MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣果に満足! 味にも満足! 好調! 御宿沖の寒イサキ【御宿沖】

釣果に満足! 味にも満足! 好調! 御宿沖の寒イサキ【御宿沖】

この季節になると「寒」の文字がつく魚を目にすることが多い。寒ブリ、寒ビラメ、寒ダラ等が有名だが、毎年楽しみなのが外房の寒イサキ。今シーズンも連日のように好釣果が記録されている。まさに釣ってよし、食べてよしのオススメターゲットだ。

perm_media 《画像ギャラリー》釣果に満足! 味にも満足! 好調! 御宿沖の寒イサキ【御宿沖】の画像をチェック! navigate_next

開始早々トリプルスタートで始まり、その後もアタリが多く必ずどこかで竿が曲がる状況が続いていた

好調さの証し、トリプルヒットがたびたびあった。

ポイントは御宿沖。タナは20〜25mほど。食いが上向くとタナも上がっていく。しっかり上のタナで食わせよう。

朝から食いが続いた。

最近は小型電動を使う人も多い。

時に嫌われるウマヅラだが、今の時期は最高においしいという。ぜひ持ち帰って召し上がれ。

ビシはFL60号を使用。付けエサはイカタンやバイオベイトなど。

朝イチからトリプル連発。朝方は特に集中して数を伸ばしたい。

最近はエサいらずのカラーバリが主流。

どや、この釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「義丸」。

御宿岩和田の寒イサキが今シーズンも絶好調だ。11月からスタートしているが、年が明けて寒さが増すいまも、連日好釣果を出している。今回お世話になった「義丸」では丸々太った激ウマ寒イサキが規制の50匹に達する日や、平均でも30匹と期待度満点の釣果情報がホームページ上を賑合わせている。
取材当日の1月13日も、開始早々トリプルスタートで始まり、その後もアタリが多く必ずどこかで竿が曲がる状況が続いていた。
この釣りのポイントは「コマセをまき過ぎないこととタナ取りだね」と木原義一船長。ついつい自分だけアタリがないとムキになってコマセをまきすぎてしまうが、これでは悪循環。パラパラコマセをまくイメージが効率よくイサキを手にする秘訣だと言う。
船はポイントを流していき、指示ダナで面白いくらいアタリが訪れる。イサキ以外のうれしいゲストも数多く、マダイ、メジナ、タカベ、ウマヅラハギなど五目釣りも楽しめる。中でもユニークな姿のウマヅラハギは特に美味しく、船長のおすすめは「薄造り湯引き肝和え」。脂ノリノリのイサキの刺身とウマヅラハギのコラボは花丸の喜びだ。
これからが本番の激ウマの寒イサキ釣り、是非一度楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル