MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

大物釣りの季節です! 真夏の伊豆は大物釣りのチャンス。巨大ヒラマサの他にも、五目釣りもオススメ。この機を逃すな!!

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。巨大ヒラマサがアツい!

ロウソクチビキでヒラマサキャッチ。ハリス40号を一瞬で切っていく大物もいた。

ルアーアングラーはトップゲームに挑戦。ヒラマサ、キハダよ来い!

水深140m、ボトムで大物がヒット! ファイト中!! さあ、巻け巻け。負けるな!!

巨大なヒラマサはネットに収まらず、ギャフで船上に取り込んだ。こんなヒラマサがどれだけこの周辺の海域に潜むのか……。さすが秘境イナンバ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「寿美礼丸」。

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは、伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。ここでは、巨大ヒラマサがフィーバー中だ。
「ベタ凪ぎの太平洋は、大物釣りの季節の到来をいっそう盛り上げてくれますね。イナンバはキハダの回遊で有名ですが、泳がせ釣りをすれば、なにがヒットするか分かりません。カンパチもヒラマサもとにかくデカイんですよ」と、銭洲遠征を得意とする神津島「寿美礼丸」の石野田祐一船長。
その話のとおり、イナンバ島周辺の五目釣りで釣れたムロアジとロウソクチビキを泳がすとほぼ100%ヒット! ラインブレイクもあり全員ヒットには至らなかったが、20㎏近いヒラマサがご覧のとおり。
このイナンバはもちろん、銭洲、神津島周りも泳がせ釣りハイシーズンを迎えている。この夏は泳がせ大物釣りでストレス発散。気分爽快になろう!

五目で釣れる魚も、みんなデカイぞ!

ウメイロ。

メダイ。

シマアジ。

メジナ。

シイラ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾・清水沖で激うまレア魚がよりどりみどり!贅沢五目釣りが絶好調!大アラを想定してハリスは12号以上で狙う!
まるで秋のような状況!?日立久慈港「直重丸」ではアタリ多くゲスト多彩!食べ頃サイズから大型もヒット!テンヤマダイを楽しむなら日立沖がおもしろい!!
新潟 中越エリアでは、佐渡島沖の激旨オキメバル狙いに出船。間瀬港「光海丸」では、看板メニューの沖五目にも出船!大型マゾイ&アラがメイン!特にマゾイはタヌキメバルとも言われ、良型は幻級の高級魚だ!
銭洲解禁!初日、竿入れと同時に、小型のカンパチがジギングでヒット連発!ルアーマンは全員がカンパチキャッチを達成。エサ釣り師もマダイ、イサキ、ウメイロなどなど、銭洲ならではの賑やかな釣果となった。
春の乗っ込みシーズン到来!鹿島新港「第五悌栄丸」では近年、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻きモノ系で攻める釣り人が多く、実際、それで釣れていると若船長・久保聡志さん!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読