MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシ群がいれば大型&良型のヒラメ数釣りが期待【外房・大原沖】

イワシ群がいれば大型&良型のヒラメ数釣りが期待【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは10月の解禁からまずまずの好調が続いているが、12月に入ると大原沖周辺にイワシの群れが見られるようになり、サイズのいいヒラメのヒットが目立っている。

これから早春にかけては、イワシの群れについた良型のヒラメが期待できる

タナ取り直後にアタった会心の1枚!

「富久丸」ではLT(ライトタックル)で狙うのもOK! 引き味が楽しい!!

当日は渋かったが、嬉しい1枚を手にした!

LTだから少年アングラーも楽々巻き上げる!

流し替えの直後にアタった1枚!

最後の取り込みは、釣り人が竿を操作してヒラメをタモに誘導しよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「富久丸」。

昨年の12月に入ると外房・大原沖にイワシの群れがやってきた。それにともなってサイズのいいヒラメの釣果が上向いてきた。
「今(12月後半)は釣り場が港からすぐです。その日によりますが、イワシがいるときにはサイズのいいヒラメが上がります」とは大原港「富久丸」の滝口健太船長。
取材当日は残念ながら底荒れとイワシの反応が薄いことが原因なのか、食いが渋い状況だった。それでも取材後には良型ビラメ主体の釣果を記録する日がしばしばあった。
これから早春にかけての時期は、イワシの群れについた良型ビラメが期待できる。イワシをたくさん食べているので釣れるヒラメは肉厚。そして食味も秋に比べてさらにアップしているはずだ!
肉厚良型ビラメの連発も期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!!

ノーマルタックルとライトタックルで狙える。ライトタックルでは道糸と仕掛けの幹糸を直結する

「富久丸」で用意している仕掛け。LT用も準備!

前述したように「富久丸」ではライトタックルで狙うことも可能だ。ライトタックルの利点はタックルが軽く、手持ちでも疲れないこと。またアタリがよくわかり、アワセのタイミングを見極めやすいことなど。準備できるなら、ぜひライトタックルで挑戦してみよう。
ライトタックルの場合、竿は40〜60号のオモリに対応したライトヒラメ用、または5対5〜7対3調子のライト用など。長さは2m前後がいいだろう。
リールは手巻きの小型両軸リール、または小型電動。道糸はPEラインの2号以下を200m以上巻いておこう。
ノーマルタックルの場合、竿はヒラメ用、またはオモリ80号に対応した5対5〜6対4調子。長さは2.4〜3.3mぐらいがオススメ。
リールは手巻きの中小型両軸、または小型電動。道糸はPEラインの3〜4号を200m以上巻いておく。
仕掛けは上のイラストのとおり。
ライトタックルの場合は、オモリが軽く、仕掛け全体に負担がかからない。そのためハリスや幹糸をノーマルタックルよりもワンランク細くしてもOKだ。ハリスは5〜6号、幹糸は5〜8号ぐらい。
そしてライトタックルの場合、PEラインの道糸と仕掛けの幹糸は直結にしたほうがいい。道糸と幹糸の間にサルカンを介するよりも強度が出て、また感度もよくなるからだ。とくにPE1号以下の細い道糸を使う場合は直結にすること。
親バリは角セイゴ、ヒラメ用、チヌ、イセアマなど。孫バリはトリプルのほか、チヌ、イセアマ、ヒラメ用など。「富久丸」で用意している仕掛けは、親バリが角セイゴ18号、孫バリはトリプル8号が使われている。
オモリはライトタックルの場合、40〜60号ぐらい。取材当日はあまり船が流されず、オモリ40号で一日釣りができた、しかし、風が強かったり、潮が速く、道糸が斜めに海中に入るときは60号、またはそれ以上の号数を使って調整すること。
ノーマルタックルの場合、オモリは80号を使う。

横流しのときに風上側の舷と 風下側の舷で注意すること!

イワシが接岸するこの時期の大原沖では、多くの船が横流しでポイントを探る。
横流しは船体の横から風を受けて流していく。両舷に釣り人がいる場合は、流し替えるたびに船の向きを変えるので、誰でもチャンスが均等にあるのだ。
船がどんどん流される状況では、風上側の舷の釣り人は、道糸が自分の前方に向かって海中に入っていく。一方、風下側では道糸が船ベリに向かって入る。このときオモリが着底してそのままにしていると、仕掛けが浮き上がってしまう。そのため道糸をリールから出してオモリを海底付近にキープしてアタリを待つ。
ところが風下側で糸をどんどん出すと、反対舷の釣り人とオマツリしやすくなる。この場合、ある程度まで糸を出したら、仕掛けを入れなおすようにしよう。
風上側ではどんどん糸を出してもオマツリの心配はない。しかし、風下側の釣り人の仕掛けよりも、新しいポイントに入るのが遅い。糸を出しすぎると、さらに新しいポイントに仕掛けが入るのが遅くなるので注意しよう。

潮流しで狙う場合のタナについて

状況次第では潮流しで狙うこともある。このときはエサのイワシが海底付近を泳ぐようなタナでアタリを待つのが基本。
根掛かりしない場所では、横流しのときと同じようにオモリを海底付近にキープするのもいいが、潮が澄んでいるときはちょっとタナを高くしてみるのもいいだろう。ヒラメがエサを見つけやすく、高いタナだと大型がヒットしやすいという。
根掛かりしやすい場所では、海底から50㎝〜1mオモリを上げた位置でアタリを待つようにしよう。

以上の記事は「つり丸」2018年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読