MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】

オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】

西高東低の冬型の気圧配置が続くこのごろだが、東伊豆では伊豆半島がその西風を遮り、ベタ凪ぎの海をつくりだしている。急深のため陸近くのポイントで中深場釣りが楽しめるのが東伊豆の特長だ。初島から伊東沖、熱川沖まで広範囲にわたって、オニカサゴが狙える。

perm_media 《画像ギャラリー》オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】の画像をチェック! navigate_next

潮の流れがよければ、良型ばかりでッ抜けすることも珍しくない

良型のオニカサゴがそろう東伊豆沖。冬場は、昼近くになって活性が高くなることが多いというので、最後まであきらめずに誘い続けるこちおが大切だぞ。

本誌でおなじみエイテックのフィールドテスター互 康行氏が使っているのは「デッキスティック170」。150号のオモリを背負い魚がヒットからの曲がりがコレ。操作性デザインともばっちりで中深場釣りには最適だ。

初島沖でヒットしたオニカサゴ。誘って掛けよう。

良型のオニカサゴは仲乗りの大胡さんがタモ入れしてくれるので安心。

デカオニの館は東伊豆沖にあり!!

凪ぎの冬の東伊豆沖は気持ちがいい。西風に強いのも魅力。水深200mくらいまで攻めるので、リールの糸巻き量をチェックしてから釣行しよう。

潮が流れて活性が高いときは、良型が多いが潮が流れないと小ぶりになることも。

カタクチイワシとサンマは船上で各自配られる特エサ。そのほかは持参しよう。

春の遠征イサキシーズン開始まで冬の定番メニューになっているのが東伊豆のオニカサゴ。
潮の流れがよければ、良型ばかりでッ抜けすることもめずらしくなく、東伊豆はちょっと穴場的なフィールドでもある。
起伏の激しいポイントも多いので根掛かりは覚悟。仕掛けを多めに持参して、冬の伊豆の風物詩、オニカサゴ釣りを満喫しよう。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
最新記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
餌木タコゲームをより深く、快適に楽しむための専用ロッド「ラグゼ オクトライズ フネタコ」極調子170/先調子178
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル