MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】

オニカサゴ釣りは、伊豆の冬の風物詩【東伊豆沖】

西高東低の冬型の気圧配置が続くこのごろだが、東伊豆では伊豆半島がその西風を遮り、ベタ凪ぎの海をつくりだしている。急深のため陸近くのポイントで中深場釣りが楽しめるのが東伊豆の特長だ。初島から伊東沖、熱川沖まで広範囲にわたって、オニカサゴが狙える。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

潮の流れがよければ、良型ばかりでッ抜けすることも珍しくない

良型のオニカサゴがそろう東伊豆沖。冬場は、昼近くになって活性が高くなることが多いというので、最後まであきらめずに誘い続けるこちおが大切だぞ。

本誌でおなじみエイテックのフィールドテスター互 康行氏が使っているのは「デッキスティック170」。150号のオモリを背負い魚がヒットからの曲がりがコレ。操作性デザインともばっちりで中深場釣りには最適だ。

初島沖でヒットしたオニカサゴ。誘って掛けよう。

良型のオニカサゴは仲乗りの大胡さんがタモ入れしてくれるので安心。

デカオニの館は東伊豆沖にあり!!

凪ぎの冬の東伊豆沖は気持ちがいい。西風に強いのも魅力。水深200mくらいまで攻めるので、リールの糸巻き量をチェックしてから釣行しよう。

潮が流れて活性が高いときは、良型が多いが潮が流れないと小ぶりになることも。

カタクチイワシとサンマは船上で各自配られる特エサ。そのほかは持参しよう。

春の遠征イサキシーズン開始まで冬の定番メニューになっているのが東伊豆のオニカサゴ。
潮の流れがよければ、良型ばかりでッ抜けすることもめずらしくなく、東伊豆はちょっと穴場的なフィールドでもある。
起伏の激しいポイントも多いので根掛かりは覚悟。仕掛けを多めに持参して、冬の伊豆の風物詩、オニカサゴ釣りを満喫しよう。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル