MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
まだまだイケる! 良型ズッシリ! 東京湾のスッテスミイカ【東京湾】

まだまだイケる! 良型ズッシリ! 東京湾のスッテスミイカ【東京湾】

今季も東京湾のスミイカは健在! ひと昔前はトップツ抜けなら好調、へたをするとボウズ覚悟だったこの釣りも、ここ数年トップ20杯超え、慣れない人でも船長の教えさえ守ればボウズはまずない、好釣果が続いている。

perm_media 《画像ギャラリー》まだまだイケる! 良型ズッシリ! 東京湾のスッテスミイカ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

スミイカ釣りは入門しやすさで言えば、スッテ釣りが一番

初めてやっても、ある程度期待でき、ハマれば奥も深いのが、このスッテスミイカだ。

今の時期のスミイカは、大型のズッシリとした乗り味が楽しい!!

400〜500gが平均サイズ。それに600〜700gがまじる。

ポイントは幅広く探る。水深は40〜50mほど。

このサイズなら数杯あれば十分満足できる。

水深が深い分、やりとりもドキドキしながら楽しめる。

胴付きスタイルのシンプルな仕掛けだ。これが、釣り方も釣り方も簡単でよく乗るのだ。

超定番、絶対に外せないのがオレンジだ。

スミイカ釣りはシャコエサのテンヤ釣りや餌木シャクリ釣りなどがあるが、入門しやすさで言えば、スッテ釣りが一番。「シャクリ時以外はオモリを絶対に底から動かさない」のがコツと常連さんは言う。これを守って、あとは5〜10秒に一回乗りを確認するようにシャクるだけ。もちろん細かいテクニックはあって常連さんは誘いを入れて次々に乗せて行くが、それも「オモリトントンは絶対ダメ、道糸の張り過ぎも潮の速い日はオモリが底を引きずるから注意」と、オモリを底から動かさないのが基本だ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル