MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
本命アオリもイイけど大型モンゴウが爆乗り中だ!!【内房・金谷沖】

本命アオリもイイけど大型モンゴウが爆乗り中だ!!【内房・金谷沖】

金谷沖は周年多くのイカが集まる場所。そこで40年以上の長い間に渡って遊漁でアオリイカを釣らせている船宿が「さえむ丸」だ。そして、金谷沖にはアオリ以外にも魅力溢れるイカがいる、それが2㎏オーバーにもなるモンゴウイカ。特に冬場はその好期、年の瀬の12月22日、ジャンボモンゴウを狙いに金谷へと車を走らせた。

perm_media 《画像ギャラリー》本命アオリもイイけど大型モンゴウが爆乗り中だ!!【内房・金谷沖】の画像をチェック! navigate_next

大型モンゴウイカ、本命アオリイカを凌駕する程の釣れっぷり。2㎏級の大型まじりで連日トップは10杯以上と当り年の様相

体調40㎝、2㎏のビッグモンゴウ。乗せた感触、引き味、そして食味、どれもスバラシイ!

デカすぎてバケツに納まらない…。

大型のモンゴウを乗せると、竿ごと持って行かれるような強烈な釣り味が楽しめる。

もちろん本命はアオリイカ。これからは3㎏級も狙える大型シーズン。

餌木はピンク、オレンジの基本を押さえたうえで、各色用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

金谷名物、大型モンゴウイカが好シーズンを迎えた。「さえむ丸」の餌木イカ乗合では、本命のアオリイカを凌駕するほどの釣れっぷりだ。2㎏級の大型まじりで連日トップは10杯以上と当り年の様相を見せている。
大型が乗った時の衝撃は強烈、反動で竿が海に引っ張り込まれそうになるほどだ。ハリスを手にしてもグイグイ引っ張るので、身切れに注意して大事にタモですくおう。取材日はトップで11杯、翌日からも10杯、15杯と好調が続いている。
金谷のモンゴウイカは和名カミナリイカ。スーパーで売っているモンゴウ(ヨーロッパコウイカ)とは違って身は旨味が強く、寿司店や天ぷら専門店で使われる高値のイカだ。
年明けから春先にかけては、モンゴウが最も大きくなる時期。2㎏級が竿を引き絞ってくれる。「さえむ丸」の看板、アオリイカは水温が上がる春先からが大型のシーズン、こちらも3㎏超えのビッグワンが狙える。金谷沖のイカはこれからが面白い。

以上の記事は「つり丸」2018年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル