MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

大物釣りの季節です! 真夏の伊豆は大物釣りのチャンス。巨大ヒラマサの他にも、五目釣りもオススメ。この機を逃すな!!

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。巨大ヒラマサがアツい!

ロウソクチビキでヒラマサキャッチ。ハリス40号を一瞬で切っていく大物もいた。

ルアーアングラーはトップゲームに挑戦。ヒラマサ、キハダよ来い!

水深140m、ボトムで大物がヒット! ファイト中!! さあ、巻け巻け。負けるな!!

巨大なヒラマサはネットに収まらず、ギャフで船上に取り込んだ。こんなヒラマサがどれだけこの周辺の海域に潜むのか……。さすが秘境イナンバ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「寿美礼丸」。

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは、伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。ここでは、巨大ヒラマサがフィーバー中だ。
「ベタ凪ぎの太平洋は、大物釣りの季節の到来をいっそう盛り上げてくれますね。イナンバはキハダの回遊で有名ですが、泳がせ釣りをすれば、なにがヒットするか分かりません。カンパチもヒラマサもとにかくデカイんですよ」と、銭洲遠征を得意とする神津島「寿美礼丸」の石野田祐一船長。
その話のとおり、イナンバ島周辺の五目釣りで釣れたムロアジとロウソクチビキを泳がすとほぼ100%ヒット! ラインブレイクもあり全員ヒットには至らなかったが、20㎏近いヒラマサがご覧のとおり。
このイナンバはもちろん、銭洲、神津島周りも泳がせ釣りハイシーズンを迎えている。この夏は泳がせ大物釣りでストレス発散。気分爽快になろう!

五目で釣れる魚も、みんなデカイぞ!

ウメイロ。

メダイ。

シマアジ。

メジナ。

シイラ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
深海の巨大魚、アブラボウズは100㎏も現実的なモンスター。近年のスロー系ジギングの盛り上がりとともに、ルアーマンの攻略法も進化。一般アングラーでも十分に挑戦できるターゲットになった。
駿河湾・沼津沖の夜タチウオが絶好調!静岡・沼津静浦港「幸松丸」ではトップ30本前後、日によっては70本という釣果を記録!1㎏オーバーのドラゴンサイズもヒットするなど、こちらも大きな魅力!
相模湾のホウボウゲームが開幕。相模湾の冬の釣り物として定着したこの釣り。平日でも2隻出船するほどの人気を誇る。釣り方は、ジギングまたはエサ釣りだが、ここでは人気ゲームのジギングを特に詳しく解説する。
ターゲット不足に悩まされていた常磐・鹿島沖のルアー船。鹿島「幸栄丸」では大洗沖の水深20〜30mのタチウオに照準を合わせると、なんとタチウオが大爆釣。前例のないフィーバーに今後も期待だ!
最新記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
素早いフォールとスライドアクションを両立するリアバランスロングジグ「RBナガマサ」
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読