MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いま釣りどき! いま一番うまい季節! 沼津沖の夜タチウオ【沼津沖】

いま釣りどき! いま一番うまい季節! 沼津沖の夜タチウオ【沼津沖】

沼津沖のタチウオが最も旨い時期を迎えた。脂が乗ったその魚体は釣り上げて触ってみただけでもすぐにわかるほど。お刺身もさることながら、定番の塩焼きには舌鼓を打つこと間違いなしだ。

perm_media 《画像ギャラリー》いま釣りどき! いま一番うまい季節! 沼津沖の夜タチウオ【沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

トップが60本に届いた日はタチウオが入れ食いになり、使い放題の付けエサがなくなり、泣く泣く早揚がりした日もあった!

ポイントは「こんなに岸から近いの?」というような近場だ。

船長おすすめのエサ付け。付けエサはサンマの切り身。

船長は手返し重視で1本バリをすすめる。

取材日は指3本クラスメイン。釣り応え、食べ応え十分のサイズだ。

アタリ多く、引き味を楽しめる。

漁り火がゆらゆらと揺れる。

手返しよく釣り上げていこう。

このサイズなら満足。

良型も目立った。

船中のみなさんはエサ、ルアーで次々とあげていった。

釣果上々!

沼津沖のタチウオは夜釣りで狙う。タチウオは夜になるとエサを求めて浅場へと群れで移動してくる。この群れを待ち構えて釣るので、浅場で手返しよく釣れるため、好釣果が得られるのだ。常連客が一本バリ仕掛けを推奨しているのは、この手返しを重視しているからだ。
今年は小型が多いと綾部船長は嘆いたが、取材日に釣れたタチウオはほとんどが指3本サイズ以上と文句なし。指5本サイズも釣り上げられた。
今シーズンのトップが60本に届いた日は、タチウオが入れ食いになり、使いたい放題の付けエサがなくなり、泣く泣く早揚がりした日もあったというからタチウオファンにとっては羨ましい限りだ。
例年通りであれば、沼津の夜タチウオは二月が総決算。シーズンで最も旨い時期を迎えたタチウオを、今釣りに行かなければ、また一年も待つことになってしまう。タチウオシーズンのラストを飾るには、沼津の夜タチウオがオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル