MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
洲崎沖、生きイワシの泳がせでヒラメ・ハタ【南房・洲崎沖】

洲崎沖、生きイワシの泳がせでヒラメ・ハタ【南房・洲崎沖】

南房の生きイワシエサの泳がせ釣りシーズンが開幕した。いまごろ!? と、思う人もいるだろうが、今なのだ!

洲崎沖では良型のマハタもターゲット。5㎏、6㎏という大型も実績ある

本命である3.4㎏のマハタを見事キャッチした松永直己。5㎏オーバーも狙えるという。

来ましたよ〜! 朝いちから絶好調!!

貴重な魚になりつつあるマハタ。洲崎沖にはまだまだこの魚が数多くいると言われている。

船下からドンっと浮いた魚体を確認してほっと一安心。

洲崎沖のヒラメシーズンはこれからだ。2月中は大型が釣れる。

ダイワの小型電動リール「シーボーグ150J-L」。コンパクトボディーだが、クラス最強のパワーとスピードを誇る。

「シーボーグ150J-L」はヒラメ釣りには最適。パワフルなパワーで余裕ファイト可能だ。

ウイリーシャクリで水深100mの激うまカイワリゲット!!

カンコ。

キントキダイ。

オニカサゴ。

ワラサ。

贅沢魚がそろうヒラメ・ハタ五目釣り。

南房では水温の低下にともない、浅場にヒラメが集まり数釣れるのが2月から。この時期はもうひとつ、イワシの回遊も重なっている。このベイトたるイワシを追った大型ヒラメも釣れるのだ。
外房や茨城に比べるとヒラメ釣りはかなわないかも知れないが、洲崎沖では良型のマハタもターゲット。5㎏、6㎏という大型も実績ある。
南房はこれからがハイシーズン。深場でマハタ、浅場で良型ヒラメがターゲット。ぜひ、冬の南房を楽しんでもらいたい。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読