MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ラッシュ! シイラ、いよいよトップシーズン!!【相模湾】

大型ラッシュ! シイラ、いよいよトップシーズン!!【相模湾】

メーター20オーバーの大型ラッシュ! 相模湾のシイラがえらいことになっているぞ。ビッグサイズを釣り上げる快感を味わいに行ってきた。いやぁ、堪能しました。

大型シイラが背鰭を出して何十メートルも離れた場所から、ルアー目掛けてもの凄い勢いですっ飛んで行くシーンは興奮モノ

メーター20クラスのデコッパチ! 7月下旬になり、このサイズが相模湾に入ってきた!

サメ付きナブラがあり「キハダチャンスか!?」と思われたが、シイラしかいなかった…。だが、一発で食わせるテクニックは見事。

船縁まで追尾し、真下で食った!

水温が高くシイラは元気一杯! ボンボン跳ねる!!

大型シイラに絶大な効果を発揮する「ボラドール」で!

この日は「ボラドール」や「アトゥーラ」、「マヒジャーク」などのシンキング系が強かった。今後は「マヒボックス」や「マヒペン」などトップもおもしろい(ルアーはすべてマングローブスタジオ)。

ロッドはブラックヘラクレスBKH-662S」と「663S」(マングローブスタジオ)。リールはステラ(シマノ)の5000~6000クラス。ラインはPE1.5~2号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井荒崎港「丸伊丸」。

今期は例年になく早いスタートを切った相模湾のシイラが、7月下旬になって黒潮の分流が流れ込み、新しい大型の群れが入ってさらにヒートアップ! 写真のような、ヒットすればなんと9割がメーター20前後というビッグサイズのオンパレードとなっている。
そんな大型シイラが、背鰭を出して何十メートルも離れた場所からルアー目掛けてもの凄い勢いですっ飛んで行くシーンは興奮モノ。大きな水飛沫を上げてルアーにバイトすると、ガンガン頭を振って抵抗し、そしてド派手なジャンプの連続! そうかと思えば、今度は一気に数十メートルも潜って水圧を味方につけ、トルクのある引きで抵抗して持久戦となる。
「つい数日前までは魚はパヤオやブイにしか着いていなくて、かなり難しくてそれはそれで面白かったのですが、ようやく黒潮系の28度台の潮と一緒に大きな群れが入ってきたようですね。本来のシイラ釣りらしくなってきましたよ」とは、長井荒崎港「丸伊丸」の鈴木孝幸船長。
キハダに湧く相模湾だが、シイラには繊細でテクニカルなゲームとしての面白さがある。メーター50オーバーも目撃されているので、タックルやラインシステムは万全の態勢で臨みたい。もちろん、キハダの用意もお忘れなく!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読