MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

真夏の伊豆遠征、ヒラマサラッシュに沸く!【イナンバ】

大物釣りの季節です! 真夏の伊豆は大物釣りのチャンス。巨大ヒラマサの他にも、五目釣りもオススメ。この機を逃すな!!

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。巨大ヒラマサがアツい!

ロウソクチビキでヒラマサキャッチ。ハリス40号を一瞬で切っていく大物もいた。

ルアーアングラーはトップゲームに挑戦。ヒラマサ、キハダよ来い!

水深140m、ボトムで大物がヒット! ファイト中!! さあ、巻け巻け。負けるな!!

巨大なヒラマサはネットに収まらず、ギャフで船上に取り込んだ。こんなヒラマサがどれだけこの周辺の海域に潜むのか……。さすが秘境イナンバ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「寿美礼丸」。

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ100㎞に突出するイナンバは、伊豆諸島周辺の最高峰の釣り場。ここでは、巨大ヒラマサがフィーバー中だ。
「ベタ凪ぎの太平洋は、大物釣りの季節の到来をいっそう盛り上げてくれますね。イナンバはキハダの回遊で有名ですが、泳がせ釣りをすれば、なにがヒットするか分かりません。カンパチもヒラマサもとにかくデカイんですよ」と、銭洲遠征を得意とする神津島「寿美礼丸」の石野田祐一船長。
その話のとおり、イナンバ島周辺の五目釣りで釣れたムロアジとロウソクチビキを泳がすとほぼ100%ヒット! ラインブレイクもあり全員ヒットには至らなかったが、20㎏近いヒラマサがご覧のとおり。
このイナンバはもちろん、銭洲、神津島周りも泳がせ釣りハイシーズンを迎えている。この夏は泳がせ大物釣りでストレス発散。気分爽快になろう!

五目で釣れる魚も、みんなデカイぞ!

ウメイロ。

メダイ。

シマアジ。

メジナ。

シイラ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチゲーム!ジギング&サーベルテンヤで次々とヒット!アベレージは指3本ながら、連続ヒットや2本バリ仕掛けダブルなど、絶好調!エサ釣りは、トップも2番手も40本以上!
最新記事
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読