MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

大物釣りの季節です! 真夏の伊豆は大物釣りのチャンス。巨大ヒラマサの他にも、五目釣りもオススメ。この機を逃すな!!

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。巨大ヒラマサがアツい!

ロウソクチビキでヒラマサキャッチ。ハリス40号を一瞬で切っていく大物もいた。

ルアーアングラーはトップゲームに挑戦。ヒラマサ、キハダよ来い!

水深140m、ボトムで大物がヒット! ファイト中!! さあ、巻け巻け。負けるな!!

巨大なヒラマサはネットに収まらず、ギャフで船上に取り込んだ。こんなヒラマサがどれだけこの周辺の海域に潜むのか……。さすが秘境イナンバ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「寿美礼丸」。

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは、伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。ここでは、巨大ヒラマサがフィーバー中だ。
「ベタ凪ぎの太平洋は、大物釣りの季節の到来をいっそう盛り上げてくれますね。イナンバはキハダの回遊で有名ですが、泳がせ釣りをすれば、なにがヒットするか分かりません。カンパチもヒラマサもとにかくデカイんですよ」と、銭洲遠征を得意とする神津島「寿美礼丸」の石野田祐一船長。
その話のとおり、イナンバ島周辺の五目釣りで釣れたムロアジとロウソクチビキを泳がすとほぼ100%ヒット! ラインブレイクもあり全員ヒットには至らなかったが、20㎏近いヒラマサがご覧のとおり。
このイナンバはもちろん、銭洲、神津島周りも泳がせ釣りハイシーズンを迎えている。この夏は泳がせ大物釣りでストレス発散。気分爽快になろう!

五目で釣れる魚も、みんなデカイぞ!

ウメイロ。

メダイ。

シマアジ。

メジナ。

シイラ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
コマセ船に同乗して楽しむジギングゲームは、手軽にカツオやキメジを楽しめるのが魅力。パームス石井修二さんのカツオ用タックル&ヒットジグも紹介!
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
最新記事
超大人気!東京湾のテンヤタチウオ。川崎「つり幸」では120㎝オーバー船中10本以上の日もあり、今シーズンの最大は141㎝!取材日も指6本、指7本などドラゴンが乱舞!おもしろくないわけがない!
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読