MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシの回遊で大型来襲! 御宿沖のヒラメは今が面白い【御宿沖】

イワシの回遊で大型来襲! 御宿沖のヒラメは今が面白い【御宿沖】

シーズンのヒラメはエリアを問わず絶好調が続いている。各地で史上最高釣果が記録され、読者の方々からも「最高の釣りをした」という声がたくさん寄せられている。そんなヒラメエリアの中でも穴場的存在と言えるのが御宿沖だ。イワシが回遊してきて、良型のラッシュに沸いている。その様子を御宿岩和田港「広丸」で確かめてきた。

perm_media 《画像ギャラリー》イワシの回遊で大型来襲! 御宿沖のヒラメは今が面白い【御宿沖】の画像をチェック! navigate_next

出れば、大体5㎏級は上がっている。一番いい日は8人で78枚というときも!

まだまだ厳しい寒さが続くけど、朝日を眺めると元気になるぞ。

今シーズンでもっとも食いが悪い日並みになってしまったが、諦めずにやって最後の最後に当日最大をゲットした藤井洋子さん。

ポイントは岩船沖5〜10mの超浅場がメイン。

長野正嗣さんは2投で2枚ゲット。このままショータイムの始まりか、と誰もが期待するが、どういうわけか、このあとふるわなかった。

多くの場所は水深5m前後。起伏の激しい岩場が多く、イワシの反応があると食いが一気に上がる。

大型ヒラメか? と思わせる引きで上がってきたのはスズキだった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

今シーズンのヒラメは各地で絶好調の釣果が続いているが、ここ外房・御宿〜岩船沖はこの時期の要注目ポイントだ。
「イワシの回遊」
この時期になるとよく耳にするが、これが良型ヒラメのキーワードとなる。「今シーズンは、イワシの回遊が早いよね。だからずっといいサイズが釣れていますよ」
こう話すのは、御宿岩和田港「広丸」の青柳邦廣船長。
この時期、沖からイワシの群れが岸寄りに入ってくる。これを追って大型ヒラメも大挙してやってくる。これを待ちかまえる、というのがこの時期の釣りで、とにかくサイズが良いのが特徴だ。
「出れば、だいたい5㎏級は上がっていますよ。一番いい日は8人で78枚というときもありました」
サイズは小型はほとんどまじらず、小さくてもキロオーバーというから、 〝小型の数釣り〟に飽きた人も満足できるだろう。
取材日は潮具合が悪く、イワシの反応も少なかったことから、シーズンで最低とも言える釣果となってしまったが、その後は復調。
「岩船沖は浅いけど大型が食います。水深5mのところでは大型が一発できますよ」
大型狙いならココだ!

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル