MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾ヤリ+マル+スルメ三種でイカを楽しもう【相模湾・三戸浜沖】

相模湾ヤリ+マル+スルメ三種でイカを楽しもう【相模湾・三戸浜沖】

年明けから好調の兆しが見えているのが相模湾三戸浜沖のヤリイカ。大小まじりでトップ40杯オーバーの数が出ていたのが前週のこと。さらにマルイカ、スルメイカもまじって、イカ三昧が楽しめるのはこの時期ならではだ。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾ヤリ+マル+スルメ三種でイカを楽しもう【相模湾・三戸浜沖】の画像をチェック! navigate_next

スルメイカの肝とマルイカの身で作る塩辛はこの時期ならではの逸品です

マルイカ!

ヤリイカ!

スルメイカ!

スルメはキモがパンパンなので塩辛も最高。

スルメが出る時間はスルメメインにねらうのも良い。

今後、マルイカ狙いの船が集結しそうだ。

三戸浜沖は城ヶ島の西側のポイントだ。

プラヅノ11cmメインの仕掛けで様子を見るのがベター。

冬場限定で三種のイカが釣れる魅力的な釣り場、それが三戸浜沖だ。水深は100〜150mで、冬の北風に強いこと、潮も比較的緩くて釣りやすいことが三戸浜沖の特徴だ。
3種のイカがターゲットなので仕掛けに迷うところだが、基本は11㎝のプラヅノでOK。これにマルイカ用の7㎝スッテをまぜれば、どのイカにも対応できる。小峰徹船長は、釣り方やタナ取りのアドバイスをマメにアナウンスしてくれるので、初めての人でも安心だ。
取材日は150mの深場でスルメ&大型ヤリイカ、100mの浅場でマルイカ&小型ヤリイカの釣りとなった。数こそトップで13杯だったが、三種のイカがそろえば料理のバリエーションもぐっと増えるのがうれしいところ。特にスルメイカの肝とマルイカの身で作る塩辛はこの時期ならではの逸品と言える。
取材翌日はマルイカの乗りが上向きトップで36杯。マルイカはこれから100m以浅の水深に入ってくる。本号発売の頃はマルイカ中心の釣りになる時期だが、ヤリイカもこれから春先にかけて浅場に新群れが入ってくるので、プラヅノ仕掛け、浮きスッテ仕掛けの両方を用意しておけば万全だ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル