MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ナイトゲームでドラゴンゲット! タチウオ好調!【沼津沖】

ナイトゲームでドラゴンゲット! タチウオ好調!【沼津沖】

「ここのところ、特別デカイのは出ないけど、細いのも少ないし、1ヵ月くらいずっと楽しめているよ。指3本クラスが中心で4本くらいがまじるって感じかな」とは、静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長の言葉だ。

エサ釣りでは50本、60本の日もあり、釣果に上下のあるルアーでも、エサ釣りと同等の釣果を記録する日も少なくなかった

誘って、誘って、掛ける! ジギングはテクニカルな楽しみが大きい。

「幸松丸」は広々とした釣り座でエサとルアーと同船で楽しめる。

上げて見せてフォールで食わせる! ジギングではスロー系の釣りが効果的だった。

ナイトゲームでは比較的浅いタナがヒットレンジになることが多い。タチウオのトルクフルな引きは昼も夜も変わらない。

当日の最大クラス! 指5本弱といったところだろうか?数も45本を釣って大満足!?

魚影の濃いポイントでは遊漁船が集結した。

好調だったシマノ製ジグ。前後にシングルフック2本をセットした、スロー系のセッティングが中心だった。

メタルジグは100g前後のものがメイン、最大で150g程度で十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「幸松丸」。

沼津沖のタチウオ、今年の後半戦は11月から昇り調子となり、比較的安定した釣果が記録されてきたのが特徴だ。エサ釣りでは50本、60本の日もあり、釣果に上下のあるルアーでも、エサ釣りと同等の釣果を記録する日も少なくなかった。
好調の様子伺いに同船取材をお願いした。17時出船の早夜船。千本沖からスタートした、最初の指示ダナは60〜70mとやや深め。タチウオの活性は上々だった。
ポイントによってサイズはバラついたが、指4本クラスも多くまじり、とくにエサ釣りは好調。最終的にはトップ45本をマーク。ルアーはフォールを多用したスロー系アクションが効果を発揮。狭いレンジでアピールする、テクニカルな釣りが楽しめた。
「例年、年明けしばらくは大型が出る時期。気合をいれてDG(ドラゴンゲット)キャップを手に入れてよ!」
と松坂船長。
キャップをもらえるラインは1.2㎏と高めのハードル設定だが、年明け直後なら可能性は大! 早めの釣行をおすすめする!

以上の記事は「つり丸」2018年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
コマセ船に同乗して楽しむジギングゲームは、手軽にカツオやキメジを楽しめるのが魅力。パームス石井修二さんのカツオ用タックル&ヒットジグも紹介!
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読