MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

「サゴシは去年から青物やタチウオ釣りでまじっていたんですけど、サワラが出だしたのは年明けすぐですね。平均3㎏半が水面でボコボコ、なんて日もありましたけど…」とは、磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。

perm_media 《画像ギャラリー》激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】の画像をチェック! navigate_next

バタバタ釣れたと思ったら沈黙…。これを繰り返す、というのがサワラゲームだ

見事、9.7㎏のブリを仕留めたのは、常連の磯子区の矢崎輝男さん。

冬場の大人気ターゲットになったサワラ。

大型タンカーが行き来する東京湾。まさにここがポイントだ。

サワラは群れで回遊! 連続ヒットするぞ!!

無事にとりこまれた大物は青物!? ブリかヒラマサか??

イワシベイトは確変始動! マダイもジグにヒットするぞ!!

120gのサワラ狙いのメタルジグにバイトしたブリ。

サワラ狙いでは、フックセッティングが重要。フロントフックのほか、テールにはトレブルフックを付けよう。バラシ率が激減する。

このブリのベイトはアオアジとサバ。

今期はマダイのヒットが多いという。ほとんどの場合、イワシベイト狙い中にフォールでバイトするという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

東京湾のサワラゲーム開幕! といいたいところだが、そうは言い切れないなのが博打魚たる所以。
バタバタ釣れたと思ったら沈黙。これを繰り返す、というのがサワラゲームだ。
しかし、いい日並みに当たれば、激うまサワラを何本もお持ち帰りできる。食べたい! という気持ちを膨らませて船上の人となるケースが多い、というのがこの釣りの最大の特徴でもある。
1月中旬現在は、それまで釣れていたイナダ、ワラサも下降気味。いよいよ本格的なサワラの回遊が始まる、はずだ。
取材時は残念ながらサゴシサイズのみに終わったが、例年、本番は2月に入ってから。
ジギングゲームだけでなく、キャスティングゲームが開幕してはじめて本格シーズン、と言えよう。
ルアーマンだけが味わえる釣りたてのサワラ。厳寒期はこの激うま魚のハンティングに燃えてはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
最新記事
黄金色に輝く魚体がトレードマーク!食べれば超絶品!東京湾のブランドアジが、型揃いで絶好調!LTで思う存分釣って、新年のスタートダッシュを決めよう!!
ヘッドに高比重タングステン採用のテンヤ「桜幻 鯛テンヤTG」
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル