MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつスッテ釣法で大型アカイカ狙え!【宇佐美南沖】

ひとつスッテ釣法で大型アカイカ狙え!【宇佐美南沖】

東伊豆宇佐美南沖に今期3度目となる大型のアカイカを狙ってひとつスッテ釣法で釣行。船は、度々お世話になっている宇佐美港「清貢丸」。当日のポイントの周辺海域は、黒潮本流の約28〜30度の海流が接近。いよいよ周辺海域も夏到来といったところだろうか。

「EZスリムメタル」有効カラー再確認と速潮攻略を実践だ!

速潮のなか、貴重な本命アカイカをキャッチしたのは、やはりひとつスッテ釣法。ケンサキイカには効果バツグンだ。

根掛かりに注意しながらボトムをトレースした。

デュエルのEZシリーズがフルに活躍するアカイカゲーム。

「EZスリムメタル」ルミナスブラックはコレだ。

水面でも激しく抵抗するムラサキイカ。ひとつスッテゲームの新たなターゲットだ。

デュエルのEZシリーズがフルに活躍するアカイカゲーム。

パワフルイカだ! ムラサキイカ。

今回、取材にご協力いただいたのは、宇佐美港「清貢丸」。

アカイカは直近の釣果では上向き傾向だったが、この海流の接近の影響でポイントの潮流は時に3ノットを超える速潮。そのため釣果の日ムラが激しくなっていた。
加えて満月の大潮に向かっての潮回りで月夜も明るく船上の集魚ライトの効果も弱く条件的には厳しい!? 
ここでで紹介できないのが残念だが、プロトタイプのナマリスッテも準備しており、速い潮流時対応のヘビーウエイトとニューカラーのプロトを用意。
今回は、アカイカに効果的なタックルのセット法、実釣時のアクションなどの確立がミッションである。
事前の海流予報通りポイントの潮流は3ノット。船は潮流に合わせ潮流しだ。しかし、潮流が速すぎて同船のサビキ仕掛けの人たちは、開始早々に船中あちこちでオマツリ。
私は、まず40gの「EZスリムメタル」でスタート。
仕掛けが潮下になびいてしまうため、ボトム着底のレンジまでラインを送れず様子見……。船がポイントをあっと言う間に通過してしまうため、船長は早々にポイントを移動させた。
今度は大丈夫なようだ。ポイントを長く流せるような位置に船を移動させた船長は、再び開始の合図を出した。
40gの「EZスリムメタル」でなんとかボトムがとれるようになった。が、いかんせんポイントを通過するスピードが早い。水深が一気に20m以上変わることもあり、アカイカに有効なボトム狙いでは、根掛かりが多く苦戦を強いられた。
「EZスリムメタル」のレンジをラインのマーキングを確認しつつ、ボトムから10m以内を誘うとアタリが連発。
アカイカは狙ったタナでのひとつスッテの操作が特に重要で、2〜3mずつ細かくレンジを刻み聞き上げ、ロッドを振り下げる動作での落とし込み、その後のステイが有効だということが判明している。
しかし、アタリは何度も連発するが、潮流が速いため、ラインスラックが大きく、竿先にぐいぐいと引き込むアタリもなかなかヒットに持ち込めない。
途中タナを取りなおし、ラインの糸フケ取りを繰り返し行うが、ヒットしても速潮の影響でアカイカもスッテを抱き切れない様子。
この日、数少ない本命のヒット時にもやはりアカイカの触腕のみがカンナに掛かってきた。
後半戦はムラサキイカもまじりだした。こちらはスルメイカのヒットパターンと似ていた。船上の集魚灯の真下またはタダ巻きで連発したのだ。
課題であったカラーセレクトであるが、シルエットがはっきりと出る「ルミナスブラック」、次いで「レッドグリーン」などのカラーへの反応がアカイカには一番効果的なようだった。
ポイントの水深はおよそ45〜75mほどだったが、透明度の高い海域でも50mを超えるレンジでは「ルミナスブラック」へのアタリが最多であった。
ナマリスッテの新サイズニューカラーのは、ここ最近の釣行をもとに試作。試してみると反応は上々。今後の新製品にもぜひご期待頂きたい。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読