MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ラッシュ! シイラ、いよいよトップシーズン!!【相模湾】

大型ラッシュ! シイラ、いよいよトップシーズン!!【相模湾】

メーター20オーバーの大型ラッシュ! 相模湾のシイラがえらいことになっているぞ。ビッグサイズを釣り上げる快感を味わいに行ってきた。いやぁ、堪能しました。

大型シイラが背鰭を出して何十メートルも離れた場所から、ルアー目掛けてもの凄い勢いですっ飛んで行くシーンは興奮モノ

メーター20クラスのデコッパチ! 7月下旬になり、このサイズが相模湾に入ってきた!

サメ付きナブラがあり「キハダチャンスか!?」と思われたが、シイラしかいなかった…。だが、一発で食わせるテクニックは見事。

船縁まで追尾し、真下で食った!

水温が高くシイラは元気一杯! ボンボン跳ねる!!

大型シイラに絶大な効果を発揮する「ボラドール」で!

この日は「ボラドール」や「アトゥーラ」、「マヒジャーク」などのシンキング系が強かった。今後は「マヒボックス」や「マヒペン」などトップもおもしろい(ルアーはすべてマングローブスタジオ)。

ロッドはブラックヘラクレスBKH-662S」と「663S」(マングローブスタジオ)。リールはステラ(シマノ)の5000~6000クラス。ラインはPE1.5~2号。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井荒崎港「丸伊丸」。

今期は例年になく早いスタートを切った相模湾のシイラが、7月下旬になって黒潮の分流が流れ込み、新しい大型の群れが入ってさらにヒートアップ! 写真のような、ヒットすればなんと9割がメーター20前後というビッグサイズのオンパレードとなっている。
そんな大型シイラが、背鰭を出して何十メートルも離れた場所からルアー目掛けてもの凄い勢いですっ飛んで行くシーンは興奮モノ。大きな水飛沫を上げてルアーにバイトすると、ガンガン頭を振って抵抗し、そしてド派手なジャンプの連続! そうかと思えば、今度は一気に数十メートルも潜って水圧を味方につけ、トルクのある引きで抵抗して持久戦となる。
「つい数日前までは魚はパヤオやブイにしか着いていなくて、かなり難しくてそれはそれで面白かったのですが、ようやく黒潮系の28度台の潮と一緒に大きな群れが入ってきたようですね。本来のシイラ釣りらしくなってきましたよ」とは、長井荒崎港「丸伊丸」の鈴木孝幸船長。
キハダに湧く相模湾だが、シイラには繊細でテクニカルなゲームとしての面白さがある。メーター50オーバーも目撃されているので、タックルやラインシステムは万全の態勢で臨みたい。もちろん、キハダの用意もお忘れなく!

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読