MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシの回遊で大型来襲! 御宿沖のヒラメは今が面白い【御宿沖】

イワシの回遊で大型来襲! 御宿沖のヒラメは今が面白い【御宿沖】

シーズンのヒラメはエリアを問わず絶好調が続いている。各地で史上最高釣果が記録され、読者の方々からも「最高の釣りをした」という声がたくさん寄せられている。そんなヒラメエリアの中でも穴場的存在と言えるのが御宿沖だ。イワシが回遊してきて、良型のラッシュに沸いている。その様子を御宿岩和田港「広丸」で確かめてきた。

perm_media 《画像ギャラリー》イワシの回遊で大型来襲! 御宿沖のヒラメは今が面白い【御宿沖】の画像をチェック! navigate_next

出れば、大体5㎏級は上がっている。一番いい日は8人で78枚というときも!

まだまだ厳しい寒さが続くけど、朝日を眺めると元気になるぞ。

今シーズンでもっとも食いが悪い日並みになってしまったが、諦めずにやって最後の最後に当日最大をゲットした藤井洋子さん。

ポイントは岩船沖5〜10mの超浅場がメイン。

長野正嗣さんは2投で2枚ゲット。このままショータイムの始まりか、と誰もが期待するが、どういうわけか、このあとふるわなかった。

多くの場所は水深5m前後。起伏の激しい岩場が多く、イワシの反応があると食いが一気に上がる。

大型ヒラメか? と思わせる引きで上がってきたのはスズキだった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

今シーズンのヒラメは各地で絶好調の釣果が続いているが、ここ外房・御宿〜岩船沖はこの時期の要注目ポイントだ。
「イワシの回遊」
この時期になるとよく耳にするが、これが良型ヒラメのキーワードとなる。「今シーズンは、イワシの回遊が早いよね。だからずっといいサイズが釣れていますよ」
こう話すのは、御宿岩和田港「広丸」の青柳邦廣船長。
この時期、沖からイワシの群れが岸寄りに入ってくる。これを追って大型ヒラメも大挙してやってくる。これを待ちかまえる、というのがこの時期の釣りで、とにかくサイズが良いのが特徴だ。
「出れば、だいたい5㎏級は上がっていますよ。一番いい日は8人で78枚というときもありました」
サイズは小型はほとんどまじらず、小さくてもキロオーバーというから、 〝小型の数釣り〟に飽きた人も満足できるだろう。
取材日は潮具合が悪く、イワシの反応も少なかったことから、シーズンで最低とも言える釣果となってしまったが、その後は復調。
「岩船沖は浅いけど大型が食います。水深5mのところでは大型が一発できますよ」
大型狙いならココだ!

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
アカカマはススズキ目カマス科カマス属。北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル