ張りだしているためだ。
「このふたつのアタリを見分けるだけで釣果が変わってきますよ。タチウオのサイズが大きくなるので、ハリス切れも結構ありますから、仕掛けは多めに持参するといいですよ」
アタリがあってもハリ掛かりせず、それ以降アタリがなくなってしまった場合は、エサがない可能性が高い。すぐに回収してエサをチェックしよう。

ブレイク間近!? タチウオテンヤ

ダイワ「快適船タチウオテンヤSS」で良型をゲット。

大阪湾や大分などで高い実績を上げているタチウオテンヤだが、現在、関東でもブレイクの兆しを見せている。
「テンヤにイワシエサを付けてアタリが出るパターンを見つけます。アタリが出たらすかさずアワせる引っ掛け釣りですが、駆け引きが楽しい釣りですよ」とは、この釣りを古くから大阪湾で楽しんできたドクター近藤惣一郎さん。
アタリを出すための戦略などゲーム性の高さで大阪湾の人気ナンバーワンターゲットになっているテンヤのタチウオが東京湾でも楽しめるようになりそうだ。
「この釣りは大型に実績がありますから、この時期の良型には効きそうですね」
タックルは1.7m前後のやや硬めのタチウオロッドに小型電動を組み合わせる。ライトタックルなのも人気を集める理由の一つだろう。
仕掛けはリーダー1.5mにタチウオテンヤ40〜50号のみ。エサは冷凍のイワシだ。
電動リールを使った釣り方は、電動を低速に入れた状態で、ロッド操作で誘いを入れていくのが基本。アタリがあったらすかさずに大きなアワセを入れる。この掛けたときが興奮必至の瞬間だ。
電動リールのスピード、誘いの幅、強弱でアタるパターンを見つけていく。電動リールで探れるので、素早く広い範囲を誘っていけるのが強みだ。
「誘いは、上下の普通の誘いだけでなく、小刻みにシェイクを繰り返すなどの誘いも効果があります。また、落とし込みでもアタリが多く出ることがあります。これらを試して食うパターンを見つけると面白いように釣れることもあります。とてもアグレッシブな釣りで、関東でも楽しめるようになるといいですね」
現在でもルアーと同船して釣りができていることから、今後の展開次第では面白くなりそうだ。興味のある人は船長に相談してみよう。

以上の記事は「つり丸」2018年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・猿島沖にアジが入ってきた。ここで釣れるアジは「金アジ」と呼ばれ、黄金色に輝いているのが特徴。栄養豊富な海域で育ったアジは体高があり、脂の乗りも申し分なし。釣り方も簡単!ビギナーにもオススメだ!
更新: 2019-05-23 07:00:00
鹿島沖では4月から緋色したメヌケが好調!メヌケ以外にもマダラやアカガレイ‥‥等、まさに満開のお花見気分!百花繚乱咲き乱れる釣りを楽しめる。海況が安定する今後は入門にも最適。メヌケ釣りは7月まで続くぞ。
更新: 2019-05-22 12:00:00
4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。日によってどちらによくアタるかひとつテンヤだけでなく、巻き物も用意しておこう!日によってどちらによくアタるかわかりませんから。
更新: 2019-05-22 07:00:00
初夏の陽気が増えてきた今、東京湾のシロギスが元気一杯だ。初めてやってもそこそこ数釣れるため、沖釣り入門にも最適なターゲットだ。その半面、極めようと思ったらどこまでも深く、マニアックな釣りでもある。
更新: 2019-05-21 07:00:00
イワシの泳がせ釣りには独特の魅力がある。何が食ってくるかわからない期待感。アタリがあってからハリ掛かりさせるまでの緊張感。フィッシュイーターの強烈な引き込み。館山湾ではライトタックルで楽しめる。
更新: 2019-05-20 12:00:00
最新記事
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
東京湾・猿島沖にアジが入ってきた。ここで釣れるアジは「金アジ」と呼ばれ、黄金色に輝いているのが特徴。栄養豊富な海域で育ったアジは体高があり、脂の乗りも申し分なし。釣り方も簡単!ビギナーにもオススメだ!
更新: 2019-05-23 07:00:00
鹿島沖では4月から緋色したメヌケが好調!メヌケ以外にもマダラやアカガレイ‥‥等、まさに満開のお花見気分!百花繚乱咲き乱れる釣りを楽しめる。海況が安定する今後は入門にも最適。メヌケ釣りは7月まで続くぞ。
更新: 2019-05-22 12:00:00
4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。日によってどちらによくアタるかひとつテンヤだけでなく、巻き物も用意しておこう!日によってどちらによくアタるかわかりませんから。
更新: 2019-05-22 07:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読