MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

「サゴシは去年から青物やタチウオ釣りでまじっていたんですけど、サワラが出だしたのは年明けすぐですね。平均3㎏半が水面でボコボコ、なんて日もありましたけど…」とは、磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。

バタバタ釣れたと思ったら沈黙…。これを繰り返す、というのがサワラゲームだ

見事、9.7㎏のブリを仕留めたのは、常連の磯子区の矢崎輝男さん。

冬場の大人気ターゲットになったサワラ。

大型タンカーが行き来する東京湾。まさにここがポイントだ。

サワラは群れで回遊! 連続ヒットするぞ!!

無事にとりこまれた大物は青物!? ブリかヒラマサか??

イワシベイトは確変始動! マダイもジグにヒットするぞ!!

120gのサワラ狙いのメタルジグにバイトしたブリ。

サワラ狙いでは、フックセッティングが重要。フロントフックのほか、テールにはトレブルフックを付けよう。バラシ率が激減する。

このブリのベイトはアオアジとサバ。

今期はマダイのヒットが多いという。ほとんどの場合、イワシベイト狙い中にフォールでバイトするという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

東京湾のサワラゲーム開幕! といいたいところだが、そうは言い切れないなのが博打魚たる所以。
バタバタ釣れたと思ったら沈黙。これを繰り返す、というのがサワラゲームだ。
しかし、いい日並みに当たれば、激うまサワラを何本もお持ち帰りできる。食べたい! という気持ちを膨らませて船上の人となるケースが多い、というのがこの釣りの最大の特徴でもある。
1月中旬現在は、それまで釣れていたイナダ、ワラサも下降気味。いよいよ本格的なサワラの回遊が始まる、はずだ。
取材時は残念ながらサゴシサイズのみに終わったが、例年、本番は2月に入ってから。
ジギングゲームだけでなく、キャスティングゲームが開幕してはじめて本格シーズン、と言えよう。
ルアーマンだけが味わえる釣りたてのサワラ。厳寒期はこの激うま魚のハンティングに燃えてはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読