MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
2大本命はキンメとクロムツ、相模湾の中深場五目!!【相模湾】

2大本命はキンメとクロムツ、相模湾の中深場五目!!【相模湾】

こうも毎日寒くては毎朝布団を出るのが本当につらい。しかし好きな釣りとなると勝手に目が覚めるから不思議だ。しかも、今回お邪魔した「浅八丸」が宿を構える平塚港は、東名高速と圏央道を利用すれば多摩地区の筆者の自宅からだと1時間もかからない。7時出船だから、5時前後に家を出れば間に合うので、非常に楽に布団を出られた。

perm_media 《画像ギャラリー》2大本命はキンメとクロムツ、相模湾の中深場五目!!【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

シーズン最盛期に向けてキンメダイとクロムツの二大本命が安定して主役の座に出ることは必至

クロムツはとても美味しい魚だ!

キンメとシロムツの一荷もある!

こちらはルアーにヒット! 「浅八丸」ではルアー(ジギング)で狙うことも可能。

この釣りはいろいろな魚種が釣れるが、なかでも大本命となるのがキンメダイだ!

潮次第ではキンメもクロムツも数釣りが楽しめる!

これはウケグチメバル。

ポイントは岸からそう遠くはない!

ライトなタックルで狙うので、竿を手持ちで誘うことも可能。

仕掛けのハリ数は5〜8本。

エサはサバの切り身。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「浅八丸」。

冬将軍がいよいよ本領を発揮し、朝晩の寒さが身にこたえる。そんな寒さを吹き飛ばす熱いスタートを切った冬の人気ターゲットがある。キンメダイとクロムツという「超」のつく高級魚が本命ターゲットの中深場五目船が平塚港「浅八丸」でスタートした。しかもこれらの高級魚をライトなタックルで狙ってしまおうというのだ!
「浅八丸」の石井信幸船長に話を聞いてみたところ、「開幕早々に水深230〜280mの底付近は濁りも入り、例年よりもいいスタートダッシュだよ。その日によって主役が代わるけど、キンメダイ、クロムツとお土産には困らない状況。これから2〜3月に向けてもっと濁りが入ってくれば、今シーズンはかなり期待できるんじゃないかな」とのこと。
釣行前日はクロムツ、そして前々日はキンメダイに船内が沸いたそうだ。果たして釣行当日は?
当日は石井船長の話のとおりで、ローテーションに主役が代わりシロムツ優勢。とくに中盤以降はシロムツラッシュに沸いた。それでも、朝イチにはきちんとクロムツやキンメダイも顔を出し、好調なスタートは確認できた。
これからシーズン最盛期に向けてキンメダイとクロムツの二大本命が安定して主役の座に出ることは必至。今シーズンはかなり期待できそうだ!

以上の記事は「つり丸」2018年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル