MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のコマセマダイ、好釣果の継続に期待【相模湾・葉山沖】

相模湾のコマセマダイ、好釣果の継続に期待【相模湾・葉山沖】

相模湾のコマセマダイといえば、かつては春はあまり釣れない時期とされていた。ところが、近年、その季節的なパターンは崩れてきている。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のコマセマダイ、好釣果の継続に期待【相模湾・葉山沖】の画像をチェック! navigate_next

釣れるサイズはキロ前後までの中小型が多いが、ドカンと2〜3㎏またはそれ以上のサイズが掛かることもある

美味そうだ、タマランぜ!

探見丸」に映し出される反応を見ながら、落とし込む永井名人。シマノ「フォースマスター1000MK HD」のハンドルを逆転させ、ドラグをゆるめて落とし込む。

永井名人はタナに迷い苦戦気味だったが、見事本命を手にした!

この時期の釣り場は葉山沖周辺。西には江の島が見え、ロケーションは抜群。

丸々と太った良型マダイ。

この時期は掛かりが浅く、ハリ外れのバラしが多いという。取り込みはタモでおこなうのが無難。

凪の日には、春を感じながらノンビリと楽しめる相模湾のコマセマダイ。

当日狙ったポイントの水深は50m台から90m台と幅広かった。

コマセはアミ。プラビシがおすすめ!

オキアミの付け方にも工夫しよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山芝崎「福栄丸」。

「数年前までは、春はマダイが釣れない時期とされていました。早い年では1月末ごろから水温が下がって、濁り潮が入ると、ダメになっちゃいましたね。ところが、ここ何年かでそれが変わってきています。水温が下がり切らずに好調に釣れる年があるんですよ。この春はどうなるかわかりませんが、今のところ(2月前半)好調に釣れています」とは葉山芝崎「福栄丸」の矢嶋雄三船長。
この時期の釣り場は、葉山沖周辺の水深50m台から90m台と広範囲。釣れるサイズはキロ前後までの中小型が多いが、ドカンと2〜3㎏またはそれ以上のサイズが掛かることもあるので油断は禁物。
この時期はハリ外れによるバラシが目立つというので、しっかりとアワセをいれることが大事だ!

以上の記事は「つり丸」2013年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル