MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつスッテ釣法で大型アカイカ狙え!【宇佐美南沖】

ひとつスッテ釣法で大型アカイカ狙え!【宇佐美南沖】

東伊豆宇佐美南沖に今期3度目となる大型のアカイカを狙ってひとつスッテ釣法で釣行。船は、度々お世話になっている宇佐美港「清貢丸」。当日のポイントの周辺海域は、黒潮本流の約28〜30度の海流が接近。いよいよ周辺海域も夏到来といったところだろうか。

「EZスリムメタル」有効カラー再確認と速潮攻略を実践だ!

速潮のなか、貴重な本命アカイカをキャッチしたのは、やはりひとつスッテ釣法。ケンサキイカには効果バツグンだ。

根掛かりに注意しながらボトムをトレースした。

デュエルのEZシリーズがフルに活躍するアカイカゲーム。

「EZスリムメタル」ルミナスブラックはコレだ。

水面でも激しく抵抗するムラサキイカ。ひとつスッテゲームの新たなターゲットだ。

デュエルのEZシリーズがフルに活躍するアカイカゲーム。

パワフルイカだ! ムラサキイカ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宇佐美港「清貢丸」。

アカイカは直近の釣果では上向き傾向だったが、この海流の接近の影響でポイントの潮流は時に3ノットを超える速潮。そのため釣果の日ムラが激しくなっていた。
加えて満月の大潮に向かっての潮回りで月夜も明るく船上の集魚ライトの効果も弱く条件的には厳しい!? 
ここでで紹介できないのが残念だが、プロトタイプのナマリスッテも準備しており、速い潮流時対応のヘビーウエイトとニューカラーのプロトを用意。
今回は、アカイカに効果的なタックルのセット法、実釣時のアクションなどの確立がミッションである。
事前の海流予報通りポイントの潮流は3ノット。船は潮流に合わせ潮流しだ。しかし、潮流が速すぎて同船のサビキ仕掛けの人たちは、開始早々に船中あちこちでオマツリ。
私は、まず40gの「EZスリムメタル」でスタート。
仕掛けが潮下になびいてしまうため、ボトム着底のレンジまでラインを送れず様子見……。船がポイントをあっと言う間に通過してしまうため、船長は早々にポイントを移動させた。
今度は大丈夫なようだ。ポイントを長く流せるような位置に船を移動させた船長は、再び開始の合図を出した。
40gの「EZスリムメタル」でなんとかボトムがとれるようになった。が、いかんせんポイントを通過するスピードが早い。水深が一気に20m以上変わることもあり、アカイカに有効なボトム狙いでは、根掛かりが多く苦戦を強いられた。
「EZスリムメタル」のレンジをラインのマーキングを確認しつつ、ボトムから10m以内を誘うとアタリが連発。
アカイカは狙ったタナでのひとつスッテの操作が特に重要で、2〜3mずつ細かくレンジを刻み聞き上げ、ロッドを振り下げる動作での落とし込み、その後のステイが有効だということが判明している。
しかし、アタリは何度も連発するが、潮流が速いため、ラインスラックが大きく、竿先にぐいぐいと引き込むアタリもなかなかヒットに持ち込めない。
途中タナを取りなおし、ラインの糸フケ取りを繰り返し行うが、ヒットしても速潮の影響でアカイカもスッテを抱き切れない様子。
この日、数少ない本命のヒット時にもやはりアカイカの触腕のみがカンナに掛かってきた。
後半戦はムラサキイカもまじりだした。こちらはスルメイカのヒットパターンと似ていた。船上の集魚灯の真下またはタダ巻きで連発したのだ。
課題であったカラーセレクトであるが、シルエットがはっきりと出る「ルミナスブラック」、次いで「レッドグリーン」などのカラーへの反応がアカイカには一番効果的なようだった。
ポイントの水深はおよそ45〜75mほどだったが、透明度の高い海域でも50mを超えるレンジでは「ルミナスブラック」へのアタリが最多であった。
ナマリスッテの新サイズニューカラーのは、ここ最近の釣行をもとに試作。試してみると反応は上々。今後の新製品にもぜひご期待頂きたい。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読